辞書
ぐりゅーす ごっと Grüß Gott !
FC2ブログ
gruess_gott2_convert_20181021090224.jpg

2020-09

切り紙 - 2019.05.08 Wed


(今頃ながら……春休み、3月26日の記録)

5歳の孫と折り紙を切り抜いて遊んだ。

というのも、「切り紙しようか?」と言うと、綺麗な折り紙を無造作に折り曲げてはスッチョンスッチョン切ってバラバラにしてしまうので。これは先ず折り紙の「対角」をピッタリ合わせて折ることを教えないと・・と思っていたことから始まった。「痛いほど角をピッタリね」と教える。(この「痛いほど」は、私の6歳下の妹を相手にしていた時の、父方祖母の口癖…)
なんだ、教えれば直ぐに出来るじゃぁないの・・折紙での切り紙ほぼ初体験なのに、と感心した(半分は祖母の「痛いほど」との言葉遣いに)。


8229846_2309245443_57large.jpg


最近の子供は、テレビやゲームなど、受動的に楽しむ時間は沢山ある。それは私らの世代には羨ましいことではあるが…
我が母が、妹や私の「成長の記録」と称したスクラップブックを作ってくれてあり、「お絵描き」や「切り紙」なども記録保存してくれてある。
近所のおともだちの作品なども記録して貼ってくれてある。母の愉しみだったらしい。私にとっては、そのスクラップブックを見ることで、当時の光景が即座に蘇り、60年以上も(70年近く??)前にタイムスリップ出来る嬉しさ!
今見ると、どのおともだちも丁寧に輪郭を描いたりクレヨンで紙の隅々まで色をしっかり塗ったり・・・改めて感心してしまった。
これは物に乏しい時代だったからかもしれない。雨の日などは他にすることもなく。

土日は父もよく遊んでくれた。
下は私が3歳の頃。
図柄を色とりどりのクレヨンでザッと描き、その上をまっ黒いクレヨンで塗り潰し、鉄筆で絵を描いてくれたもの。

8229846_2307135481_128large.jpg


私は寧ろ切り紙。安物にしか見えない折り紙。昭和20年代当時としては高価だったのだろうなぁ。
うっすらと思い出すのは、一旦「折紙」で遊んだ紙を開いて、切り紙用に折り直して切ったこと・・・

8229846_2307135482_2large.jpg

8229846_2307135479_121large.jpg

保存してくれた母に感謝。

これを見て、孫も「やりたい!」と言い出した。


ところで、孫を相手に私も(こっそり)切り紙。

8229846_2308370439_191large.jpg

そして「何回ハサミを入れたと思う?」と問いかける。
「う〜〜〜ん・・・」と眺めて悩む孫。
「畳んだ山を逆に折っていってごらんなさい」と言うと、よっこらしょ、よっこらしょ、と折り始めた。
難しかったかな?

8229846_2308370440_189large.jpg

8229846_2308370444_150large.jpg

8229846_2308370443_240large.jpg

8229846_2308370445_102large.jpg


「2回!!」

張り切って答えた。

余りやると「教育婆」と化しそうなので、ここでおしまいにした。
下は、孫が切っている間の私の時間潰し。

8229846_2308370437_59large.jpg

8229846_2308370432_17large.jpg






うっすらと雪化粧の朝 - 2019.02.10 Sun


昨日から「明日は積もる」とテレビの騒ぐ雪。
「都心」と言っているから、ここは当てはまらないよなぁ…との勘は当たった。
でも夜中に少し降ったようで、朝起きたらうっすら雪化粧。

8229846_2303936418_238largeのコピー

8229846_2303936429_55large-1のコピー

8229846_2303936427_108large.jpg

8229846_2303936425_12large.jpg

この位が良い。
去年も大変だった。






降らない雪 - 2015.02.18 Wed

今日は解体工事もお休み。
「雪」「雪」と騒いでいたからか。

雪の中を出掛ける用事は作らずに、雨でも夫任せ。

風邪を案じていたが、薬がよく効いて、声は昨日耳鼻科の帰りには治っていたほど。昨晩は咳で起きることもなく、幼いころから薬はよほどの時以外は使わない主義というか、世の中がそうだったのか、我が家が貧しかった所為なのか、そのお蔭か薬はよく効く。生理痛も薬を買ってもらったことはない。中学の保健室で寝かせてもらって「随分唸っていましたよ」と保健の先生に言われたこと、そしてもらった鎮痛剤で嘘のように痛みが止まってびっくりしたことを昨日のように思い出す。

「史上最大の作戦」を見てしまった - 2015.02.17 Tue

今日の午後は暇を持て余し、「史上最大の作戦」をずっと見てしまった。

昨晩何度も咳込み、しかも「誰の声だ?」と目覚めると私自身の喘鳴。
朝起きれば声が全く出ず、折しも雪が降り始めていたが、声の出ない不自由さから夫が車でいつもの耳鼻科に連れて行ってくれた。私の車は婿殿が使用したい、というので。
耳鼻科では吸入だけでは治らないレベルの「声帯」に、ポトンと薬を一滴。帰宅する頃には会話が成立するほどまで回復。

8229846_2138484765_53large.jpg

そんなで今日は休養日、と決めたものの、庭は最後の解体・・・今日が一番揺れたように思う。
物置3つ目は昨日解体。今日は井戸が発掘されたり(!)、厄介な竹の根が張り巡らされているのだろうか、岩や枯れた繊維状の植物をショペルカーで全部を掻きだしては整地をする。
その間、車酔いを起こしそうな震度2−3とも言える揺れ!
そして見ているテレビは上記の映画。
しかも東北では朝のみならず午後にも強い地震があった、とテレビの隅に表示され、(こんなことを書いては顰蹙を買うだろうが)実際のところ臨場感抜群の環境で「史上最大の…」を見てしまった次第。

因みにこの映画、父が見に連れて行ってくれたことを思い出した。当時はちっとも面白くも何ともない小6か中1か、はたまたもっと後??(訊ける人はもう居ない)
妹には「ピーターパン」など見せに連れて行ってくれるのに!と6歳上の幼い姉は恨めしく思ったものです。

纏めた誕生日 - 2014.12.15 Mon

息子が仕事で上京。
生憎彼の部屋は目下物置状態で泊まってもらえぬが・・

先日来、吉祥寺「梅の花」から誕生日のサービスの案内が来ていた。
夫が11月末、私が12月半ば。
息子を交えて、まとめて2人分を祝ってもらった。

それぞれに成人病を抱えている我が家…義父の生前は特に。
豆腐料理のフルコース、身体に良いので案内をもらえば利用していた。
誕生日には写真を撮って、プレゼントと共に帰り際に渡してくれる、というサービスぶり。
その写真も縦に吊していたら、こんなに溜まってしまった(一番下、置いてあるのが今回)
綺麗に飾りませんとね…

8229846_2126292716_134large.jpg

下は息子が撮ってくれたツーショット。
ま、披露してもいっか・・・
8229846_2126292714_110large.jpg

有難くもないが、一応誕生日 - 2014.12.12 Fri

又しても、最近経営者が変更になった近所の庄○へ。

あぁ、ここ迄来ると諦めかも。
年齢にしがみついていたい、という気持ちは失せた誕生日。

8229846_2125739356_215large.jpg

あれこれ食べて、ついでに目下の朝ドラで便乗していると思しきハイボールも。
8229846_2125739370_123large.jpg

又してもミニ・クラス会 - 2014.04.08 Tue

中高時代の友人8人でランチ、そしてお喋り。

海外に暮らす2人の帰国に合わせての企画に誘われ、楽しいひとときでした。
毎年こうして集まれたら嬉しいことです。
日頃、全く違う生活をしている8人、集まれば中学時代の顔に戻り、それがごく当然のようにお喋りに花が咲く。

8229846_2063569010_45large.jpg

8229846_2063569008_102large.jpg

勝手にアップしてごめんなさいね。私は写っていないから、と。
ずっと元気でいなくてはね。


白馬、そして信濃大町へ - 2012.07.18 Wed


網戸越しの早朝の外の眺め(携帯カメラ)。
8229846_1707590968_192large.jpg

夜中も猛暑で、眠ったのだか目覚めていたのか…娘も私も寝返りを打ってばかり、クーラーの温度設定を直したり(私が咳をすると温度を上げてくれていた様子)、2人とも朦朧としたまま早朝に目覚めてしまった。朝食の手作りの美味しいパン、それとソーセージやスクランブルドエッグにサラダ、コーヒーですっかり目覚めた。

再度、三枝美術館へ。

コーヒーとケーキのもてなしを受け、館内を −と言っても1階のみだが− ゆっくり見せて頂いた。
懐かしい義父の絵の数々。
個々に撮るのは躊躇われ、全体はこの様な感じです。
お近くにいらっしゃる方は、是非お越し頂きたいです。

8229846_1708757990_5large.jpg


8229846_1708757924_76large.jpg


8229846_1708757925_8large.jpg


8229846_1708757944_240large.jpg


8229846_1708757962_217large.jpg


8229846_1708757964_228large.jpg


8229846_1708757963_145large.jpg


奥の一角には、義父の制作場を再現してくださってある。

8229846_1708758026_165large.jpg


美術館を後にして、信濃大町のアトリエに向かう。
う〜〜ん・・私だけは全く久々だ・・(2002年暮れの火災による焼け残りを、2003年1月に運んで以来かもしれない)


北アルプスが見えてくる。
8229846_1708757807_18large.jpg


8229846_1708757895_251large.jpg


アトリエ着。2階からの眺め。
8229846_1708757848_176large.jpg

階下からの眺め(って、殆ど同じ。電線の位置以外は…)
8229846_1707749215_167large.jpg


本来は掃除機くらいかけるところ、猛暑と疲れに負けた、いや、言い訳にした。
こういう夏の暑さの中、子供達が小学生だった頃、私が率先して室内でゴム飛びをしたものだった。
娘がしっかり覚えていて言い出したのだけど、輪ゴムを繋げて、暖炉と柱とに結びつけ、徐々に高くして行く。
いや・・40歳前後というのは今になると信じられないくらい若い!!!


8229846_1708757828_166large.jpg
これは、ウィーンから母が持ち帰ったマロニエ。唯一残っているマロニエ。
実家の、母が丹誠込めて育て、毎年見事に生い茂り花を咲かせていた高木となったマロニエは、家を手放した時に引っこ抜かれてしまった。だから、これが唯一のものとなった。

片付けは一切手を着けずアトリエを後にし、又しても山と空の風景。

8229846_1708757807_18large.jpg


8229846_1708757811_252large.jpg


途中、蕎麦屋に寄る。此処が又美味しいんです!
8229846_1708757800_155large.jpg


ガラス工芸館にも寄った。(私は20年ぶり以上の気が…)
8229846_1708757712_39large.jpg



順番が混乱してきたので、この辺りで放置。
道の駅、その他、途中で買い物もした。
そうそう、我が家の庭の雑草を刈る道具も!


帰路も私はひたすら爆睡。
2人が途中トイレ休憩したことすら知らない

帰宅して、娘婿も交えて外食…とても家で作って食べる元気は誰ひとり持たずに。
いや、長野は本当に暑かった・・・



(7月19日深夜記載)




楽しかったひととき - 2008.09.11 Thu





以前から,近いうちに,と約束していた3人での集まりが実現しました。
夜の渋谷にて集合。
美味しいお酒に肴,そして何よりもお喋りに,と時の経つのを忘れた夜でした。


場所は・・・わからない・・・何という方向音痴だろう!!
NHKへもいつも歩いているし,東急の本店もBunkamuraもハンズも分かるし,交番も分かる,神泉も分かるし,チャコットも分かる,・・・最近はネットカフェだのスペイン坂だのも分かります。
なのにどうしてここを歩くとここに出る??という謎。
そもそもマークシティを出たら,どうして道玄坂の上の方(1970年代前半に1年弱,当時道玄坂にあったゲーテにドイツ語を習いに通った)に出てしまうの???

あぁ・・・浦島状態の私・・

しかも,渋谷と言ったら「人混み」「若者」「うるさい」のイメージが,歩いたところの何と静かなこと!!
お店をMさんにお任せしたのは大正解でした
魔術師Mさん,有難うございました。


「魔術師」の言葉が出てしまうのは,5月の日記にハーピストの祖母のことを書きましたが,このMさん,祖母に関する資料をあちこちで収集してくださった魔法使いの様な方です。
私など,ネット検索をしたところで,何もヒットしないのが(ヒットするのは自分の日記ばかりであった,という驚くべき結果),数日で分厚いクリアファイル一冊にぎっしり資料を集めてプレゼントくださったという方であります。
あぁ,何もお礼もしていないというのに・・・
是非,これは将来本に纏めたいです。

もうお一方のY嬢は,今後の活躍が楽しみなピアニスト。
最近の音楽界のことや,日常のあれこれに,すっかり意気投合!


円山町の魚料理のお店で料理に舌鼓を打ち,呑み,語り,あぁ,何という至福の時!!
場所を移し,宇田川町のボサノバの流れるバーでの雰囲気もワインもとっても美味しかった!!でも,何よりも遠慮の要らない方々とのお喋りは一番!!

デジカメ忘れたのが残念!
携帯でカシャリ。貴重な一枚であります。

19962582_892996586.jpg




ミニクラス会 - 2008.08.17 Sun






中1からのワル仲間4人で集まりました。
T Tさんが新潟から一時帰京,という大義名分。

ちょっと早めの5時半から。

すっかり新潟人になった方のお薦めの「八海山」,注文したところ,グラスが升に入り,その升がお皿に乗って来ました。その後おもむろに一升瓶を持って店員が・・・

グラスに一升瓶から注いで,ざばざば溢れてその下の升にお酒が溜まって行く。
見る見る,その升が溢れて下のお皿まで一杯に・・・

そうやって呑むのだそうです!!

17130034_1707675596.jpg



料理を次々注文して,最初はカメラに記録していたのですが,途中から食べ,呑み,喋り・・・撮ることはすっかり頭から去ってしまった。


17130034_2466767097.jpg

(茄子,本当は4つあったのですが,食べてから気付いた!)


17130034_741518324.jpg


17130034_1732369858.jpg


17130034_667159768.jpg


17130034_1715459637.jpg


17130034_1520715739.jpg


あとは焼いた枝豆とか,串に刺さった鶏手羽とか,豆腐のナントカ,え~~っと,あとは・・あとは・・・記憶力悪し。

個室だったけれど,隣室があれだけはっきり聞こえたのだから,こちらの声も同じだけ筒抜けだったことにまります。

久々に気の置けない仲間たちとまったり,楽しかったです。
(しかもあんなに食べて呑んで,4人で4桁円とは・・・

帰りにお花まで各自頂きました。今回はかすみ草付き。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2020 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、私を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する