辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2001-05

パソコン購入へ - 2001.05.20 Sun

4月22日
3人レッスン(11時~5時)

4月26日
リハビリと皮膚科。自転車で往復。
レストランでピアノを弾き、その後お二人の患者さんとお喋り。

帰宅後は延々昼寝。(流石に自転車の往復は応えた)

4月27日
2人レッスン

4月28日
宮地楽器にてFinaleの講座。
ソフト(Finale2001)を先に購入。
いよいよ自宅にパソコンが無いと不便さを感じる。

4月29日
3人レッスン(1時半~6時半)

5月1日
2つの科の後レストランでピアノ。

5月2日
整形外科受診、レストランで又ピアノ。
その後吉祥寺に出て、T-ZONEにてパソコン一式を購入。
先日から眺め渡してはいたのだが、結局マック専門の店員に意見を求める。
りんご型のiBookが気になっていたのだが、大切なデータが入ったまま持ち歩くとなるとPowerBook G4がお薦めらしい。
「メールの送受が出来て、ネット検索が出来て、Finaleで楽譜が書ければよいです。」と希望を言ったところ、必要なものをポンポンポンと揃えてくれた。
この店員さん、ご両親が音楽家で父上が音大教授とか…やはりFinaleの使い方を親御さんに教えている、という何とも頼もしい方!!名札から、その父上という方は私のウィーン時代の恩師の先輩ではないか?と推察。そのうちに訊いてみよう。
パソコン本体、AirMac(マックの無線LAN)、プリンタ、Office。
丁度店の前にタクシー乗り場があり、そこ迄は店員さんが全部運んでくれて、タクシーで帰宅。

早速マニュアル片手に、パソコンを裏返してバッテリーを外し、全てのネジを外し、裏面を全部外してAirMacカードを取り付けてみる。5-6ページの説明、一語たりとも読み逃さないように…

5月3日~6日
暇さえあればパソコンに向かって設定。
分からないことが出る度にさんに電話をして教えて貰う。
ネット設定も遠隔操作。

5月10日
リハビリ、皮膚科
その後、心臓の手術をされたお二人とレストランでお喋り(ピアノも)。

5月12日
Finaleの受講

5月13日
朝、プリント作成、楽譜のコピー、午後は実家に自転車で出向いて、3時から6時まで生徒たちの勉強会。
「歌って弾く」という事が苦手な生徒たちなので、まずは声に出して歌うことから始める。「ロンドンデリー」の歌の譜面にて歌心を持って歌う試み。まずは歌詞を心深く感じること。指揮(というよりは私のリード)に合わせてテンポを揺らす試み。同時に伴奏者も順次交代。今度はピアノ譜にて「歌った様に」弾いてみる。
可成りの進歩。
これが諸作品のカンタービレの部分に生かされれば成功なのだが……

5月14日
手書きにて手紙2通。下書きを何度もして疲れた。

5月15日
さんが我が家まで出向き、AirMacやプリンタの接続をしてくれた。マニュアルを見ながら下線を引きつつ、ふんふん・・・と頷きながら、いとも楽々こなしてくれるのが有難さを通り越して、超人の業を見ている気がした。
円盤(CDのこと)をインストール(という単語も初めて知った)しては、次々操作をし、Prestissimoでキーを打つ彼女の姿が魔法使いに見えた。

感謝感激!!

5月16日
新しい生徒一人来訪。T音大生。

16,17と夫は一泊のドック。

5月17日
リハビリと皮膚科の後、そのドックの結果を聞きに出向いた。
特にこれといった異常はなく、ホームドクターに結果を書いてくれた。

皮膚科受診中から咳が酷くなった。

5月18日
朝から回転性の眩暈。生徒2人休ませて貰った。
メリスロン4回服用。

5月19日
午前中ずっと寝たので午後はマシになり、2人レッスン。

Finaleでコンバスのテキストを作ってみた。

5月20日
2人レッスン。

夜中にFinaleの不明点が解明。
三連符の打ち方など。


関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する