FC2ブログ
A D M I N

2006-08

2001年8月6日以降、2006年迄 - 2006.08.31 Thu

2001年8月6日以降

この辺りは、それまでの記載を止めてしまっている。丁度それ用の一覧表の用紙が切れたこともあると思う。
ごく普通の生活に近く、夏~秋は、生徒たちの大小のコンクールに備えてレッスンとリハーサル、そして審査の日々。
手帳に記してある予定しか参考にならない。

又、少し様子観察で、という胸のしこりも再発ではないと思いつつも気になり、リサイタルを開こう、と予約してあった9月13日の「風のホール」は、CDの収録に使う事にした。
万が一、キャンセルしなくてはならない事が起きた時を考慮したのだ。

病院のレストランでリクエストに応じて膨らんだ、いつでも8割程度なら弾ける状態になっていた曲の数々や、これ以上年齢を重ねては演奏不可能になるのではないか?と感じていた数々を収録しておくことにしたのだった。

一回収録して欲が出て、更に10月、11月と計3回で、CD約3枚分になりそうな曲数を片っ端から録って頂いた。

これは私の意志ではない、大きな力に動かされての事であった気がする。

本来なら編集に取り掛かる事が出来る筈の翌年2002年夏には、庭伝いに住んでいる母屋の義母が脳梗塞(診断ミスで処置が遅れた)で亡くなり、晩秋には義父が出血性胃潰瘍を起こし入院、年末には母屋が全焼する、という諸難事に見舞われてしまった。
その翌年2003年には、折角住める様に整えた焼け残りに凄まじいシロアリの被害が見つかり、建て替えるしか選択肢は無くなった。
私の実家は当時まだ存在し、母が一人で住むには広すぎる上、その母も身体が可成り不自由になっていた。1階には母の2LDLの他、亡き父の20畳アトリエもあり、応接室兼スタジオも20畳。2階には当時の我々家族全員のスペースもあったのだが、義父が其処に住む意志を持ってくれなくては一人残す訳にも行かない。
結局2003年は業者選びと設計、2004年は建築と引っ越し、私の母も向かいのマンションに引っ越し、すっかりバタバタと過ぎてしまった。
母がウィーンを訪れてくれた折、モーツァルトの貧民墓地で拾って埋めたマロニエの木も、大きく育って枝葉を広げ、季節には花を咲かせていたのが甚だ心残りだったのだが・・・

マロニエの木(縮)

そして思い立った2006年、その3日かけた収録を2枚組のCD「樂の音に寄せて」としてリリースする運びと相成った。
ご助力下さった方々には言葉も見つからないほど感謝している。

一旦ここで区切ろう。

以降は、既に記した日記に順番も繋がると思う。



関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する