FC2ブログ
A D M I N

2007-05

納骨旅行その2 - 2007.05.26 Sat

2007年05月26日21:32

23日(水)は亡き母の誕生日。
今度こそ納骨を終えてきました。
4月の日記に可成り書きましたので端折りますが、又大阪府最北端まで出向きました。
今回は妹と我が夫と3人、日帰りで。東京駅まで夫が車を運転して(通勤ラッシュに遺骨持って…は躊躇われ)駐車場に停め(新幹線とセットにすると駐車料金一日で2千円台だそう)、京都まで新幹線。その後はレンタカー。

納骨式は前回行って頂きましたので、今回は牧師が簡単に司式。
分骨したものを実家の墓へ。
父の時はどうしたのでしたっけ、と本家に問えば、「墓泥棒に遭ったかね…」とか「ばらまいたかもな(いけばかに)」とか…ご冗談を…造り酒屋の社長と専務のやり取りです
大きな骨壷はもうお任せで、翌日この叔父達(正しくは父の従弟達)がその「生墓(いけばか)」にある我々の祖父母の間を掘って埋めて下さることに。

その後、本家が能勢の懐石料理に招待下さいました。久々におじおば4人も一緒、緑の野山や田圃、ウグイスの声に囲まれた茅葺き屋根の下で、まったりと時が流れました。
(妹の携帯写真が、「え?携帯でしょ?」という位とても鮮明に・・・)

8229846_104674609_1large.jpg


8229846_104674607_1large.jpg


順不同ながら;
8229846_104674612_1large.jpg


8229846_104674613_1large.jpg


8229846_104674614_1large.jpg


8229846_104674615_1large.jpg


8229846_104674608_1large.jpg


8229846_104674610_1large.jpg


8229846_104674611_1large.jpg


この後は、秋に演奏をすることになっている浄瑠璃シアターにご案内頂き、内部も見せて頂きました。
(全て妹の携帯写真です。凄い時代になったもの…私も機種変更すべきか…)

8229846_104674618_1large.jpg


8229846_104674619_1large.jpg


8229846_104674620_1large.jpg


8229846_104674621_1large.jpg


8229846_104674616_1large.jpg


8229846_104674617_1large.jpg



さて、翌日(木曜)はまだ気力あり、遺骨の去った後の場所を元に戻さねばならない・・・
修理を兼ねて預かって頂いているソファも戻ってくることだし。
遺骨や遺影の乗っていた台をどけて掃除して、写真や花は二階のリビングへ移動。
散乱物も定位置に大雑把に戻し(それでもまだ片付け途中)。

一段落の報告メールや手紙、又、お礼すべきところには贈る物の注文をあれこれ。 バタバタと過ぎました。 (母が天国で私を操っているに違いない!母は実にそのようなことを手際よく済ませる人でしたから・・・

夕方本家から報告あり、祖父と祖母の墓石の間を掘ったら白い骨壷が出てきたので(多分これが21年前の我々の父)、その隣りに母の骨壷をカバーごと埋葬して下さったたそうです。
気に掛けて下さっておられたみたいで(余りにあれこれ訊いたので…)、その「生墓」の様子を、掘った時に携帯で撮った、というものを昨日朝にメール添付で届きました。
本当にお世話をお掛けしてしまいました。


ふと気付けば、大相撲・・・もう明日千秋楽!?!?一度も見ていませんよいつの間に朝青龍3敗!?!?今日は4敗目

一時期相撲観戦にハマっていた時期もあったというのに・・・
確かケーブルテレビがこの辺りにも繋がり、BSを見られる様になったのが、私が乳癌を見つける前の「多発性筋炎」と後で分かった不調の頃。余りの倦怠感で、リビングのテレビの横に折り畳みベッドを広げて午後は専ら相撲観戦していたのでしたわ・・・1998年ですね。雅山がまだ「竹内」。序二段だか??チョット忘れましたが、髪の毛短くて強いのが現れたなぁ~~~、とひたすら感心していたものです
少し遅れて「田宮」という学生(だったかな?)。これが琴田宮になって、今の琴光喜
あの年末は琴錦が優勝したのではなかったか!?あれは感動モノでした。

何だかモンゴル勢ばかりで面白くなくなりました

何を書いているのだか分からなくなったのでオシマイ!


関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する