辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2008-11

ふり返り…… - 2008.11.30 Sun

疲れた今月だった。


我々の世代の結婚式というのは、案内状も双方の親の連名にて届き、(特に我々の場合は)本人たちよりも親の付き合いを含めての披露だったものだ。
今はそういう時代は過ぎた様で、息子が結婚するからとて、母として特に何をしたという訳でもないのだが(練習以外は。それと出費を手伝ったのだったっけ  )……
日程もうまく組めた筈が、3日間で関西の中を三角形に移動し、それに向けて「風邪をこじらせない」ということを第1に考え、風邪薬にドリンク剤に、と使えるものは使って自重に自重をした筈も、過ぎてみると未だに疲れが日に日に重なっている。

早く回復して日常に戻さねば、と思うのだが…


感傷に浸る間すらない体調管理の日々だった





ところで、今日の惚け放題の話:

教会へ出掛けるのに、京都のお土産を忘れぬ様に入れた。聖書も持った。帰りに弱いコンタクトレンズの上から掛ける眼鏡を作ろう、とそのレンズも持った。
しっかりゆとりで間に合うように自転車で駅まで行きました。
鍵もかけ、バッグのどこに入れたか確認。OK!


座れたので、携帯に入っていたデジカメフォルダの中身を私のパソコン宛に添付送信。
乗り換えの下北沢のひとつ前で携帯をバッグに入れ、降りる準備を・・・ここから魔の空白・・・

車内アナウンスが;

次は駒場東大前、駒場東大前・・・

何だか分からないけれど、降りて向かいに立つ。
急行が通過して、各駅に乗り・・・
又、下北沢で降りそこなうところでした

慌てて飛び降り、小田急線ホームへ。
この時点で明らかにもう礼拝が始まる時刻。
でも、折良く各駅停車も来たし、降車駅ではエレベータの真ん前に止まった

改札階を押して、降りて、・・・・・・

気付いたら…

「新宿行き」ホームへのエスカレータに乗っていた!!

歩きながら・・・コンタクトレンズは持ったから、その上からかける眼鏡は作れるけれど、日頃の楽譜用の眼鏡をも作るのに0.6くらい見える眼鏡と0.1くらいの眼鏡を持参しようと思っていたのに(つまり、この2つの中間で視力検査をして貰うつもりで)、すっかり忘れてきたことに気付いた

2ヶ月分入れた献金袋も忘れていることに気付いた。わざわざ「忘れないように!」と、別な場所にマグネットで留めたのがいけなかった様です。


そうこうするうち、コートの中で何かうごめくものが・・・

チェーンのベルトで、蝶結びで締めるものを着用してきたのが・・・
その蝶結びがほどけかけていたのでした





牧師の説教の中で;
弟子達は「半分しかない」と無いことに目を向けている。
イエスは「半分もある」と有ることに目を向けている。

にっこり・・・

お土産持って来たじゃない!滞納中の献金忘れても…(「マルタよマルタよ」状態ですが
ベルトがほどけても、落ちる前に気付いたじゃない!
反対ホームに上がっても、帰らなかったじゃない!


結局、休息最優先にて眼鏡を作るのは延期とし、礼拝後は真っ直ぐ帰宅しました。


関連記事

動画が消えた!! - 2008.11.29 Sat

今までアップした動画が表示されなくなった。
「※動画が見つかりません」と表示されている。

FC2の動画、マイコンテンツは無事全部揃って入っており、そこでは見ることが出来るのだが……

それなら再度この書き込み欄の上にあるアイコンをクリックして…と試してみるが駄目
登録数がゼロになっている。
それで、そこに同じものをアップロードしてみたが駄目
その再度入れた同じものは、マイコンテンツに更に入っているのだ・・・


訳分からず今朝問い合わせを送ってみた。返事はまだ来ない・・・


****************************************

夜にメール頂き、調査中とのこと。
週明けには解決されるかもしれない、と期待を抱き、1日月曜朝はまだ駄目でしたが、午後1時半現在には復旧しつつある様です。(有難うございます)



関連記事

連休第3日目 - 2008.11.24 Mon

能勢へ。
墓参りを兼ね、教会にて皆さまにもご挨拶が出来ました。


偶々何かオルガニストを招いてのコンサートがある、と聞いていましたので、まずは教会に直行。
そのコンサートは10時から、と聞いていたのですが、ホテルで息子の荷物を宅配便に入れたり(本人は悪化した風邪を抱え、新婦の実家へ)、そこへ来てレンタカーのカーナビが甚だ古く、あるべき道が出ない!
予定は狂いましたが、少しでも出席出来て良かったです。
日本の歌の作詞家の話があり、出席者皆で歌ったり牧師のソロあり、充実していただけに最初から出席出来なかったことが残念でした。

ところでその中に、「赤とんぼ」がありました。
作詞の三木露風は12歳頃より俳句も始めていたそうです。
「赤とんぼ」の1~4番までの中に、その幼い頃の俳句が含まれている、とのこと。
「さて、どこにあるでしょう?」との問い。


・・・季語のあるところを必死で探しました。

答えは、4番の一番最後、「赤とんぼ 止まっているよ さおの先」とのこと。
新鮮な驚きでした。



教会のお墓にも寄りました。
24302149_3255633120.jpg

24302149_3355594599.jpg


昼食会もご一緒させて頂きご馳走になってしまいました。
それから本家の墓地にて墓参り。

(私のカメラはストロボ焚くと真っ暗。焚かないと凄まじい手ぶれにて不能)
24302149_1914998452.jpg
(披露宴の最後に、両親に、と頂いたお花を供えて報告。)



娘とフィアンセは摩耶山に行く、と本家の、妙見口まで送ってくださるとのお言葉に甘え、私らは京都をめざし。

連休の京都の人混みは銀座や渋谷の様に凄まじかった。
ほんの少々歩いた人混みから上を見上げ・・・

24302149_703911435.jpg


文の助茶屋にて一服し、車を返した後は駅構内や伊勢丹・・・これが又、凄まじい人で・・多分雨で、散策を止めた我々の様な人がどっと押し寄せたんでしょう

早く駅に着いたから、とて早い列車に変更など、とんでもありません!!!
24302149_1296132609.jpg


座るところもなく、階段に座っている人たちの真似をしようとしたところ、何と!トイレへの行列でした。
伊勢丹で、新幹線の中で食べるべく鰻丼を買い、乗って食べて、あとは爆睡あるのみ。あっと言う間に東京に着きました。


下は、摩耶山のロープウェイが強風で止まっていたので諦め、途中から撮った、と添付してきた娘からの写真。実際には宝石をちりばめた様だったそうです。
24302149_37317181.jpg



関連記事

連休第2日目 - 2008.11.23 Sun

無事に息子の結婚式及び披露宴も終わりました。

連休の真っ直中ですから色々なご予定もおありだったでしょう、体調が万全ではない方々、遠路はるばるいらして下さった方々、本当に有難うございました。
心からお礼を申し上げます。

今後は若い者達を含めまして、どうか宜しくご厚情のほど、お願い申し上げます。



ところで・・・以下は毎度の愚痴っぽい私ならではの内容に戻ります

昨晩は禁煙の客室。
シングルで街側。寝るだけですから十分。

24302149_2312566115.jpg


夫(喫煙者)が気の毒がり、ツインで瀬戸内海側の見晴らしの良い部屋と交代してくれたのですが…

24302149_154244287.jpg

窓を開けて空気を入れ換えても、部屋に染み着いたタバコ臭さは抜けない様です。
私の身体にもタバコの臭いが染み着きそうで気持ち悪いです。

景色と広さを考慮して煙草臭さと天秤にかけると…

狭くても街側でも、臭くない部屋が良い我が儘なわたくし。

何を贅沢な事を、と、お叱りを受けそうですが…
折角換わってくれても、喫煙者には非喫煙者が理解出来ないことでしょう。
結局風邪も悪化しつつあり、風景を見ることもなく薬飲んで寝ているだけですし…。
景色見たければ、その時だけ景色を見に遊びに行けば済む事。


下の写真は、14階(だったか?)の展望カフェからの眺望。

24302149_4080609771.jpg


親切心は有難く、でもそれだけで良かったのですわ~~~
荷物一式持って来て、はい、交代、と促されても…
うぅぅぅぅぅ………臭い(特に風邪ひきの身には辛い

喫煙者は一種の中毒状態ですから、仕方ないかも分かりません。
肺胞を面積にすると、大体の小学校のグラウンド位になる、と子供が小学校の頃一緒に学びました。そのグラウンドの広さが煙草に冒されていては、 いつ発癌しても不思議はない。そしてその広さに塗られた成分を吐き出されていたら、周囲の人間はたまったもんじゃぁありません。

マスクをして寝ることに致しましょう。

*****************************************

ここからは夜。

疲れた…
藁の様に疲れた…


でも、最近のホテルの企画の素晴らしさがよく分かる、親の私が羨ましくなるような式と宴でした。


24302149_224966195.jpg
(これは昼間の別な式。そうか…昼間だとこうなるのだ。間際になって予約出来たことが納得。寒い暗い外の時間帯ではこうならない・・・)

24302149_169078886.jpg


24383978_2536152583.jpg
(本家のお酒で鏡割り用です。豪華な演出も出来ましたし、桝酒での乾杯も出来ました)


載せたい写真が沢山あるのですが、本人が「ブログには載せるな」とのたまふ・・・
残念
でも、こっそり…本人と分からないものなら……

24302149_779582244.jpg

24302149_1960961171.jpg




しかし疲れた…
新郎の母としては、絶対に禁句である、と重々承知ながら。

疲れの原因は、風邪の他にも沢山あるのですが、大失敗のひとつは、コンタクトレンズを東京から間違って持参したこと
強、弱、遠、近、の四種類を持っており、コンタクトレンズ使用する時は左に遠用(まさに1.2見える)、右に近用(0.2)を組み合わせることでこなしているのが…強と弱を持って来てしまった!強は1.5、弱は0.7くらい(まだ老眼が進む前に作ったもの。左の1.5のお陰で、遠い新郎新婦の表情は実によく見え、それは嬉しかったのですが…)。当然カメラの液晶はおろか、楽譜も鍵盤も見えません。歌の間奏、大きく書いたにも拘わらず…
ソロは暗譜とは言え、離れた新郎新婦に向かって、(演出にて)愛嬌振りまいて弾いている時は良いのですが、一旦鍵盤を見るや……クラクラ
ユンケル二袋飲んだからとて見えるわけない。
諦めれば良いのですが、無駄に「集中しよう」という頭だけはあり、大変でした。若い頃に想像だにしなかった苦労、試行錯誤…
楽譜を見るものと、暗譜で弾くものが混ざっているプログラムをこの目でこなす事が今後の課題です。
今回のレンズの間違いは、3月から一切使っていなかった※レンズを殺菌する為に、数日前にケースを全部新しくし、分別の記入方法を変更したことが原因です。
(※シェーグレン症候群という涙液不足の為、滅多にコンタクトレンズは着用しません。どうしても鮮明に見たい、という折にだけ長くて2-3時間で、それも人工涙液と角膜保護剤を点眼しながら何とかしのぐ現状)


原因の二つ目は又しても靴!!ステージ用のキラキラ付きのサンダルなのですが、歩いているとスッポスッポ脱げる!
脱げない工面をしたらベルトが足に食い込み…裸足で歩きたい程痛かったです。ホテルの中然り、チャペルの往復然り、誘導係の後ろをひたすら追いかけて・・・一日三桁歩数しか歩かない日常の私は、その靴でホテルの中の頻繁な移動だけで、早く横になりたい……で過ぎました。
普段、マイク持ったら無限に喋りたくなる私が、娘任せとは信じられず。


原因の三つ目は手でしょうか…
バンテリンを塗りながらマッサージしたり拡張したり、あれこれピアノではないリハビリしてから漸くピアノに向かい、指練習してからなら何とかオクターブも弾ける・・・という状態だったので、無謀過ぎのアレンジだったかも分かりません。身から出た錆。
言い訳がましいのですが、じっと座っていると身体そのものも硬直してくるのですが、手の為にも、花嫁さんのお色直しの時にちょっと外に出て伸びをしようとしたら、「もう間もなくキャンドルサービスに入場されますので」とドアの前で止められてしまった・・・その後も、トイレを理由に出ようとしたら、タイミング悪く出られなかったのでした。(バンテリンも東京に忘れ・・・)


「忘れ」と言えば、東京から持って来たお土産も存在をすっからかんに忘れておりました。

出るは「疲れた…」
アルコールも、鏡割りの枡酒を一杯飲んだだけで我慢したというのに。



明日はめでたいことにレンタカー!!
夫が運転し、能勢まで墓参りです。
その前に教会で開催されるという、オルガンのチャペル・コンサートも楽しみです。






関連記事

連休第1日目 - 2008.11.22 Sat

京都での「いとこ会」、無事終了。
お世話下さいました幹事の皆さま、有難うございました。


「いとこ会」発足時は、父方従兄弟従姉妹中心でしたが、今やその子供や孫、曾孫の代も参加。徐々に代も広がりつつあります。



最寄り駅が土日祭日は快速が通過してしまう為、朝7時にタクシーを呼び次の停車駅へ。東京駅までは夫と娘の3人。新幹線改札で息子と連れ合いと、そしてホームで妹と落ち合った。
私にとっては連休に出掛けるなど、生まれて初めてのことかも分からない。夫はチケットを買うのに随分苦労した様だった。(夫の教え子さん、有難うございました)

ところで、今月初めに頂いていた開催要領一式を、今朝になり家族分の枚数コピーをしていたところ、「歓迎!かくし芸などの自発的芸術劇場」なんて書いてあることに漸く気付きました。
でもピアノはない、と、従姉の一人から昨日メールに書いてあったし…

新幹線に乗って閃いた!
ア カ ペ ラ ! !

五線紙はある!(息子の披露宴で弾く曲の中の和音のメモを書いただけで、4ページ殆んど空白の)

妹、夫、娘、私の四人で出来るのではないか??


思い付いたが運のつき。
「もみじ」普通バージョンとスウィングバージョンと。
風邪薬(昼間用の眠くならないもの)を寝る前に服用した為に寝不足。「寝るからね」と断言し、貰った筈の窓際の席は書き物机に。

24383978_3419530645.jpg

巻き添えにした3人さま、お疲れさまでした。
メロディーラインは第一番は妹用に、第二番は娘向け、つまりアカペラバンド風にリードさせるアレンジにしたのでした。…ぶっつけ本番、初見大会。
聴いておられる方は楽しかったと思うことにします

今回の座長のレクチャーも面白く興味深いものでしたし、その他にも数名のミニレクチャー付き。考えてみるにこの集団、学者と芸術関係の何と多いこと!!
かくし芸、他の方々の写真は支障があるかもしれませんので、我々のもののみ。(妹のカメラで従妹が撮ってくれたそうです)

24302149_1916033346.jpg

自分で書いた楽譜が読めず、老眼鏡かけても必死で読んでいるのが私です。実際には「遠中近用」という三段階のメガネにて、楽譜最下段を読む時には楽譜を上に、楽譜最上段を読む時には楽譜を下に、と移動しないと読めない不自由さで、こうなるのです。言い訳です。

24302149_414190999.jpg





紅葉が美しかったです。

24302149_1771963422.jpg

24302149_54883950.jpg


久々に会う親類一同と一緒にもう少しゆっくりしたかったけれど、疲労困憊…何しろ都区内の隣りの駅に出るだけでも帰宅後はうたた寝あるのみの最近の日常。
しかも、明日用に現地調達する物がまだ残っている。
息子カップルは明日に備え、先に神戸へ。こちらは3人に付き合わせて買い物を手伝って貰った。
娘は、翌日の息子たちの為に東京から駆け付けてくれるフィアンセと待ち合わせているので、それ迄夫が同伴。
よって妹と私は更に先に舞子へ移動し、駅のスーパーで夕飯を買い(何しろご馳走にてお腹は一杯のまま)ホテルに着きました。
いゃ~~~…、それにしても久々によく歩きました。

手の不自由さを口実に自転車に乗ら(れ)ない。歩きでは荷物は持てないということを更なる口実に、買い物は夫任せの数ヶ月であり(Y病院で悪化させてからの話)。
脚力の衰えもさることながら、スニーカーもしくはスリッパしか履かない生活となっている1年近くは、久々の普通の靴で足は疲れを通り越して痛み・・・


いやはや、ユンケル、ビタミン剤等、ドーピングで頑張っても駄目なものは駄目なことがよく分かりました。

関連記事

たかが・されど - 2008.11.21 Fri

とうとう風邪をひき、それでもやること満載の今週。
「○○○デイタイム」との眠くならない風邪薬でしのいでいたが、昨晩夜中に全く治らないどころか酷くなる一方…に気付き、「えい、眠くなったら寝よう!」とPLという、風邪用に常時頓服で処方されているものを服用。

私の平熱は(…えっと、書いたのは別サイト??)35℃前後で、どうかすると余りに低くてどの体温計でもエラー表示になるほど。これはステロイドの副作用で仕方ないのだけれど、不便極まりない。尤も体温より自覚症状の方が確かなので、どうでも良い、と割り切って滅多に測らない。
その後、起きていても寝汗の如く、又してもぐっしょり汗をかき、治ってきた様な気がします。
月曜迄維持してくれれば御の字!


娘の歌は「星に願いを」に決定したのですが、それまでどれだけ候補が挙がったか。
しかし、どれも披露宴に歌うには支障のある下肢、もとい、歌詞が含まれ……

折しも今日釈放された某プロデューサーの"Precious Memories"は、息子が高2の時、8年ぶりに触れるピアノで発表会にて弾き、基本的にソロながら最後の方でどんどん調が上がって行くところ(4分25秒辺り)からは完全に私との二台ピアノにしたのだった。
全部私がアレンジは仕切っているので、どうとでもなる  
まさにprecious memory!
娘も、この曲を歌うことも考えたそうだが、やはり歌詞が・・・

まぁ、無難な線、というか素晴らしい線に落ち着いたのではないか?

When You Wish Upon a Star
(星に願いを)

When a star is born,
They posses a gift or two,
One of them is this
They have power to make a wish come true.

WHEN YOU WISH UPON A STAR,
make no diff'rence who you are,
Anything your heart desires
will come to you.

If your heart is in your dream,
no request is too extreme,
WHEN YOU WISH UPON A STAR
as dreamers do.

Fate is kind,
She brings to those who love,
the sweet fulfillment of
their secret longing.

Like a bolt out of the blue,
Fate steps in and sees you through(thru),
WHEN YOU WISH UPON A STAR
Your dream comes true.



因みに、下のは前述の通り、息子が8年ぶりにピアノに触れた時のものです。
As-dur, A-durに転調されて行くところが完全に2台4手。基本的にはソロだったのですが練習が間に合わなくなり…結果、懐かしく思い出せます。
(画像が無いので、相変わらず私のパソコンの5秒毎に変わるトップ画面をオンボロレジカメで…

「星に願いを」はいずれ又・・・




関連記事

疲労を得に通院?? - 2008.11.17 Mon

週末は体調を崩し、夜中に吐き気、朝起きても寝汗状態が続き・・・
熱を測っても平熱が35℃前後の為に参考にならない。(←ステロイドの副作用以来そのまま)

折角病院に出向いたのに、(消化器内科、膠原病内科、皮膚科)その話をするのも忘れてしまった。

腸も全くきれいで異常なし。
胃のピロリ菌も、潰瘍があれば問題視するが、無いので様子見ということだそうだ。
吐き気の話をしようと思っていたのに、すっかり忘れてしまった。メモをしたことしか思い出さない情けなさ。


手に関しては、膠原病内科の先生は、以前OTにて勧められた先生(元この病院の整形外科医、現在方南町で開業されておられる)に診て貰ったことがある、とのことで、近いうちに一度受診を、ということになった。そして、その時にはY病院でのレントゲンの話を必ずする様に、と念を押された。又同じ検査になってしまうかも分からないから、と。(実に穏やかな表現の先生で救われます。)

薬の引き出しが余りに膨れ上がり(外用を含めたら30種類以上かもしれない)、今回は錠数をメモして行き、当分不要なものは(個人負担額ゼロとは言え)処方を停止して頂いた。


皮膚科では、湿布による副作用の湿疹……どうも痛むところに出る気がするので質問したが、無関係とのこと。現在は、そのY病院のレントゲンで青あざになってしまった箇所に出ているもので、つい「効くところに副作用も出るのでは?」と思ってしまう素人・・・
そのY病院の話も出て、「それで、そのことは話してきたのですか?」と言われたけれど、出向く気力も(待ち)時間も無く、出向いたからとて良くなる訳でもない。
何よりも、あの病院は母が倒れた、と飛んで行ったところ、もう目を開くことがなかった淋しい経験があるだけに、…勿論その前からの不調の所為であるとは言っても、思い出したくない光景もあるのだ。


会計1時間以上待ち、薬局でも又待ち、何と長い一日となったことか・・・
文句は言うべきではない、有難いことではないか!しっかり体調を管理して頂けて…と承知ながら、甚だ疲れたものは疲れた  




関連記事

親馬鹿 - 2008.11.14 Fri

息子の為に、披露宴で演奏もし、娘も歌を兄貴の為に歌う。

どの歌にしようか?と日も無いので、今までライヴで経験済みのものから選ぶことに。
でも、「これぞ」と思うと、必ず歌詞に問題が…それも終わりの方で出てきたりして、なかなか決まらず。

下のものは、本来の歌い手さまが一句ずつ区切って歌われるので「どこにいるのか 今ではわからない 友達も」と聞こえるけれど、本当に歌詞を詩と捉えたなら「どこに居るのか分からない友達も幾人かいるけど」であり・・・
(尤も、この映画を知らない私には何も言えず…)

ともあれ ボツ・・・

動画は私のデスクトップの目下の設定(5秒ごとに写真が変わる)ですので、歌の内容と全く関係なくすみません。

ヴォーカルは娘の摩耶です。伴奏は私がキーボードで弾いています。









関連記事

手の更の更にその後 - 2008.11.11 Tue

11月4日の日記に書いた様に……


余計な力を一切抜き、まずはPischna第1~9番をざっと二種類の方法(タッチ)で指練習。これを4-5分。
次にHanonのいずれかを、気の向いた和声的短音階でほんの1オクターヴのみ、あれこれリズム練習。これも4-5分のみ。
そうして、ショパンのエチュードOp.10/1と8を、第1指の弛緩のみ意識してリズム練習。
出来れば通奏。
これらで合計2-30分。(これ以上は少々危険)

その後、息子が披露宴でリクエストしている「威風堂々」、オクターブの和音満載にて編曲したのだが、その練習。
必要あらば、手首を緩める為の連打の練習なども入れて。


出来るだけモーラスも貼り、湿疹が生じた折にはアンテベート。
就寝時のみ装具を着けて固定。

23日の披露宴には間に合いそうです。
「愛の夢」からほんの12小節 ー 「結婚行進曲」(メンデルスゾーン) ー 「威風堂々」の後半(つまり再現部から終わりまで)。
特にピアノを弾いたから、という痛みは無いようです。


自分の声の録音、とは言え、生徒から譲り受けたMDにたまたま入っていたからであります。


全てに時あり。感謝。


関連記事

くだらないくだる話 - 2008.11.05 Wed

大腸ファイバーの検査ですが・・・

曖昧模糊とした文章@予め貰ってあったプリントの表。
何度読んでもよく分からないままになったのが以下(全て表の枠内に書かれてある);

検査前日
午後8時迄  ・夕食は消化の良いものを食べてください。
        ☆次の食品は避けてください。
         海草類、きのこ類、豆、ごぼう、ゴマ、種のある果物、繊維物
       ・日常便秘薬を服用している方は通常通りお飲みになって下さい。
       ・水分はとってもかまいません。

検査前日の8時迄、という四角の中にこれらが纏めて書かれてあって・・・
一瞬、「水分はとってかまわない」ということは「とらない方がよいのだろうか?・・・脱水状態にならないかね??」と思ってしまった。

もう一点:
貰った便秘薬は2種類あって、片方は問題ないのですが、もう片方は昨日の夕方に飲む様に書いてあるのだけれど、「自宅で服用する場合は、副作用があらわれた時に対応が困難になることがありますので、一人での服用は避けてください」・・・
じゃ、どうしろ、と???
結局こっちは飲みませんでした。
どうせ到着したら2Lの下剤が待っているのだから、と。

そうそう、前回は2Lで出なくて、1L追加して・・・もう、うんざりでした!!
受ける度に何か方法が変わっている様です。

その前迄は、前日に何か繊維の無い特別食みたいなのを食べ、しっかり下剤を飲んで・・・だったのが、前回の前日は普通食で、当日は朝抜きで出向いていきなり2リットルの下剤!!しかも9時半から飲み始め、午後3時になってもウンともスンとも・・・先生方5時まで待って下さり・・・という経緯があったもので、今回はその2種類の下剤を前日に、という事になったのであります。
「自宅で服用する場合は、副作用があらわれた時に対応が困難になることがありますので、一人での服用は避けてください」などというモノ、とてもとても怖くて使えませんでした。
結局もうひとつのラキソベロンという名前の下剤だけで上手く行った、といえば行ったのですが・・・
毎回モルモット???・・・と思う。

検査そのものは、画像見ながら説明して頂け、例えば、小腸と大腸の口の違いなども見せて頂けたり、なかなか面白い、とすら思うものなのですが、どうしてこんなに前が大変なの!?


と、文句を言っていても始まらないので、嫌々病院地下二階に行き、説明を聞き、テーブルの前にはデーーーーンと2リットルの下剤。
気付けばボトル放置で眠りこけ…看護婦さんに「出ましたか?」…我に返り、地上に散歩に。そして又戻って、眠くて眠くて、ずっと寝ていたいのに、トイレを何度も往復し・・・行くたびに、テーブルの目の前の紙に「正」の字で回数を記入して行くのです。
今回は10回以上でした。
中には4回でさっさと検査受けて帰って行く輩がおられる。信じられませんでした!どういう腸をしておられるのやら・・・

途中、その待合室のテレビで、病院の外来棟が映った!!
例の周産期医療・・・のニュースでした。これから検査を受ける10人ほどが居合わせていたのですが、思わず目を合わせて苦笑・・・



検査した訳は、以前ポリープを取っているので、その後増えていないか、という事と、余りに酷い便秘の原因に何か腫瘍系のものがあるのではないか、それと、レントゲンによるとS字状結腸が潰れている、ということでした。

で、ポリープはひとつもなし!!
S字状結腸も異常なし!!ただ、横行結腸が普通より随分長いらしいのです。それによって、上行結腸との境目、及び下行結腸との境目が潰される様に折れている・・・・という事の様でした。
最近特にお腹の脂肪が凄くて、余計に押されているかも…と又素人判断しています。去年急激に太り始めた頃から酷くなっているので。その頃から一度検査しなくてはな~~、と思っていたのです。

当たらずとも遠からじ、ではないか??と思ふ・・
腹筋でもするか・・・


でも!!この検査のお陰で、今の私の腸はピッカピカ
検査に備えるトイレに、「この様な便のうちはまだ検査不可能」「この様になると可能」と写真が何例も挙げられているのですが、私のはどれにも属さない!!無色透明になっても粉の様なものが沈殿する・・・
どうやら数年間かけて腸のヒダヒダの間に溜まったカスらしい・・・
って、又あからさまに・・・スミマセン
関連記事

指、その後 - 2008.11.04 Tue

目下訳あって、生徒たちの過去の「勉強会」(テーマを決めて勉強したり、練習中の曲を披露する集まり)の録音から、必要事項をメモしているのですが・・・

2005年5月22日の勉強会の録音の中に!
私が、自分自身の粗忽者ぶりの経験を話している場面がありました。
内容は、数日前に日常生活で第1指を痛めた。湿布を貼り,リラックスのみを考えてショパンの練習曲Op.10/1と8をさらって治した、と言っている。ポイントは意識を「第1指のリラックスに注ぐ」ということ。そして完治してしまった、と。


今回は、しつこいようですが傷めたのが3月中旬ですから。
その直後も炊事や料理、根菜を切ったり重い買い物荷物を持って坂道を上ったり、帰国の為の荷造りで親指で物を掴む酷使…等々、ずっと続き、帰国後は荷物を解いて定位置に収める作業。
こんな11月になって、過去の自分の体験談が通用するだろうか???

ただ、ひとつ確実に言えるのは、Op.10/1と8により、第1指の周囲に筋肉は付くに違いない、ということ。しっかり筋肉が囲えば、関節も心強いのではないか?

駄目元で試すことにしました。

又経過報告を致します。


関連記事

万霊節 - 2008.11.02 Sun

今年も早いもので,今日はカトリックで言うところの万霊節。
昨日の万聖節(これもカトリックで,聖人の日。※)に対し今日は一般誰しも天国に逝った方々の魂の日。
プロテスタントでも11月最初の日曜に「召天者記念礼拝」なるものを行う教会が多い様です。(イースターの後や,その後の聖霊降臨祭の後に行う教会もあるそうですが…)


そして今日は息子の引っ越し。
既に数年前より独立して住んでいるのですが,籍を入れ,いよいよ家族として今までより広いマンションに居を構えることになりました。
既に我が夫の車(コントラバスや絵を運ぶ為に大きい!)を休みの日に借りては少しずつ運んでいた様ですが,今日は中学以来の友人たちが手伝ってくれ,トラックを借りて最終的な運搬になるらしい。
友人たちよ,心から有難う。

天国のおじいちゃん,おばあちゃんたち,どうか見守ってやってください。

私は教会の召天者記念礼拝に出掛けます。祈っているよ。



※カトリックでは,誕生日と同様に「Namenstag(独語)」といって,諸聖人の名前を頂き,誕生日と同様にカードやお祝いを頂いたりする様です。日本でもカトリックは「洗礼名」がありますね。(私はプロテスタントなのでよく知らないのですが……と,無知の言い訳をしてはいけないながら



関連記事

Allerheiligen - 2008.11.01 Sat

に因んだテンプレートを探しまくったのですが,該当なし。
今日・明日,パソコンではこの十字架の付いたものを使わせて頂くことに致しました。


吃驚なさいませぬよう・・・



関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する