fc2ブログ
A D M I N
202110240825.jpg

2022-10

備忘録(2022夏①) - 親切な方々 - - 2022.08.21 Sun


昨年と同じタイトルで、内容も似たり寄ったりながら、数点変更があったので記録。

8月末は、1番気の重い作業(確定申告ギリギリ提出時にも似た)がやって来る。
『特定医療費(指定難病)受給者の更新手続きのご案内』

一昨年までは必要書類は夫に出張所へ出向いて取ってきてもらった。私は家で苦心惨憺の書類を書きながら待つ。そしてこの数年、提出は委任状と共に夫に託す。
去年も夫に託したが、出張所の係員も「う〜〜〜ん・・」と首を傾げて悩んだ。その後、上のリンクの記録のように電話で解決が着いた。
今年は去年の経験で、「マイナンバー通知カード」がありさえすれば簡単に終わる!!と意気揚々。
ところが・・・完全にボケた・・・(大学病院の認知症の科は、コロナ禍につき「切羽詰まっていない科」として閉鎖中。よってボケた頭を抱えつつ初診も受けられぬまま過ごしている)

ボケたのは…去年の通りに作業が進まないのだ!
困った時の「電話で質問」。何が分からないかが分からないほどこんぐらかった頭。担当者は親切に、「待ちますから慌てずに書類を順番に揃え直してください」と。揃え直し、説明を仰ぐ。
【全ての方が提出する書類①〜③】は揃っている。
【該当する方のみ提出する書類④〜⑬】は、去年の学習で「マイナンバー通知カード」を利用するなら不要となるものが沢山あることも学んだ。ただ、去年は夫が全て代理で出向いたので、私の頭は空のまま。
・・・と思っていたのだが、去年と変更になった点が見つかった。夫の「後期高齢者への該当」!!
それにより、「⑦世帯の所得を確認するための書類」は不要。それに紐付いて「⑧公的年金の収入等に係る申出書」も不要(・・・だったか?ここに記載するまで3日間しか経っていないのに曖昧・・・)。
⑨〜⑬は以前から不要。
あとは【窓口で提示する物】⑭〜⑯(身分証明書の類いや個人番号の確認に必要なもの、それと代理人が出向く場合の証明書)。本当に丁寧に教えて頂き、お仕事とは言え、脱帽です。


さぁ!出掛けるぞ!!
・・・ここからがいけない。50代は自転車で出向いていた。60代はオンボロながら自分の車と景色で出向いた。70代は、その景色の予測が付かない。・・そうだ!宝の持ち腐れの「カーナビ」があるではないか!!…これが益々いけない。
行き先の電話番号を入れた(その画面を出すのに10分かかった)。一応ナビに従う。・・・なんだ、以前孫娘がゼロ歳〜3歳頃まで頻繁に連れて行った託児施設への道ではないか!・・・ところが一旦入力したので音声通りに走らないと勿体なく感じる吝嗇さ。画像と音声は完全にずれているというのに。結局何度も何度も同じところを通って、仕方がないので大型スーパーの駐車場に車を入れ、あとは徒歩で行くことにした。完全にボケた。(その徒歩すらも、小さなお子さん連れの親切そうな女性に「どの道でしょうか」と訊くありさま。何度も出向いたのに、とは恥ずかしくてとても言えない。女性は「最近新しい家が次々建って、ややこしくなったのですが」と前置きをし、丁寧に説明してくださった。「お連れします」とまでも。いやいやいや・・・それは余りにも厚かましい。有難うございました。お蔭さまで景色は思い出せ、無事に到着しました。)

そして無事に提出し、今年の行事もひとつ済み、車を駐めたスーパーで夕飯の出来合いを買い、眩しい夕陽と格闘しながら運転しつつも、無事帰路に着いたのでした。

この10年、あっと言う間の老い・・・さぁ、あと何年残っているか、と何かにつけて屡々思う・・・



来年への教訓・・・カーナビは使わないこと、眩しい夕陽の時刻は避けること・・・
運転免許証が生きていれば、だが

寧ろ、ここに記録したことを思い出すかどうか???




関連記事

コロナ禍の諸々(身体あれこれ) - 2022.06.14 Tue



嫌になってしまう。

マスコミでも言われていることだが、万が一の感染を怖れて一般の医者通いから遠のいた。
あっちもこっちも不具合はあるのに。胃、腸(毎年ポリープを数個切除)、歯、それと不具合ではないが検査すら遠のいた乳癌、子宮癌。

う〜〜ん・・・膠原病の医師に相談しよう。
最近、「皮膚筋炎・多発性筋炎」の発症原因がはっきりして来て、私の場合は「抗TIF1-γ(ガンマ)抗体」上昇で起きたこと。発症当時の1999年は漠然と「癌が潜んでいると発症することが多い」と本で読み、医師に図々しくも告げたのだが(実際乳癌があって1998年に手術を受けている)、今やそういう漠然としたものではなく、上記の抗体が医学会で判明し、検査をすれば一目瞭然。私の場合は「+」。これがややこしいことに、当時既に「+」と分かったなら即刻病名も決まったであろうに・・現在の「+」が、当時からの値なのか、新たに癌に罹ったのかは、細かい受診をしないと判明しないとのこと。

胃は、父も父方祖父母も末期の胃癌で亡くなっているので気になっていた。
だから、先ずは酷い胃症状を検査。大学病院で5月末に胃腸科の予約を入れてもらった。けれどもとても待てない苦しさ。4月20日過ぎ、近所の胃腸専門医に行き、診察と予約を取り、末には内視鏡検査で可成りの胃炎(若しくは胃潰瘍…色が甚だ変わっていた)と逆流性食道炎に罹っていることが分かった。

コロナ禍での自粛が始まる前から、酷い咳に夜中に何度もも起こされた。レントゲンを撮ってもらったこともあるほど。肺に異常はなかった。だから「逆流性食道炎」と聞き、もしかすると、酷い咳は胃酸が逆流して喉を傷めていたのではないか?と思って咳の話をしたところ、医師も即座に「胃酸に喉をやられたんじゃないの?」と鋭い!正解が頂けて安堵した。
耳鼻咽喉科であれ、普通の内科であれ、受診すれば処方されるのは「ムコダイン(カルボシステイン)」と「レスプレン」、酷い時は「フスコデ」まで。それらの薬を、ほぼ2ヶ月に1回受診する膠原病の科で処方して頂けることになったので、それはそれでとても助かった! けれども既定の錠数は不要なことが殆どで、「売るほど余る」ことも。次回「今回は要りません」と告げるのを忘れると、もっと「売るほど余る」訳で・・やっと解放された!

IMG_9679.jpeg

本来の検査は、「そろそろ大腸ポリープの検査ですよ〜」・・とは書いていないが、毎年ポリープを切除している「大腸検査の時期」とのお知らせが来たので、それが先だった筈が、胃は待ってくれない不快感。
そして、胃の為に新たな薬(タケキャブ、ムコスタ、マーズレン)が加わり、1ヶ月かかったが、可成り楽になった。前述の夜中突然起きる咳からも解放されたのだから・・・
胃の原因はストレスに間違いなく、コロナ禍の時間を利用(いや、利用ではないかも)して、パソコンの不具合を片っ端から質問して(サポーターさん達は元気だ!)5時間でも何時間でも、何日でも何回でも解決が着くまで付き合ってくれる。本来はありがたいことなのだが、71歳のばあさんには「辛いなぁ」・・が積み重なったのかと。あとはこれまたパソコンを使っての仕事関係。見えていない目を治しに眼科が先か?
いずれにせよ、その不調の間には演奏会にも誘われたり、自らチケットを予約して出むいたりもしたが、如何せん胃の具合の悪さには勝てない。座り方が悪いのか、胃液が逆流して来て咳が出る・・・何とか咳が出ないように堪える! 音が立たないようにタオルをマスクの中に入れておくが、何とも言えない不快感で、休憩で中座。

大腸ファイバーは30代から今に至るまで10回以上、ひょっとすると20回近く受けているので、検査そのものは苦痛ではないのだが、検査後左下腹部の痛みが生じるようになり、かつてないほど酷い便秘症状が起きるようになった。これを解決する為に、医師も薬を次々加えて試行錯誤してくれる。ところが・・・元々20種類近い薬(ステロイドがメインで、他の殆どはその副作用を抑える薬。骨粗鬆症のためのあれこれ、高脂血症用、胃薬も元々ある、薬同士の反応を抑えるための抗アレルギー薬、等々)を使っているものだから、頭は大混乱。聞いたこともない薬の名前を覚える気力もなく、「これが朝食前、毎食後はこれ、朝食後と夕食後はこれ」。それも、症状によって自己判断で錠数を決めてよいらしく(寧ろ決めるべきらしく)、これは本当に困った。
次の受診の折、親切な薬剤師さんが「ご自分が楽な選択肢で構わないのですよ。続けるもよし、止めて以前の薬に戻すもよし、錠数もその日の身体次第で」と仰ってくださって、結局たまにミックスして使い、数週間が経った。

やれ助かった、やれ救われた・・・ストレスがひとつ減った。

順不同、支離滅裂のまま、自分の為の備忘録を兼ねました   



関連記事

コロナ禍の諸々(レッスン) - 2022.06.01 Wed


12月に引き続き、コロナ感染者数が減った5月、又しても「ソレッとばかりに」勉強会を行った。
本番を控えている人たち、常々「最低3回は人前で弾いておかないと・・」の常が、1回すら危うく。
自動的にレッスンも、「ワクチン接種3回済んでいる場合」を条件として再開した。今を逃すと夏になるかも・・との懸念から。

急なことが故に、準備が間に合いそうな方たちのみ。
記録だけ残しておきます(パソコンなら、クリックで拡大されるかもしれません)。

 2022051529programm1.jpg 2022051529progrmm2名前消した 2022051529progrmm2名前消した2

そして、もう日程は待っていてくれない人達に、「これを使うと良いですよ」の提案。
これとて、当日の作業となり、本来はもっと沢山挙げたかったのですが、時間切れ・・・

 20221529参考プリント1 20221529参考プリント2 20221529参考プリント3

満足して皆さん帰られました。

次はいつ行うことが出来るかは、ウィルス次第ということで。



関連記事

コロナ禍の諸々(PC関係) - 2022.06.01 Wed


(甚だ遅れて6月に記載)
とてもじゃないが、自分の為の備忘録すら書けない。
後で「ブログ内検索」して、「あぁ〜、記しておいて良かった」と思う事は頻繁にあるのに、コロナ禍の自粛生活で体力は落ち(反比例して体重は増え)、何をするのもしんどくなってしまった。

もう6月!!メモを頼りに記載。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

3月中旬迄の確定申告は、どう考えても間に合わない!
「1ヶ月延期」と思うと半年延期になるので、2週間近くかかって頑張った(若い頃は徹夜の2昼夜でこなせていたというのに…)。2日遅れて延滞金を請求された。

持続化給付金詐欺のニュースを聞くにつけ、こんな年寄りが「給付金・支援金」の類いの為に細かい文字と闘い(結局パソコン画面は見えないのでプリントアウトをして読んだ)、一昨年は「ゼロから」不明点を調べながら、そして電話で質問しながら頑張ったのに! と許せない気になる。

3月は、いつもとタイプの違う眩暈に悩まされ続け、血圧を測ったら下が100を超えていた。日頃は上が100以下ということもあったのに。何度測っても下が100以上。これは血圧計が壊れているに違いない、と○mazonで注文。今までとほぼ同じA&Dのもの。届いて即刻測ったら上が110前後、下が90弱! やっぱり壊れていたのね、と喜びつつも念のため(しつこい!)古い方ので測ってみたら、上が110前後、下が90弱・・壊れていたのは私だったようだ。
体温も然り。日頃から低めではあるものの、今回は33度台、34度台が普通になり、家にある限りの体温計で取っ替え引っ替え計ったが同様だった。それにしても最近の体温計は優れているのか、以前だったらそんな低い体温は「ERROR」と出たものだが・・

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

3月下旬はパソコンに翻弄された。
日頃メインで使用しているmacのアドレスが使えなくなってしまった。「送信」クリックで飛んで行くのに、相手に届かない。自分の持っている限りのアドレスや、家族のアドレスに送信したり(届けば返信したり)実験の日々。
埒が明かないので、生徒が休みになった日、「今日だ!」とAppleCareにサポートをお願いした。その後も何回も電話サポート。「サポート内容の記録はしてありますから大丈夫です」と言われつつ、うまく記せていなかったのか、トンチンカンと相成り何人ものサポーターの方達のお世話になった。
即刻記憶出来ないので、「メモ取らせてください」と書こうとすると、「メモは取らないでください」と言われた方もあった。そんな…記憶出来ませんって…(こっそり単語だけで合間に裏紙に書いた)
画面共有でサポートを受けているから、何か間違うと指摘してもらえるのは大変有難い。
バックアップやヴァージョンアップは時間がかかるので自分でこなすことになった。宿題山積みは以下。
・先ずはOSのアップデートから。(内心「え〜〜〜〜っ!?」。それをすると大抵何か不都合なことが起きるのですが〜)
・バックアップは常に繋いでおくこと。
・ヴァージョンは常に最新にしておく。つまり今回はMontereyに。

それでダメなら、下記の順番に試し、大体そこらで解決が着くが、ダメなら又質問するように、とのこと。
その間、いや、その前から、どうもgmailと関係があるのではないか、と思い返す。昨年からZoomの為にGoogleのアカウント(?)が沢山出来てしまったから。…1つのアドレスで、所謂ハンドルネーム、本名、仕事名、他…そしてそのgmailを開こうとすると、「本人確認」と出て、その為に日頃の(つまりmacの)アドレスを入れる。その後又なんたらかんたらと指示が出る・・そこで何かを間違った気がするが、サポートの方にそれを言うと、「関係ありません!」とキッパリ!プロの話だから信じることにした。

時々スマホで質問をしながらの作業は以下。
1.バックアップ完了を待つ 
2.ソフトウェアアップデート 
3.解決しなかったらノートン削除 
4.それでも解決しなかったらATOK削除

これだけでも昼過ぎから夕方までかかり、ヘトヘト・・・

更に翌日(支離滅裂な個人用のメモ)

前日付き合ってもらったように(再度試させられた)iPhoneのmacのアドレスからは送信出来るので、iMacがダメになっている可能性大。(iMac, MacBook Air, iPhoneの3つはiCloudで同期している)
Nortonはダメなのだそう。電話をかける前にもクイックスキャンなどしてしまい、悪いことばかりしていたようだ。サポーター曰く「私達はNortonは使っていません。その類いのものは一切」と言われたが、何かソフトは使っているに違いない、と質問したら、聞いたことのない名前のものをいくつも述べられた。これは「馬の耳に念仏」と判断し、記録すら取らず(取れず、だ)。ATOKも然り(これでの変換に20年間すっかり慣れているのですが・・・)。

20年前と言わずとも、10年前ならサポーターに即刻反応出来たものだった。2009年の年末も年末、執筆中の一冊近くが救われたものだった。初期化したパソコンを、深夜に及んで言われるまま(よく付き合ってくださった!!と今でも感謝に堪えない。仕事とは言え…)

それでもひとつずつ、まず必要なことから、上の順番で課題をこなした。
先ずは外付けのHDDにバックアップ延々・・・
マウスも使わざるを得ない作業で使わされて、充電はしてあるのだけど、20年間殆ど使ったことがない。
使えるようにするには、ONにするだけではなく、1回LightningCable繋いで、直ぐに外せば良い、など、初心者向き知識も頂きました〜〜〜(きっと1週間後には忘れているだろうと色を換える)

逸れたが、iPhoneからは送信出来るので(さりとてiPhoneで長文は苦手なので)パソコンでSafari経由でiCloudを開き、そこからメールを書けば、ほぼ、送れるだろうとも。iPhoneと同期されている訳だから。でもOSが壊れていたらダメ。
やっとバックアップが終わったので、次の課題「ヴァージョンアップ」。外付けのHDDって、その時も繋ぎっぱなしで良いのだろうか??と思いつつ。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

(3月23日の記録・重複あり)
もう、イヤ!!というほど、mac.comのアドレスに悩まされ。この前の日曜は午後3時間ぶっ続けでAppleCareのサポート。「バックアップを録って、最新にヴァージョンアップし、NortonとATOKをアンインストールしてもメールの送受がうまく行かなかったら又連絡を」と言われて、その後その通りにするのに一体何時間(合計何日?)使ったか・・・今日は時間が出来たので、ソレっとばかり再度AppleCare。埒あかず「上司の者と替わります」となり、あっちを開き、こっちを開き、それでも駄目だった。試しに、Finderのフォルダをもう1つ作ったり、今まで開いたことのないものを沢山開き、照らし合わせてくださっている模様。何が何だか私には分からず、指示に従うだけの人。人か??

結局日曜に入れたばかりのOS Montereyを再度入れ替えることになり、何時間かかったか…それでうまく行ったら放置で良いが、ダメな場合には連絡を、と言われました。当然ダメで連絡。入れ替わり立ち替わり4名の方にサポートを受けたことになります。いよいよ「初期化」の話も出る、フォルダ一部ずつをチェックする話も出る・・・悲鳴モノ・・そこでもう5時間ですから・・・
最後のサポートの方が親切にもいくつか選択肢を挙げられて、「どれが楽ですか?」となった(病院でも、これが1番有難いのだ!)。メインはjcomのアドレスにしてしまったので、パソコンでのmacのアドレスはSafariでiCloud(から送受出来たので)を開いて使うことに。iPhoneからは何の問題もなく、どのアドレスからも送受信できるし。
それにしても、先月1万何某か円を払って更新したNortonはどうなるのっ!?!?

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

その後、Nortonは3台に対応しているとは言え、バージョンが違い過ぎ、それぞれに入れ直さないといけないと教わった。
ATOK然り。JustSystemsに電話したところ、MontereyとSierraでは使うものが違うとのことで、メールを下さり、記された順にひとつずつ比較。そして文字列を削除したり挿入したりでめでたくそれぞれでATOKが使えるようになった!はぁ〜〜〜・・よかった・・・

これだけでも近視、ガチャ目、酷い乱視に合う眼鏡はなく、4種類の点眼薬の世話になって過ぎた。
本職の筈の楽譜は益々見えないから読まない。

そうだ!Officeもガラリと変わった。
でも無視して強引に使っている(iMac、MacBook Airそれぞれ)。これらのワードアートが全く駄目になったので、古い2007年のMacBook Proのワードアートを使い、USBメモリに保管して最新のMontereyと行き来させる。DropBoxも使えなくなってしまったし。


コロナ禍のパソコン関係の「ストレス話」は、多分これでお終い。
(きっと後日、自分にとって役に立つに違いない!!)


関連記事

とても早くなった3回目のワクチン接種 - 2022.01.30 Sun


突然1月26日水曜にワクチン接種出来ることになり、あれよあれよという間に終わった

いきさつはこんな;
21日夜だったか…3回目の接種券が届き、2月9日以降なら直ぐに予約が出来るという。即刻インターネットで集団会場を予約、次々出る画面に右往左往…何と分かりにくい言葉遣い!?娘婿に尋ね尋ねの操作で、最速の2月12日が取れた。でも、何処にあるのかも分からないほど遠そうな集団会場で、翌朝近所の徒歩3〜4分のO診療所に電話ををしてみることになった。それでも1つ押さえることが出来、ひと安心!
22日の朝、そのO診療所に電話をしてみたが、「2月に入らないと接種の目処が立たないのです。後日お調べして電話を差し上げます」とのこと(ワクチン、品薄?)。
25日、出掛けている間に、O診療所から留守電が入っていた。折り返しかけると、2月14日が取れるという。集団会場より2日遅くはなるが、どこにあるのか分からない会場(車でもバスを乗り継いででも)より、万が一雪が降っても徒歩で行ける診療所の方が確実で有難い。即刻予約 「必ずワクチンセンターに電話して、最初に予約した会場をキャンセルしてくださいね」と何度も釘を刺された。
それでセンターに電話をしたら、何と!!「1月も取れることに、昨日行政の方針が変わったのです!」と言われ、「最速なら今日でも明日でも」と・・・今日でも明日でも
一瞬考えたが、今日となれば、今度は折り返しO診療所にキャンセルの電話を入れねばならない訳で、直ぐに繋がるかどうか…それで「明日(26日)夕方」を選んだ。荻窪の、何十年も買い物に出慣れたタウンセブンの8階会場だ。「明日」は天気の心配もない。自転車と電車を乗り継いで行くことにした。

久々のタウンセブン屋上は、遊具が1つも無くなり(コロナ禍だから??)、人工芝が敷きつめられているだけ。それでも景色は昔と変わらず。

8229846_2558038867_208large.jpg

8229846_2558038870_105large.jpg

8229846_2558038869_201large.jpg

8229846_2558038873_5large.jpg

後期高齢者の夫には、会場と日時が決められた接種券が24日に発送されたそうで。。。会場と日時が決められての発送は、1回目と2回目の時の予約が大変だったから、との配慮だそうだ(確かに一人住まいだったら?ネットが使えなかったら?😓)。
26日夜に接種券も届き、翌朝ワクチンセンターに電話をし、1月28日に変更もすんなり出来、無事に接種も終わった。
・・・全くやれやれだった・・・が、二人共無事に済み、重〜〜〜い肩の荷が下りた思い。
とは言え、まだまだマスク、嗽、頻繁なる手洗いから解放された訳ではない。ウィルスとて変異を続けるかもしれない。


関連記事

雪の43年記念日 - 2022.01.06 Thu


そろそろ「金婚式」?と思うような長さが、まだ43年だそうで・・・

祝ってくれたのは「雪」!!
何年も外食すらしていない我々。特に二人で、となれば何年なんてものではない。
折角スノータイヤに替えたこともある。替えても1回も降られない冬もある。
という訳で、感染者が膨大な数にならぬうち、しかも早い時間帯の外食を、ということになった。

夕方の雪景色は、日頃見慣れた街も別の国のようで美しかった。

8229846_2557415539_1large.jpg

8229846_2557415454_101large.jpg

8229846_2557415449_58largeのコピー

8229846_2557415547_171largeのコピー

8229846_2557415448_190large.jpg

8229846_2557415444_236large.jpg

8229846_2557415443_42large.jpg

8229846_2557415447_109large.jpg

8229846_2557415369_27large.jpg

8229846_2557415372_74large.jpg


行き先は、これまた4〜5年ぶりの荻窪ルミネ。
正月明けで、生憎食べたいものは全て品切れで残念!!

待つ間、自撮り。これが難しい。自分のピアノを弾く指しか撮ったことがないので〜〜・・・

まさに年老いた証拠写真。
そもそも無計画に突然出掛けるから、髪の毛はボサボサの二人。無頓着も歳の所為。

8229846_2558249186_16large_convert_20220207101541.jpg


以下、お品書きの中から存在した妥協のメニュー・・(そんな書き方は罰が当たるぞ)

8229846_2557415612_135large.jpg

8229846_2557415610_52large.jpg

8229846_2557415534_134large.jpg

何かが足りない・・・パソコンの中を後日探すことにして、記念日と致しました。


昼間は、隣りから元気なお子たちの、雪と戯れる可愛い声が・・・
これが1番の「お祝い」だったかもなぁ。

8229846_2557415673_162large.jpg
(1枚しか見つからない。これも又いずれ)

関西の孫たちはどうしているのかなぁ……

写真は予めPhoto庫に入れてあったので、挟みつつ5分で書いた(間違いだらけかも)


関連記事

Skrjabin生誕250年記念の日 - 2022.01.06 Thu


今日は、スクリャービン生誕250年の日だそうで(1872年1月6日 - 1915年4月27日 )・・・

大好きな作曲家にも拘わらず、私の手は残念なことに小さすぎ、オクターヴしか届きません。しかもオクターヴでも、間に挟まった音如何によっては掴めない哀しさよ ・・・

唯一レパートリーにしたエチュードOp.42/5 cis-Moll

↓2006年にリリースした2枚組CD《樂の音に寄せて》に入れました。

gakunoneniyosete.png

スクリャービン:練習曲Op.42/5

宜しければ↑曲名をクリックでお聴きください。

今月中でしたら、私にお申し込み頂ければ、《樂の音に寄せて》2枚組(定価税抜価格3800円)を2500円にて販売致します(送料別)。
ウェブサイトのMAILのアイコンからメッセージをお願い致します。或いはこのブログのコメント欄に「非公開」でお書き下さっても大丈夫です。

Skrjabin生誕の話が宣伝になってしまいました



関連記事

2022謹賀新年 - 2022.01.01 Sat



少々体力を無くし、しかも寅の切り紙は神経を使いそうで諦めた。
そのうち試みようと思いつつ、暫くは無理そうで、24年前、つまり1998年のものを再利用(再々利用)。。。(;´Д`)。。。


2022nenga.jpg
(クリックで拡大なさってください)

今年はコロナの心配が減ることを何より望みます。




関連記事

コロナ禍のあれこれ(ほぼ2年ぶりの勉強会) -Czerny生誕230年- - 2021.12.27 Mon


漸くコロナも落ち着いてきた。
今を逃すまい!!と決行した勉強会。6名をMAXとして2組に分けて行った。

12月4日と19日。(19日の時は既にオミクロン株云々もあったが、今なら大丈夫!と信じた)

グタグタ書くまい。
プログラムを載せて報告に換えます。
(クリックで拡大なさってください)

2021120419_1.jpg 20210419_2.jpg 2021120419_3.jpg

久々に人前で演奏する難しさと楽しさ。何より久々の再会と再開に一同喜びました。

今回は主人の生徒(アマチュアのコントラバス奏者)が折角加わり…2年近く前の中止になった勉強会の折にも演奏する予定でした。曲は違いましたが。
Koussevitzkyのコンチェルト。折角私が伴奏もしますし、それも無料ですから如何に私が使っても自由、とばかり、他の皆さんへの勉強の機会とする私の日常です。
又、終わってから、コントラバスについて主人の指示にて、フラジオレットの説明・試演、又、コンバスを触れたことのないピアノの生徒たちにも、どんな楽器なのかを、直接触って音を出してみる・・・など、充実した時間となったようです。
その為の追記プリント。
(これもクリックで拡大の上、ご覧ください)

20211219zusatz1.jpg 20211219zusatz2.jpg 20211219zusatz3.jpg


無事に行えて良かったです。
これで年が明けてからであったら、オミクロン株感染者が拡がり、とても行えなかったと思います。

(以上・年が明けてからアップロード)




関連記事

クリスマスのご挨拶 - 2021.12.25 Sat


教会もコロナ禍からずっと遠のいたまま。
幸いZoomで出席。

せめて切り紙でご挨拶をアップロード致します。

8229846_2556897048_112large.jpg

ハガキに2枚を乗せてみたものの、入る訳なく、はみ出させて写真を撮り、文字を入れました。
このワードアートが、Leopardを最後に、現在使っているSierraやCatalinaに入れたものでは既定のグラデーションもフォントも無く、結局Leopardに移して文字だけは入れ直す。
息子が出張で頻繁に来ていた頃、WordよりPowerPointの方が使い易いよ、と言ってくれたが、そのまま放置。USBメモリで移動しながら加えて行く。

プリンタのローラーが又しても汚れが酷く、綿棒を濡らして何度も拭いた・・年賀状が無事にプリントアウト出来るよう、願うばかり。
何かが起きるのは、酷使した後ばかりで・・・


関連記事

コロナ禍の近況 -チェルニー生誕230年- - 2021.12.22 Wed


今年も残り1週間など、信じられません!!

時々、「どうしていらっしゃる?」と訊かれます。
緊急事態宣言が出ている間は、買い物にも出ずネットスーパー、レッスンは当初自家用車と自転車の方は対面レッスンOK、電車を乗り継いで来られる方は、LINEを使って動画をお送り頂き、それに対するアドヴァイス動画を送る、という方法を取っていました。ところが感染者が急増し、全面的にレッスンを停止した今年の夏〜秋。その後宣言解除となり暫くして感染者も激減、対面レッスンも再開しましたが、新しい訳の分からない変異ウィルスが登場し、今後はどうなりますか。
動画はスマホ1本で撮るので音は良くありませんが、何もしないよりはマシです。


練習の提案として最初に送る動画は無料で。
今年がチェルニー230年。30番練習曲、40番練習曲、左手のための練習曲をメインに、加えて60番練習曲も少々。

最初に送る動画を無料にしたのは、練習もせず(私の唯一の練習は、対面レッスンで弾くことなので)、無計画なノンベンダラリとした喋りと共に、ですから…ね。
その前、去年はタッチの基礎をLINEで何本も送った。
LINEで送信可能な5分は直ぐに経ってしまい、気付くと8分、9分…これはいかん!とタイマーを使うことにしてみた。

今年はチェルニーの年!と、来年になってしまわぬよう、最初の提案動画は、とても5分ずつ区切れるものでもなく、YouTubeで限定公開とした。気心の知れた生徒たち対象で作ったので、言葉も乱れています…でも、もしお役に立つのであれば、より多くの方にご覧頂きたいし、最近では私の周囲の方達が次々亡くなられ、私も無限に生きていられる訳ではないし…と痛感する。
それで、無計画な順番ながら、「無料動画」だけはブログに貼り付けることにした次第です。

Wordで打った箇条書きも生徒達に添付したものながら、当然動画はこの通りには進まず。
クリックで拡大の上、お読みください。

czerny1.jpg czerny2.jpg czerny3.jpg


7月18日に撮って送ったものは、音階メインのみで以下6本。
生徒たちに向けて、日常のレッスン同様に撮っておりますから、「ゴメン!」「失礼!」連呼しながら音を外しながら弾いて示すという何ともな動画。(1ヶ月経ったら削除するかもしれません)



(1月27日に削除しました)


その後、秋にはアルペッジョ中心に。
そうこうするうち、対面レッスンも再開出来、12月は2回に分けて勉強会もこなせました。

(タッチ3種類は貼り付けていません。いずれサイト【別館】に、補いの動画を少しずつアップします)

今は以上にて。




関連記事

久々の区の健診、他、朦朧とした記録 その3 - 2021.11.11 Thu


途切れ途切れの記録。

ご迷惑おお掛けしつつ、夜までかかって6年ぶりの調律も終わりました。
ベーゼンドルファーと言っても、私のはB-tech Japan Tokyoで常に管理して頂いています。
やっと「このピアノで練習しよう」と思えるようになりました。6年ぶりにピアノの練習!?です(スタインウェイもYAMAHAもあるのに…)。
Sさんには本当にお手数をお掛けし、申し訳なかったのですが感謝しております。



そして…又ピアノの上が山積みとならぬうちに「記念写真」。

IMG_7185.jpeg IMG_7186.jpeg


そうだ、区の健診の話から始めたのだっけ・・
11月2日に、ペットボトルの水分3本分近くを飲んでの超音波エコー。
「腎臓も膀胱も異常ありません!」「これだけの水分量を保てるなど、立派です!」と大きなお声でのお墨付きを頂いた。
やれやれ・・・一段落着いた。とは言っても、翌々日に膠原病でのかかりつけの病院で、片っ端から検体検査あり、3つの科をハシゴし、待ち時間にはいつものことだが、今回は前々日の検査もあったので、本当に疲れ果てた。いや、本当に、疲れ果てました・・・

おしまい。


関連記事

久々の区の健診、他、朦朧とした記録 その2 - 2021.11.11 Thu


遡ること1ヶ月。
私のメールアドレスがどうやら相手に届いていないのでは?という疑い。
可成り大切なメールに対して、一切返事が来ない。1人や2人ではないのだから疑う。
別なアドレスで尋ねてみると、案の定届いていない。電話で確認してみたところ、完全に届いていない!!
あれこれ工面し、これでどうだ! と、生徒達のグループメールに送信し、返信を依頼、更に返信して再度返信を乞う。
友人達数名のグループでも同様に。
これで何とかなったと判断。
けれども、その後もおっかなびっくり・・・
当然伝わっているであろう、と思ったことが届いておらずに、随分あちらこちらにご迷惑をお掛けした。
原因は、Zoomで使っているwebmailのアドレスだった(と推測)。「アカウントの再設定用のメールアドレス」の請求に常時使用しているアドレスを入れてはいけなかった!
全くもう・・何という頭脳だろう。一体何通「言い訳」「報告」「お詫び」「お願い」の類いのメールを送信しただろう。
やっと(多分)全ての解決が着いたと思う。

・・・・・調律、張弦の話の続きでした。
午前中は、私が切っては飛ばしっぱなしにした弦を、広いピアノの中を隅々まで探し、掻き集めてくださった。
それから張弦し、全体を調律。
何という依頼主だろう、6年も放置して・・・と申し訳なく思う。

「触ったり踏んだりしたら危ないので」と掻き集めてくださった切れた弦たち。
(クリックすると拡大されます)

F804EA48-F286-4A06-90CF-E4179E0CB6C3.jpeg

暇な私は、これを花が包まれていた紙に乗せてみる。
生憎PHOTOSHOPの類いは入れていないので、単純に「プレビュー」の「カラー調整」で遊んでみる。
他にやることはあるだろうに!!

IMG_7090のコピー弦5 IMG_7086のコピー弦2 IMG_7087のコピー弦3 IMG_7090のコピー弦7
 
IMG_7091のコピー弦6 IMG_7089のコピー弦8のコピー IMG_7089のコピー弦4 

弦の色を変えられたら良いのに・・・

ひとまず再度送信。





関連記事

久々の区の健診、他、朦朧とした記録 - 2021.11.11 Thu


10月は記憶も曖昧。
何だか慌ただしかった、その割に何もしていない、ましてやピアノは弾いていない・・・という記憶のみ。

3年ぶりに区の健診を受けた。
きっかけはインフルエンザの予防接種。
すぐ近所の診療所はワクチン入手が月末になると言う。今年は製造が少ないから(本当かな?)、早く予約をしないと無くなるとの情報もあり、折角高齢者枠の申し込みが来たことだし、次に近い内科に電話した。10月12日に夫と共に予約が取れた。
・・・肺炎球菌から1ヶ月も経っていないのに??全く問題ないそうで出向いた・・・
一昨年の暮れから風邪症状が治まらないこと、長くムコダインとレスプレンを処方されていることも話した。漢方薬を使ってみましょう! ということになり、麦門冬湯処方(うっすら過去に副作用として血圧が上がり、鼻血が止まらなくなった記憶もあるが)。

無事にインフルエンザの接種も済み、翌週20日に区の健診も申し込めた。夫は肺炎球菌ワクチンも申し込んだ。
こんなに立て続けにあれこれ受けて大丈夫なのか? と心配しつつも、医師が大丈夫だと言われるのだから大丈夫と信じる。

区の健診結果、夫は予測通り毎度の数値。
私はこれ又毎度の尿検査に引っ掛かり、翌週超音波(膀胱及び腎臓)の予約が入った。
驚いたのは、電話で予め聞いた「4時以降だと空いていますよ」というのが、どんどん混み始め、2時間以上待ったこと。
受付嬢も引っ繰り返りそうに吃驚していた。「今期、こんなに混むのは初めてです」だそうで、どうやら緊急事態宣言が解除され、幸い感染者の人数もどんどん減っている今の時期、それまで医療機関を敬遠していた患者達が一斉に受診を再開し始めた為らしい。かく言う私達も、コロナ禍の日々の「感染者数の増加」で一番に避けていたのは病院だから…。持病の予約受診以外は全て避け、今に至った。


避けていたのは、ピアノの調律もだった。常時使う2台は8月下旬にお願いしたが、10本近く弦が切れているベーゼンドルファーは、コロナ流行前から気になっていたのが、これは今直ぐ使う訳ではないから、世の中の予防接種が行き渡ってからだろうなぁ…と後回しになり、気付けば合計6年が経った。後回しの原因…というか憂鬱なのは、いらして頂くには奥行275cmもあるピアノの上を片付けねばならないこと!(蓋を全開にするので。) 飾り程度のものは僅かで、あとは私が片っ端から積み上げる楽譜、コピー、五線紙、その他CD-R、プログラム、分別も出来ないあれこれ・・・ピアノの周囲も歩けるように散乱物をどけなくてはならない・・・
最低限、ざっと分別して段ボールに取り敢えず突っ込んでおくだけの作業なのに、何日もかかった。疲れた。
B-techに連絡をし、10月28日にいらして頂けた。朝から、まずは切っては私が跳ばしっ放しにした弦の破片をピアノの奥深く探しては掻き集める作業・・本当にすみません!!深々頭を垂れる。

長くなりそうなのでひとまず送信。。。



関連記事

ワクチン漬け - 2021.10.23 Sat


(思い出して後日記録…まさに備忘録)

コロナのワクチン接種、区で一般の外来で受けられることになり、「少しでも早い方が」と日程変更したのは書いた。
6月18日と7月9日。
世によく言われる副反応は出なかったのだが、どうも最近耳にする「コロナに罹った場合の後遺症」に該当するような症状が次々出た。無気力、頭に靄がかかったような実におかしな「突然認知症になった!」という表現が相応しいだろうか。今日が何月何日なのか分からない。うたた寝から覚めると、「ここはどこ?」状態。家族は?母は?(あ、亡くなったのだっけ…と数分経って気付く)、夜中にトイレに起き、部屋を出ると「え〜〜っっと…右だっけ、左だっけ」と一瞬迷う。その他、嗅覚が全く消えた数週間もある、髪の毛がどんどん抜けるわ、咳は出るわ、ともかく倦怠感には苛まれたままだった・・・ウィルスを弱くしたものを体内に入れているのだからあり得る。けれどもそれらは日に日に良くなった(と思っているのは本人だけだったら怖い!)。

そして、それらが消えたと思ったら、今度は近所の診療所から電話があり、「3月迄だった肺炎球菌ワクチンはどうされますか?」と。
そうだ!忘れていた訳ではないのだが、指の怪我で外科通いにすっかり気を取られていた。
予約してあるのなら受けねば・・・と出向いたのが9月13日・・・とっっっても高額だった。そうか、3月いっぱいならお安く受けられたのね。そういう判断も認知症か??大体領収書も出なかったのだけは腑に落ちず、電話をして書いて頂けるように頼み、受け取りに出向いた。
それにしても怖いなぁ…コロナワクチン接種の2ヶ月後に肺炎球菌ウィルスを体内に入れて大丈夫なのだろうか?ど素人は何でも心配になる。

更に届いた高齢者用のインフルエンザワクチン接種!
もう、いい加減にしてくれ〜〜〜・・・身体が壊れる。でも、今年は早めに打った方がよいと、プロからの意見。
その近所の診療所に電話を入れたら、10月末にならないと入りません、という。
前後して、夫の肺炎球菌ワクチン接種のお知らせまで届いた。5年ごとの。
それなら、と別な内科にインフルの電話をした。こちらは予約制。10月12日に2人で受けた。隣りの駅だが車で行けば5分。それに合わせて、たまには区の健診も受けてみるか…二人共それぞれの持病でかかりつけ医はいるのだが、区内ではないから。日頃見つかっていない何かが見つかれば儲け物・・位の感覚で予約をした。夫の肺炎球菌接種の予約と共に。


たかがインフルエンザワクチンされど…翌日は爆睡で、もう頭も身体も使いものにならなかった。2人とも。

そして、10月20日、区の健診と夫の肺炎球菌ワクチン・・・
もう何も書けない。あまりに過密スケジュールだった。折しも突然冬の気候になり、身体は正直。

来週結果を聞きに出向くが、もうどうでも良くなった私・・・どうせ11月初めに大学病院で盛り沢山な科の予約が入っている。病院に行って疲れて寝込む、少しマシになり次の病院予定が入って疲れから寝込む・・・今年の後半はこんな反復で終わるのだろうか!??

とんでもない!!




関連記事

LPを大移動 - 2021.10.13 Wed


(記載日は、下書き保存したまま放置していたので忘れました)

きっかけは、夫の師匠であるLudwig Streicherの演奏のLPを生徒達に聴かせよう…だったと思う。

音楽用のCD-RWも沢山出て来て、音楽用CD-Rも勿論箱で沢山ある。これにコピーをしたら大勢に差し上げられるのでは?とのきっかけ・・・
それは良かったのだが、LPが・・探しに入れない。本棚と私の長〜いBösendorferの隙間は、ここに設置当時は楽々通ることも出来、LPジャケットの背を読むことも出来た。あれから17年!!たった17年の間に、夫はもとより、私はそのまさに「隙間」を通ることも、一応遠近両用の眼鏡をかけてもLPの背の文字は見えない・・・

・・・ずっと気になっていた。
思い立ったが吉日!とばかり行動する我々夫婦。何てこった・・・1000枚はあると思しきLPを(SPも混じり)手の届く場所に移動を始めた。つまり、双方の父達が所持していた画集や、母がせっせと写真を貼った滅多に開くことのない昔の分厚く重たいアルバム数十冊や、私たちがヨーロッパで購入した各地の分厚い写真集を始めとするあれこれをどけて(1段分ずつ)、その空いたところにLPを入れる。1回に摑む数は私が片手で挟める枚数。手は小さいが、よく開きます。握力もあります。LPが去った場所に今度は画集や分厚い諸々を入れる・・・の反復で半日過ぎたろうか・・・
う〜〜〜ん、自分達を褒めたいものだ!!よくやった!!(ピアノの蔭にもあります)

(写真はサムネイル。クリックすると拡大されます)
IMG_6959.jpeg


そして夫は持病の腰痛(座骨神経痛と化した脊柱管狭窄症にヘルニア)に、この後数日悩まされることに・・・
私はガバと開き過ぎた両手親指付け根にピップエレキバンを貼って過ごす・・・

この部屋に来てから一度も聴いた記憶のないPeter Minichさま、ごめんなさい!
久々に聴きながら、散乱したモノたちの片付けに勤しむ日々と相成りました。

IMG_6957.jpeg

いや、Minichだけではなく、過去の名ピアニストたちのLPも少しずつ聴こうと思います。
折しも開催中のショパンコンクールは暫くオンラインで聴けそうですしね・・・
(そもそも、夜中に視聴など考えただけで気が遠のく)



関連記事

備忘録として記しておくだけ… - 2021.10.08 Fri


昨日は(も)ショパンコンクールは視聴せずに、時間のある夜は「SONGS」を見ておりました。
山崎育三郎さんが、司会進行の大泉洋さんを実験台に(失礼、大泉さんのハモり、素晴らしかったです)、「ミュージカルへの道」とは言っていませんが、どのようにしたら「ミュージカル」の歌い方になるのか。それは呟くことから始め、「語る」「リズムは付けない」「歌わない」など。その変化を堪能しました。
な〜んだ!ウィーンのオペレッタと同じではないか!あぁ、我がPeter Minichよ!!(又誰かに笑われそう)Peter Minichがまさに「呟いている」「語っている」ところから音程も付けたり外したりするのです。あぁ、それらを頻繁にVolksoperで体験した留学時代は何と充実していたことか・・・
そのうちテレビは山崎育三郎さんの「栄冠は君に輝く」になり、・・・するとドッカーン!!とソファが突き上げられ、ガタガタガタガタとうるさく揺れ出しました。チャラーンチャラーーン反復の警報音、家の警報器も騒ぎ出し、テレビは突然地震速報に!
(内心「SONGS」の続きはいつやるの?と不謹慎な私)テレビは杉並区の様子も写し(阿佐ヶ谷の同じ場所ばかり)、徐々に駅や停止している電車(主に舎人ライナー)、バスやタクシーを待つ客の行列の様子、更に下水が噴き出している目黒や、停電している情報など、次々に出て、街中の様子が分かりました。
先日来、そろそろ次は東京かもしれない、と何かに告げられているような気がして、フルコンの上にある7枚連鎖の写真立て、複雑に変形可の…倒れることを怖れてカバーのガラス板を7枚外し、写真だけにしました(ここにアップ。クリックで拡大されます)。

IMG_6884のコピー


家のもう1箇所に同じ形・タイプの写真立て(こちらは孫達メイン)倒れたら必ず怪我をする!こちらもガラス板7枚外したのは一体??単に飾り始めてから気になっていただけでもありますが、何でも無精して先延ばししている私が動いたのは、決して自分で動いたのではないわ・・・と思いました。

ガラスのケースに収められた、義母が息子と娘それぞれにと作成した木目込み人形は、2階の出窓に引っ越している。ピアノの上から飛び落ちないように。でも出窓では窓ガラスに直撃するかもしれないので、地震用の下に敷くゴムのような(固有名詞出ず)ものを用意しないと・・・ガラスのケースを撤去することも考えつつ・・・

IMG_6887のコピー


SONGSは再放送の日時も分かり、ショパンコンクールは一次審査が終わったらしく、二次に進む方々の名前もネットに出ていましたが、1日目しか見ていないので…よく分かっていません。YouTubeで追いかけますか・・・
二次以降は少し視聴出来るかもしれません。






関連記事

何年ぶりかの墓参り&海の風景を味わう - 2021.09.29 Wed


(記載は10月7日…)

もう何年も義父母の墓参りをしていない、と気にする夫。
私も、コロナ禍ではつくづく「人生の限り」を痛感した。コロナに罹った訳でもないのに、おそらく自粛からだろう、身体を動かさなかったが為に持病が悪化し、一体何人の友人知人が亡くなったろう・・残念でたまらない。

義父母の墓は、いずれ私達も入る場所なのだから、たまには出掛けよう、と相成った。

(動画は編集実験中です)








8229846_2554035073_172large.jpg

8229846_2554035087_21large.jpg

8229846_2554035089_222large.jpg

8229846_2554035090_114large.jpg

掃除をし、お花を生けて、お線香に、手を合わせ・・・
天気も良く、暑すぎず、お参り日和でした。

8229846_2554035088_80large.jpg

葉山のChayaで一服。生クリームたっぷりのシュークリーム「スワン」、写真撮り忘れました。
浜辺で久々に海の音を耳にし・・・











さて、鎌倉へ行くか、江ノ島へ行くか、それとも?
3密を避ける意味でも江ノ島でしょう・・・

8229846_2554035437_38large.jpg

写真は甚だしく順不同にて失礼いたします。(…余りにも順不同!直せないほど)
エスカーも使わず頂上へ。海と空を堪能。

以下、サムネイルでアップします。
クリックすると拡大されます。

IMG_6782のコピー

IMG_6774.jpeg

IMG_6776.jpeg

IMG_6777のコピー

IMG_6786.jpeg

IMG_6785.jpeg

IMG_6806.jpeg

IMG_6812.jpeg

IMG_6814.jpeg

IMG_6827.jpeg

IMG_6832.jpeg



思い出すに、江ノ島は母が還暦、息子と娘がまだ幼稚園の頃に来て以来?だとすると65年ぶり位でしょうか。
随分変わっていて驚きました。



関連記事

備忘録(2021夏③) - 2021.09.06 Mon



ひと息ついた筈の「サイト別館」だったが、まだまだ落とし穴が・・・

Macでは、Safariで開くとインラインフレームの中が空っぽとなる。
でも、FirefoxとGoogleChromeでは問題なく表示される。

困った時の検索。
Mac、インラインフレーム、Safari、等の単語を取っ替え引っ替え思い付くまま入れて検索し、沢山の情報をゲットをすれども、結果は虚しいまま。インラインフレームを使っていそうなサイトのページのソースなども見てみる。
この数日は、こればかりに振り回されている。インラインフレームなど使わずに列挙するか・・・と諦めモード。
よほど相性が悪いのだろうとも思う。使い易いブログと連携させよう、とのいうのが甘かったのかもしれない。

10年ちょっと前に、サイト【本館】(別なレンタルサーバーで作った)現在も健在・・・あぁ、夫のサイトは私の【別館】と同じレンタルサーバーではないか!更新していない所為なのか、健在。

日に日に衰える指を何とかしないと…ピアノを弾くことなく何ヶ月経っても平然としている自分を嘆く



関連記事

備忘録(2021夏②) - 2021.09.03 Fri



纏めて書くつもりが、頭が空っぽで・・・既に備忘録すら書けない物忘れぶり??

6月初めに、「こういうコロナ禍だから、折角10年も前に作ったサイト【別館】に、ほんの数分ずつであっても動画説明でも入れよう」と思い付いた。
というのも、当初は本を補うサイトのつもりだった筈が、文章が増えて余計にややこしくなっただけ。「百聞は一見にしかず」を試みようと。YouTubeのような仰々しいものではなく、iPhoneで撮る数分で示せる動画で。言葉では誤解を招きそうなタッチやペダリングの話も、ところどころ動画で示せたらお互いに有難いことだ。

ところが!!この27インチのiMac(購入してまだ2年)では、何故か管理画面が開けなくなってしまっていた。それほど遠のいていたことになる訳だ。2017年購入のMacBookは無事に開く。けれども如何せん13インチ。目には限界がある。

27インチで開こうとすると、こんな表示が!Macのバージョンの所為では?とも思った。

接続はプライベートではありません

強引に「詳細を表示」をクリックすると、以前とは打って変わった画面!
色の違うicon、中国の文字に見える漢字体、どこもクリック出来ない。もしやハッカー!?ウィルス!?

それこそ電話サポートをお願いしたいと探したが、電話番号は皆無・・・仕方なくヘルプから(だったかすら曖昧)文章で質問を書き送った。
頂いた回答は、本来サイト作成に慣れた方ならスラスラ解読出来るのでしょうが、楽譜しか読めない(いや、最近は楽譜も危うい)私には、まるで外国語の羅列のようで・・・

それでも2ヶ月間(!?)に30通位、質問を送り続けただろうか。その都度、丁寧な(けれども豚に真珠、馬の耳に念仏、のような…)解説や参考のURLを貼り付けて頂き・・・知らない単語は自分で検索もしたが、もうとっくに忘れてしまった。「TLS1.2に対応しております新サーバーに移行」とか「新サーバーにて利用頂ける機能やスペックを以下に記載(何十行にも渉る、見たことのない単語だらけのご説明)」とか…以下略。

先ずは、期限を7月11日に延期し、取り敢えずのアカウントをレンタルサーバー側で作る。その前段階として、現在の中身を自分で(コピペではなく)フォルダやファイルごと保存してから、全部すっぽり引っ越す。勿論27インチもあるiMacは使えないから、目がショボショボして30分が作業限界の13インチのMacBookで。どうもMacのヴァージョンが関係するのでは?と相変わらず睨みつつ、でも気長に・・・「右クリックで」と書かれてあれば、私はトラックパッドしか使ったことがなく、え〜〜〜っ!?状態。ネット検索して、なんだ、間違って触ってしまうことのある「あれ」か…と判明するレベル。取り敢えずそんなこんなでも保存は出来、でも、この時点で期限切れ。8月11日に延期してもらい、一応コピペでテキストエディットやワードにも念のため保管。

私のサイト作りは、あたかもC-Durの全部が4分音符の楽譜しか読めない方が、♯や♭満載、且つ付点音符や64分音符満載の楽譜を読んでいるかのよう・・・とても8月11日には間に合うまい・・・更に9月11日に期限を延期して頂いた。

でも、その時点で殆ど出来ているようで、あとは、「仮のIPアドレス」を入れれば終わるらしく(ここで又一悶着、いや、無能な自分と闘ったのだが)、その後レンタルサーバー側が「新」「仮」を合体させ、元のURLで使えるようになるとのこと・・・それが8月頭。

毎日ピアノとは全く向きあうことなく、「パソコンと向きあう」。

めでたく作業終了。延期した8月の期限より前に。
係わってくださった方々にはとても感謝しております。
それから、娘の大学時代の友人(学生時代、既にMacの雑誌編集などされていた)にも質問をし、1通、簡潔且つとても分かり易い返信を頂き、感謝するばかりです。

万歳!!

餅は餅屋!!
このサーバーは、ひょっとすると会社運営の為に使うようなレベルのものだった!?!?
メールアカウントを「300」!設定出来る箇所を見て、ハタ!と気付いたのだった。

・・・折角サイトが(27インチのデスクトップ型で管理できるように)生き返っても、どっと疲れは出る、頭は停止する・・・
動画ねぇ・・・iPhoneが壊れる前にしなくてはねぇ・・・

と思いつつ、次の作業、難病(皮膚筋炎/多発性筋炎)の受給者証更新手続きに移行したのでした。


関連記事

備忘録(2021夏①) - 2021.08.28 Sat



何故年々作業が大変になるのか分からない。
「皮膚筋炎/多発性筋炎」(膠原病のひとつ)という持病が為に更新する夏が毎年やって来る。
送られてくる「指定難病受給者証の更新手続きのご案内」という冊子は、こんなにも分厚かったっけ?物忘れ激しい…
去年までは、チャチャっと書き込み、貼り付けるものを貼り付け、後は夫に頼んで納税証明書だの住民票を出張所へ取りに行ってもらい、保健センターでの提出も、それ用の委任状を添えて夫に出向いてもらって終わった。

今年の「更新手続きのご案内」は読んでも読んでも先に進まない。何が分からないかも分からない。こりゃぁ本当にボケたに違いない!
毎年揃える書類を取りに出張所に出向いてくれた夫も、出張所の担当者も、う〜〜〜〜ん・・と首を傾げたまま、結局先に進まなかった模様。
8月末までの提出期限も近付き、「もう、電話して訊くしかない!!」・・・それにしても、今年は一体いくつの分からない用事であちこちに電話をかけたろう…その繋がるまでの時間たるや…で過ぎており、電話に甚だ悪印象を持っていたのだ。でもこうなると電話するしかない。

(嬉しいことに)予想が外れてすんなり繋がり、予め付箋を貼った箇所を質問すると、何と!「マイナンバーによる情報提携を希望する方」扱いにすれば、分からない分からないと騒いでいた全ては提出をせずに済み、納税証明も世帯の所得確認の書類も、その他諸々、住民票までもが不要となるのだそう。
ものの5分で解決した・・・
そして夫と私それぞれの新しい健康保険高齢受給者証、従来の保険証、運転免許証、マイナンバー通知書などをコピーし、保健センターに出向いていとも簡単に申請出来た。やれやれ…そして折角揃えて首を傾げていた数々の書類は手元に残った

どうしてカードを勧められるの!?で先延ばしのままだったマイナンバーカード、もしかすると我々にはメリット大かも。
…ひとつ学習した

でも!「マイナンバーによる情報連携を希望する方」は、最後のページではなく、最初のページに書いて欲しい!!
若しくはネットで申請するとか・・・貼り付けるべきファイルも貼り付ける仕様にして・・・


この夏のあれこれを纏めて書こうとしたが、疲れてしまったので今日は以上・・・

関連記事

又機械に振り回される - 2021.06.07 Mon


5月初め迄使えていたバックアップ用外付けHDDが壊れたらしく、6月初めは終了と同時に「準備中...」と出てウンともスンとも動かなくなった。
仕方がないのでお手紙書いた、もとい、新しくMac対応の2TBのHDDをネットで購入、昨日届いた。添付の説明をいつも読まないのが悪いのかも、と砂つぶのような文字も読もうとしたが、如何せん見えない❗️サイトのURLから60ページ近い説明PDFを両面プリントアウトしたが、うっかりブックレットを触ったようで、やはり見えない❗️
えーーい、バックアップしてしまえ!といつものように開始。
「新しく」なので1.03TB。「準備中」に一体何時間かかったことか…
やっと開始して暫く経って「残り時間6時間」とな…
買い物をネットスーパーに頼んでおいて良かった😩💦身動き取れず1日がかりで、やっと「残り45分」。終わったら「ちょっとそこまで」程度の外出も無理っぽい。
ちゃんと終了してくれることを第一に願うばかりの長〜い1日。
バージョンを新しくするよう、毎日コメントが出るが、しません!コメントに従うと必ず何か起きるから。
やれやれ…

8229846_2550323816_218large.jpg

「残り38分」から進展しない。こんな文句を書いているのがパソコンも分かるようで、今回も「頑張ってね♪」「いい子ね♪♡💮」とおだてているところ💦


関連記事

ワクチン接種日、10日早めることが出来た - 2021.06.03 Thu


1回目のワクチン接種クーポンが届いたのが5月初め。早速ネットからすんなり申し込めたが、希望会場は既に無く(未だ無く?)最速で6月28日。1ヶ月以上先の話!?まぁ仕方ない、と諦めた。

そのうち、他区での「基礎疾患のある人を優先して接種」など、高齢者に対する扱いも変わってきているニュースを見た。
我が区は?と調べたところ、会場が3つ増えていた。いずれも天気が良ければ自転車で行ける範囲!しかも、接種が「6月1日から」と「6月7日から」とがある。
翌朝一番で「ワクチン接種コールセンター」に電話をした。(前に書いたが・・・)「混み合っております。おかけ直し下さい」は無視してじっと待つ。0120ではないから電話代もかかるだろうが、一旦切ったら最初から待ち直すことになるのではないか、忍耐強く電話代も気にせずに待った。
やっと繋がったが、まずは6月28日の既に予約してあるものをキャンセルしないと申し込みは出来ないとのこと。そんなことしていては、「二兎追うものは一兎をも得ず」状態になってしまうではないか!!キャンセルが後ではいけないの?と心穏やかではない。基礎疾患持ちの高齢者であることを告げ、とても大手町まで公共の交通機関を使って出向くことは選択肢にないこと、コールセンターでキャンセルと予約をしては貰えないのだろうか、ということを訊いたが、キッパリ「こちらでは致しません」と言われた。
せめて3つの病院の空き状況だけでも…と訊いた。親切にも1つずつの病院の状況を調べてくださった。けれども予測通り、空いているのは6月も後半、それも片手の指の数ほど・・・
やれやれ・・・諦めた。
「今後も増える可能性があるのでサイトでこまめにチェックしてください」とのこと。サイトを開けない人はどうするの?

そして、言われた通り、こまめにチェックしていたら、6月2日から又2つの接種会場が増えていた。
まず保健所に電話をして、前回の「キャンセルをしてから云々」の件を話し、それと「難病持ちである人は、どうしたら取り易いか」尋ねてみた。難病の申請・更新は全て保健所で行っているからだ。「コールセンターに、その旨をよく伝えてみてください」とのアドヴァイスを得た。
即刻コールセンターに電話をした。1つの会場はもう空きはないとのこと。接種開始日が6月7日からなのだろうが、何て皆さん素早い!!
でももう1つは残っており(接種開始日は14日)、状況を訊いたところ、最速で6月18日とのこと。「枠数はもう僅かですが」とも。10日も早まることになる。ということは2回目も10日早まり、上手く行けば7月上旬内には終わる!!・・・「でもキャンセルしたり、グズグズしているうちに埋まってしまうこともありますよね?」と、前回言われたことを告げた。又、難病云々も伝えた。「それは大丈夫です!この電話でお待ち頂くことになりますが、こちらでキャンセルして新たな予約も入れられますから」と

区も色々検討して改善を図っているのだろう。
いやはや、良かった、助かった!!の日でした。


関連記事

2ヶ月分の備忘録/ご無沙汰の言い訳 - 2021.05.31 Mon



指はお蔭様でしっかり9割以上治った。ただ油断大敵で、出先の下駄箱(靴棚?)に靴を入れようとして、小指を突いたり擦ったり…「あっ!」と思った瞬間に2割ほど後ずさり。でも、よほど本気で鍵盤を強打する以外は支障なし。絆創膏を念のために貼っておけば良いレベル。外出時に絆創膏を貼る習慣を付ければよいのだと何かあってから反省する粗忽者。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

この数ヶ月はとても繁雑な事務に追われる日々だった気がする。
・・・毎度のことながらその過程で伴う「文明の利器」に往生していた、ということか…。
必要なサイトの中のPDFファイルを読むのだが、最近はパソコン画面上ではとても読めない。27インチのパソコンでなら文字は読めるが、余りに広い画面!目が左右の往復で疲れてしまう。一行を飛ばしたり、逆に重複したり。
プリントアウトして付箋を貼ったり蛍光ペンで「ここ!」と線を引いたり、が一番

ところが酷使し過ぎたのか、その大切なプリンタが壊れた HP(ヒューレットパッカード)に電話をかけるのだが、繋がるまでの待ち時間たるや…やっっっと繋がり、質問に答えながら次々こなして行く中…(内心それは自分で既に確認した、と言いたくなるようなレベルから始まり)感謝の気持ちは忘れずに… そのうちに電話サポートしてもらってもなかなか上手く行かない段階となる。電話の向こうの女性は忍耐強く次々指示を出しては試してくれる。老骨に鞭打って何とか着いて行く。そして最後は、よく紙詰まりの時に開く場所を開き、ローラーを綿棒で拭く作業と相成った。(その時は内心、「預けてやって頂けないの!?」と思ったが)教わったことで、次回同じ症状が出た時には自力で出来る!!無料で付き合ってくださった4時間には感謝あるのみ。
きっと10年と言わずとも、5年若かったら苦でもなかったに違いない。待ち時間を含めてとは言え、軽くかかった4時間、ひたすら指示されたようにこなすだけなのだが、何と疲れたこと・・・

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

さて、我が家のWi-Fiは、目一杯防音を施した音楽室では繋がらない。もう15年以上、それが当たり前になっていたが、J:COMの定期点検の折に尋ねてみた。「ポッド」というルーターを増やしたら良いのではないか?とのこと。鉛のシートが何枚も入った壁の部屋にも拘わらず、コンセントに差し込むだけで繋がるかもしれないそうだ。新しいものが次々開発されているらしい。これも以前に聞いてはいたが、工事とまでは言わずとも、業者さんに来て貰って作業して頂くとなれば、何時間も身動きが取れなくなることは見えるので、時間が惜しくて先延ばししていた。コロナ禍こそ時間は充分ある!今を逃すまい!とお願いした。
そして「ポッド」を1つ増やした。我が家のルーターは「AirMac」を型を新しくしつつ20年も使っていたが、こちらは「さようなら」と相成った。
さぁ!これでプリンタも生き返ったことだし、頑張れるぞ!!
ところがそのWi-Fi、パスワードが変更となって「12桁」。家の4台のパソコン、タブレット、スマホ・・・根気強く12桁を入れることとなった。
困ったのはプリンタ!!12桁も入らないのだ。今までは8桁だった。あてがわれた数字列を入れると、まさに8つ目くらいでスペースが無くなる。又電話サポート???
もう時間切れ。「電話が繋がるまでの時間」は優先順位から外れた。暫くはその都度コードで繋いでプリントアウトしよう。以前はそれが当たり前だったではないか!と。結局以来まる1ヶ月コードに繋げてプリントアウト・・・便利だったスマホでカシャ!!と撮ってプリンタにWi-Fi経由で送ることは出来なくなったまま・・・そろそろ待ち時間も覚悟して電話してみるか・・・

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

極めつけの待ち時間は、後期高齢者枠の夫のワクチン接種のネット予約だった。
我が区は何かと遅い!4月30日に予約開始というのに、クーポンが届いたのは28日!そして説明を読んだ。何だ、接種日を予約するなら、私がスマホでQRコードを読み込んで申し込めるではないか!
・・・と思ったのは甘くて、申込開始の30日はもう大変だった。区では開始日だったからか、繋がらないまま一時停止になり、準備してあった「駄目な日を省いた希望日」と「希望の会場」を選択してメモをしてあったというのに、クリックする度に「ただいまWEBサイトへの・・・」が何度も何度も出た。

8229846_2550053191_74large.jpg

そして、とうとう・・・

8229846_2550053168_106large.jpg

ニュースで知った。高齢者に代わり、子供や孫が作業をし、「連打」でリロードをするものだから、こういう不調となっていることを。
行きつ戻りつしている間に、どんどん枠も減って行くのが見えて、希望の会場を選ぶ度に「ただいまWEBサイトへのアクセスが・・」と出て堂々巡りをしているうちに、何と!!希望の会場も無くなり(選択肢の中には存在せず)、避けていた日が自動的に予約されてしまった! もう疲れたので、夫には、その入っていた用事の時間をずらしてもらうことになった・・・

予約出来ただけ良かった。夜中まで??と一瞬頭をよぎっていたから。

私自身の予約は後日(65歳から74歳の枠)5/6から発送開始とのことで、ベビーブーム世代を覚悟したが、いとも簡単に予約が出来た。とは言え、出遅れたのか、希望の会場は選択肢に無くなっていた。日程も6月末も末!皆さん早すぎ!!いや、選択肢がサイトに出ていないだけなのかもしれない。

夫は5月18日に無事に接種第1回目終了。翌日には2度目の接種の予約、今度はいとも簡単に進んだ(やはり希望会場は無くなっていたが)。1回目なので特に後遺症も問題なく…翌日月1回の主治医の定期健診を受けたら、主治医ご自身が接種した箇所に湿布薬を貼っていたそうだ。2回目は痛みも酷いらしい。

数日前、自転車でも行ける近い病院が3箇所加わり、接種が「6月1日から」「6月7日から」とがある。コールセンターに早速電話をした。「混み合っております。おかけ直し下さい」は無視してじっと待つ。0120ではないから電話代もかかるだろうが、一旦切ったら最初から待ち直すことになるのではないか、忍耐強く電話代も気にせずに待った。
やっと繋がったが、まずは6月末の既に予約してあるものをキャンセルしないと申し込みは出来ないとのこと。そんなことしていては、「二兎追うものは一兎をも得ず」状態になってしまうではないか!!キャンセルが後ではいけないの?と心穏やかではない。基礎疾患持ちの高齢者であることを告げ、とても大手町まで公共の交通機関を使って出向くことは選択肢にないこと、区内ので可能性はあるのかどうか、せめて3つの病院の空き状況だけでも…と訊いた。親切にも1つずつの病院の状況を調べてくださった。けれども予測通り、空いているのは6月も後半、それも片手の指の数ほど・・・
やれやれ・・・諦めた。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

5月半ば、久々に階段の最下段で見落とした「最下段」。
我が家は、理由はいくつかあったが、ちょっと見落としやすい「一番下まで来ましたよ(つまり、ここから廊下)」の段。
もう1段ある錯覚で降りてきて、脚がカクっとなる。それで「ここから廊下」と分かるように小さなカーペットを敷いているのだが、この日は持っていたヒラヒラした布で足下を見落とした。

8229846_2550088233_22large.jpg

2階に居た夫がビックリするほどの音を立ててコケてしまった・・・
それが水曜。正座をしようものなら悲鳴モノ。又、私はソファの上でも正座をするので、固い部分に膝がぶつかっては悲鳴。一応整形外科にも行った。3週間以上かかるが、打撲は打撲。触れない限りは痛まないので放置している。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

ショックな出来事は、我々の室内楽仲間、最近ではコンマスをお願いしている先輩が亡くなられてしまったこと。
以前より、自己免疫性の「間質性肺炎」(免疫不全からくる病気で、自分で自分の肺に炎症をを起こさせてしまう)で酸素を持ち歩いていることは知っていた。大学の1年先輩。長く夫の大学の同僚でもあった。
穏和でユーモアのある方だった。
丁度一年前、そのような自己免疫疾患での「間質性肺炎」に堪能な病院やお医者さんをご存知でしたら、と相談を持ちかけられ、間に立って紹介することが出来、安心していたのだが。
それに関することは又いずれ・・・

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

数日前は固定電話の子機の件。もう何年も使えず、おそらく充電池が空になっているのだろう、と駄目元ながらAmazonで同じ形で「ニッケル水素充電池」「2.4V 600mAh」と書かれてあるものを注文してみた。電話器そのものの型が古いのは分かっているが、今の状態では2階の親機は使えても、階下の子機は全く用を為さない。届いた充電池は案の定微妙に差し込み口の形が違って使えなかった。何かぴったりの充電池は存在せぬものか?NTTに電話をして訊いてみた。この電話が又しても繋がるのをひたすら待った。その後、型を調べるから一旦切ります、とそのまま半日待った。
結局新品を購入するしか選択肢はないらしい。或いは子機はこの数年使っていなかったのだし、無いものとするか・・・エンドレスの「やれやれ…」は無限に続いています


粗忽者の小指先端。ピアノ弾きでなければ至極正常。何でも出来ます

IMG_5469のコピー



関連記事

新しく増えた検査 - 2021.04.01 Thu



朝一番で検体検査。皮膚筋炎・多発性筋炎のための。
今現在は、腎臓内科が私の膠原病全体を診てくださっている。

前回「新しく検査項目を加えておきます」と言われていた検体検査の結果が出ていた。
その昔は漠然と、「皮膚筋炎・多発性筋炎では、体内に癌が潜んでいることが多い」とされていたが、色々なことが明確になったそうだ。
今回、初めて調べた「抗TIF1-γ抗体」が「+」になっていた。これが、その体内に癌が潜んで云々の抗体。
何年か前、非常勤講師として通っていた(実際には多くを学ばせて頂いた結果になっていた)浜松医科大の戸倉教授の講義で教わったような気がし、その後当時の主治医に検査をお願いした気がする。ただ私が(まるで小中学生のように)手のひらにボールペンで抗体名を書いて出向いたので、滲んでしまい、結局受けられなかったのか、はたまた検査項目一式には入っていなかったのか……今まで調べた形跡は無いとのこと。
ともあれ今後暫く腫瘍マーカーや全身のCT、そして再度の抗TIF1-γ抗体を調べて行くことになった。
新しく癌が潜んでいたら困ってしまうので。
その浜松での記録はこちら。戸倉教授の許可を得て載せたものです。

後日浜松の教授にご意見を伺った:1998~1999年当時はそのような検査項目が無かっただけで、もし受けていたなら乳癌が故に「+」であったろうとのこと。そして一旦「+」になったものはずっと「+」のままで、今回新たに癌に罹っている訳ではないだろうとのことだった。



皮膚科の受診もあった。
指先の赤みがなかなか退かないこと、(あんなに切ったのだから、早く元通りになれ、は時期尚早と思えど)折角皮膚科に来たのだから、と診て頂いた。
「もう治っていますよ。何も覆わなくても良いのでは?」と言われた。それはそうなのですが…あちこちにぶつけては「イタタタ・・・」なので、出掛ける時は予防的に、という説明をした。

この指先だけ診れば「治っている」なのだが;
IMG_4779のコピー


ピアノを弾くには、↓の右手小指の先のように、タコのように固くなっていないと弾けない訳で・・・
右の小指のコピー

「イタタタタ・・・」防止のためにケアリーブを1枚貼って備えているが、それでもうっかりforteで弾こうものなら悲鳴モノ。

訳の分からない記録となってきたので、ここでおしまい。




関連記事

順調に治りつつあります - 2021.03.26 Fri



通院は3月10日に卒業し、もう日常生活では普通に使っている小指。
パソコンは(相変わらず「A」のキーに小指をほぼ固定の)ブラインドタッチも痛みも感じることなく打てています。

ピアノは、ケアリーブを貼って、「ついうっかり弾いてしまった!」時の為に備え・・・



※こういうものは…と思われる方もおありかと、小さくアップしておきます。

3月19日の指先

20210319.jpg

この段差になっている皮は??と思っていたところ、徐々に剥けて、「ついうっかり」に備え、念のためにイソジンゲルを軽く塗ってケアリーブ。
徐々に段差も消えてきました。


3月23日の指先

20210323.jpg



3月26日の指先

20210326.jpg



治りだしたら早い&速い!!
あとは「ついうっかり」に気を付けて、ピアノも左手第5指は使わない。mp〜mf位なら「ついうっかり」も何とかなる。
音階は第5指を母指に置き換えて弾く。寧ろ練習になる。オクターブも第4指で届くところは置き換える。
(と言っても、何だかんだとバタバタしており、ピアノに手を触れない日の方が多いのだが💦💦)
1〜2ヶ月後には普通にforteも弾けているのではないかと推察。バスの音量次第で全体の響き、ハモりも変わりますから、存分に鳴らせられる日の早いことを願う。

皮膚の中の赤い部分、触れば痛むが、もう少し盛り上がってくる筈、と期待しているところです。


関連記事

通院は卒業 - 2021.03.10 Wed


1時間に2本しかないバスでいつものクリニックへ。
3時半を境に、前は乗客ガラガラ、後は下校時になるらしく複数のバス停でドッと乗り込んでくることが分かった。

クリニックでは「今日で通院は卒業です」となった。
あとは、出来るだけ何も貼らず、巻かず、空気にさらして普通に生活すること、入浴も血流が良くなるのでお勧め、それも何も貼らずに・・・といった注意。粗忽者としては不安がよぎる。絆創膏を貼っていても、うっかり壁で擦ったり柱に突いたり、何度痛い思いをしたことか。
ピアノだけはなぁ…まだまだ保護が必要。先生も認める。


今日の最大のショックは、前回、別な病院の明細書や領収書、検査結果(骨密度の詳しいレントゲン結果)などの入ったファイルを待合室のソファに忘れて帰ったそうで、受付嬢から渡され、それまで全く気付いていなかったこと。いよいよ危ない。
よ〜〜〜く思い出した。そうだ、着いたのが余りに早すぎ、時間潰しに苺大福を購入しに出て、戻って荷物を1つにしようとリュックの中身を出して一番下に押し込んだのだった!その時に出したファイルを置き去りにした…という記憶は飛んでいるが、そういうことらしい。
やれやれ (絵文字がいくつあっても足りない心情)

苺大福は買わずに鋭角斜め前のバス停から乗って帰宅した。
疲れた1日だった・・・



※指の経過画像。こういうものは…と思われる方もおありかと、小さくアップしておきます。

3月3日

20210303.jpg


3月4日

20210304.jpg


3月7日
デュオアクティブETが届いたので、自分で被せてみました。最も体液は殆ど出ていないので、効き目は分からない。

20210307.jpg 20210307_2.jpg

ひと昔前には考えられなかった「自分の体液で、つまり自己の治癒力を使う道具である「デュオアクティブET」、素晴らしすぎ!!


関連記事

ちょっと遅れた雛祭り - 2021.03.07 Sun


皆でどこかしら体調を崩し、3月3日の雛祭りは7日に延期。

七段飾りは、1983年娘の初節句に間に合うようにと義母が木目込み人形で作ってくれたもの。
今は亡き義父母、私の父母と祖母も元気。何と若い!!今の私より遥かに年下だもの。

8229846_2414018421_88large.jpg
じっとしていないやんちゃ息子(今は男の子2人の父親)が、お雛様へのお供えをいじって、義母と姪と我が夫に叱られている様子と、一同整って座っている写真(私が撮しているので私は写っていません)。

隅でちょこんと父親の膝に座っている主役の娘も、今は女の子2人の母親となり、お雛様もその子供達のために飾られています。
(今年の雛壇、下まで入らず)

8229846_2414025733_131large.jpg


上の孫娘が小1になり、下のは4月から幼稚園。
お雛様の写真を見るにつけ、時の過ぎる速さと成長の速さに愕然・・・爺婆の老化の速さにはもっと愕然・・・


そうそう、まだ孫達が生まれる前の2011年のお雛様は、娘夫婦が同じ区内ながら手狭なマンションに住んでおり、娘の為に我が家に飾ったものでしたが、折しも3月11日の大震災!!家は大きく揺れましたが、雛壇は雪洞が片方倒れただけだったことを思い出します。
8229846_2401399777_63large.jpg

その震災の日、新宿の高層ビル四十数階で仕事をしていた息子、デスクと共に床を滑るように右へ左へ、窓の外の他のビル群と交差するように揺すられ、ここで終わる、と思ったそうだ。想像に余りある。エレベータも止まり、階段で地上に降り、営業先に連絡すれども電話は繋がらず、保育園に預けている息子を迎えに行かねば、と青梅街道を歩き出したものの凄まじい人数の行列はテレビで見た通り。公衆電話もなく、あっても行列・・・やっと電話が我が家に繋がり、夫に何とか保育園(当時萩山在住だったか?)まで送って欲しい旨。夫は荻窪駅近辺でピックアップ・・・行きはよいよい帰りは大渋滞で深夜に帰宅。
翌日だったか、一家で我が家に来ていた時、テレビで福島の原発の爆発を皆で目の当たりにし、茫然自失…


雛祭りでした。
その後上の孫が生まれた頃は我が家に住んでおり、レッスン室に飾ってちらし寿司でお祝い。

8229846_2414018420_167large.jpg 8229846_2414018419_65large.jpg

手狭になり、家を建てて独立した後も、お祝いは新居で一緒に。
8229846_2414018417_174large.jpg 8229846_2414018424_251large.jpg 8229846_2414018427_118large.jpg

ちらし寿司だけは今でも私の担当。
毎年卵10個分の錦糸卵…今年はご飯の量に対して何とも多すぎでした。海苔も。色とりどり鮮やかな具が全部隠れてしまった。計算がすっかり出来なくなって…以前は食べる量が全員多かった。
8229846_2414018423_121large.jpg


娘特製のお雛様ケーキ。
8229846_2414018422_42large.jpg


・・・とパソコンの中の写真を並べてみただけ(そのうち、あれは誰?これは誰?になるに違いないので)・・・


関連記事

指・更にその後 - 2021.03.03 Wed


いつものクリニックに着いたら、30分早すぎて、これから掃除をするところだ、と言われ、結局例の店へ。

8229846_2401393367_138large.jpg

えっ!?600円なの?今日は・・と一瞬慌てましたが、600円のと280円のと2種類あり(苺の違いらしい)、勿論後者です。その他、よもぎ餅のやわらかい大福(明日まで賞味期間)も購入。

8229846_2401393366_53large.jpg

店は10人も並んでいたというのに、ジャスト3時に病院に戻れた。

小指の先、順調に改善されつつあるようで、体液を使って治すというシート(明細票によれば「皮膚欠損用創傷被覆材」と印字されている)が本当によく効いているので、何という名称か尋ねた。「デュオアクティブET」というそうだ。処置に改めて感謝!あとは覆わずに空気にさらしておいた方が皮膚が厚くなってくるとのこと。でもそれで万が一何かにぶつけたら怖いものがある……
何か起きた時には勿論「キズパワーパッド」でもOKだそうですが、先生によれば、キズパワーパッドは硬いというか小指の先には相応しくないようで、ひと工夫必要なのだそうです。
「病院の、その『デュオアクティブET』を1シートお分け頂けませんか?」と厚かましく訊いたら、通し番号が付いているそうで不可能とのこと。「でもネットで買えるらしいですよ」と患者さんからの逆情報を教えてくれました。

その後、夕飯の支度も億劫にて、駅の紀伊國屋で大きな大海老天重を2パック購入・・・きっと衣揚げに違いない・・・💦

8229846_2401393415_140large.jpg


諦めていた1時間に2本のバス、50分発が停まっていたので走りに走った   飛び乗った  ・・・乗客は私だけだった・・・

帰宅して、早速「デュオアクティブET」をネットで検索。Amazonは医療従事者に限るようで、楽天で注文したところです。はてさて・・・大枚叩いて購入したが、思ったのが届くかどうか・・・


後日追記;
こんな感じのものです。大きなのが届いてしまったので、小さく切って使います。

デュオアクティブET



関連記事

偶然テレビで見た - 2021.03.02 Tue


先日、例の指先のことで「体液を使って治すのが主流です」と医師に言われ、「体液とは血漿ですか」と質問したところ、「そうです。あとはリンパ液や水分(細胞の?)…」と答えて下さり、そうか…どうしろうの頭も満更捨てたものでもない…と思っていた。
昨晩夜中に(余りに国会中継の再放送が喧しいので起こされ)チャンネルを替えたら、「体液が…」とやっているではないか!?
"HUMANIENCE"という見たことのない番組だった。体液のひとつ、血漿の中の蛋白質が関係しているらしい。以前だったら輸血をするところ、自分の持っている血漿中の蛋白質が治療をするそうだ。途中からほんの少しだったが、現在受けている治療が最先端で全く正しいこと、頷けた。

関連記事

その後の2回の受診 - 2021.02.28 Sun


2月22日

大御所・元院長の居られる日を選んで受診。
まだですね、欠片が思ったより大きかったのでしょう、と言われた。それで私も、欠片は救急に持って行き縫って欲しかったが、感染症を起こすとの理由で捨てられた、という経緯を説明した。「確かにそれもそうなのです。でも比較的大きな欠片なら縫い付けることはあります」と。
更に詳しいご説明:一時期はガーゼで体液を吸い取って治療する傾向にあったが、最近では体液を使った方が皮が早く張ってくることが判明し、それ用の(明細票に「皮膚欠損用創傷被覆材」と印字されている)シートを使うのが主流になっている。それが市販では「キズパワーパッド」という名称で売られている。
病院ではとても薄いシートで、それを傷口のサイズに丸く、しかしゆとりを持ったサイズに、周囲に細かく切り込みを入れて周りから囲って貼り付ける。外れないように細いテーピングでグルグルっと固定。恰幅の甚だ良い先生が、爪より小さな円形を切り取り、こんな細かくハサミで切り込みを入れる作業…私の小さな折紙での切り紙以上の器用さだわ・・・といたく感服。それもそうだ!!日頃救急車で運び込まれてくる患者さん達の体内を、細かく切ったり縫ったりしておられるのだもの・・・
「はい、おしまいです」・・・えっ!?これも最近の主流?シートを透して切り口が丸見えではないか・・・真ん中が赤く、その周りが体液の色、輪郭は白い新しい皮・・
ガーゼで隠して頂けますか?とお願いした。買い物してレジで財布だのカードだの出したら丸見えだから。
看護師にガーゼとテーピングでカバーする指示を出して下さった。その間も具体的な説明に余念がない。私が、パソコンの「A」のキーに小指を固定してブラインドタッチで打つので、せめてパソコンのキーだけでも打てるようにしたいとの希望を言うと、「僕なんか両手とも一本指で打ちますよ」と…(いや、絶対10本指で打っているに違いない、私をリラックスさせたいのだろう、と勝手に解釈)
そして、こまめに替えると効果が無くなるので、3〜4日、4〜5日空けて大丈夫ですよ、とのこと。次回の先生の診療日を訊いて終えた。
丁寧な指導、説明、何が分かっていないかが分からない患者にとって、一番有難い。



2月27日

可成り治って来ているそうだ。丸4日空けたのが良かったか。
先週別な医師に言われた「神経は切断されていて、繋がることはない」という話を確認した。「そう直ぐに、という訳にはいかないが、不思議と繋がってくる」そうだ。その昔本か何かで、バイパスを作りながら遠回りしつつも繋がってくるという話を読んだことがあるので質問した次第。「肉は盛り上がって来ますか?」という質問にも「はい、大丈夫です」。
順調に治ってきているので、通院はあと2回で済みそうな口ぶりだった。幸い左手の怪我なので、その後は自分でも右手で切ったり貼ったり何とかなるだろう。
余りに動かさずにいると固まってしまうこともあると、先日来気にしていたことを先生側から指摘されて、やはりそうか…と安心した。ピアノも、打鍵こそしないが(チビちゃん初心者の指練習くらいは見せられるレベルで動かす)、付け根から鍵盤を沈める位なら、覆っていさえすれば全く痛まず出来るまでに回復している。

運動不足なので歩いて帰ろうと思ったが、折角近くまで来たのだから・・・
と此処↓に寄り、注文してから作る大きなまん丸のイチゴ大福を6個購入。

8229846_2377968687_142large.jpg  8229846_2377968679_2large.jpg  


(お雛様用)
154792166_3764131783670931_5940937907505219698_n.jpg

駅でSuicaをチャージ、紀伊國屋でお弁当を購入し、バスで帰宅した。



それにしても色々な病気や怪我で多くの医師に出逢うものだから、常に „entweder optimistisch oder pessimistisch“ではなく!!と希望する。
真実を告げつつも豊かな説明を納得の行くまで頂きたいのが患者(私だけ??そんなことはなかろう・・・)。


関連記事

指の治療 -つづき- - 2021.02.20 Sat


(2月26日に記載)

言われた通り、20日の土曜の担当医師に診て頂きました。

頑丈に巻かれたテープやガーゼを外し、止血されていることを確認。

「はい、そこの水道で傷口に付いているワタ(と言われたか?ともあれ毛羽だってくっついているもの)を石鹸で洗って全部取って!!」・・・看護師が言われているのかと思ったら、言われている対象は私だった。グズグズしていたら、「それを取らないと、次の作業が出来ないから」との声が、既に隣室に移動した医師から飛んで来た。

はぁ〜〜〜・・・
傷口の手当ては何かと慣れているものの、気の弱い人だったら、断面を見ただけで卒倒するだろうなぁ…と思いつつ、一生懸命に取った。血液の塊の中に食い込んでいるから、簡単には取れない。頑張った。「あの〜〜、毛抜きとかピンセットの類いがあれば捗るのですが…」と問うてみた。「余り取りすぎると出血するから」と言われた。もう出ていますって・・・
あとは医師が気長に取ってくれた。寡黙な方なのか、それともインフォームドコンセントが苦手な御方なのか…

そして、今までと質の違う四角いものの角を取ってえぐれた指先に貼り付け、「はい、おしまい。もし破けたら『キズパワーパッド』を貼って!」と。・・・そんな簡単に破けるものを剥き出しに?と思い、「あの〜、何かに触れたら危ないので、カバーして頂けませんか?」と訊いたら、看護師に「ガーゼでカバーして」と指示。
更に「その『キズパワーパッド』、処方して頂けませんか?」と訊いたら、「病院で処方はしない」と。「薬局で買えますか?」と訊いたら、「薬局では買えない。大型のドラッグストアで買って!」とのこと。必死に忘れぬよう、「きずぱわーぱっど=傷+power+pad」と頭で変換して暗記。
歩いて帰るつもりだったが、迎えに来て貰えばそのままキズパワーパッドを買いに寄れる、と夫に電話。気の利く夫は既にこちらに向かっているとのこと。途中でピックアップしてもらい、無事にサンドラッグへ。
店員に「キズパワーパッドはどこにありますか?」と言われ、案内されたのは何と!!バンドエイドの場所。

・・・・・これなら家に常備していますって・・・・・

切断した時も、貼ってしまおうか、迷ったほどです。結局吹き出る血液に負けましたが。

イヤな書き込みですね。(でも、こういうこともありますとの情報までにて)
何かの折、参考になりましたら幸いです(切断ではなく、切り傷程度なら、これを先ず貼っても良いかと。その後受診するにしても)。又経過を書かせて頂きます。

Amazonでも購入出来ます↓

   キズパワーパッド


※こんなものを人目に晒す!?!?と、不快に感じられる方もおありかと思うのですが、お役に立つこともある情報として小さく載せます。
一生懸命に取っている最中の綿。


20210220.jpg


関連記事

災害は忘れた頃に・・・粗忽者の記録 - 2021.02.18 Thu


全くこんな出来事を頻繁に書くブログもどうかと思うが・・・2/16火曜夜遅く、又しても大ドジ踏みました。

ドライフードメーカーに入れようと、林檎の芯をくり抜き、輪切りにしていて、左手小指まで輪切りに😰😱😭‼️爪ごと3ミリ位、もっとか…。
出血止まらず救急へ。指先の欠片も持参したが、縫えるような状態でなく、菌が入るだけだ、と捨てられた。

翌日水曜に再度受診(別クリニックだがかつての病院での院長)。まだまだ止まらず、拍動と共に痛む。止血剤を含ませた脱脂綿のボールのようなものを被せてしっかり固定された。止血したら次の段階の治療方法になるそうだ。
次回は別な医師になるが、土曜に来院すべく言われた。

粗忽者は、もう何度も指を怪我し、多分(ピアノ弾きとしての)プロ意識に欠けているのだろう…
折角制作しようと思って止まっていたYouTube(10年前に出版した『ピアノと向きあう』で、皆さんから「よく分からない」と言われる事柄をアップしようと)、指は10本中9本が健全でも一般に公開するものは不可能、おそらく「今はその時ではない」との思し召しなのだろう。

洗髪の機会を逸したままの怪我、余りの痒さに耐えられず、さりとて美容院はコロナ禍が故にとても行けない。頑丈に止血剤と共に固定された小指は単独でポリ袋と輪ゴムでカバー、その上からポリ袋3枚使って、親指は独立して動くようにし、絶対濡らさぬように洗って今日はスッキリ。

152034975_3734310166653093_2644466723322307055_nのコピー

パソコンでは左手小指をAのキーに殆ど固定する習慣、頻繁に打つため、ついうっかり(曲がらないのですが)使いそうで、当分スマホから📱💦💦
やれやれ、極小の手で辛うじて届くオクターブ。これが届かなくなったらどうしよう😰💦💦


別件画像は、この前の地震で傾いていることに今日気付いた額縁(亡き父による絵)。反対側の壁に掛けてある絵も少々傾いていた。地震翌日は、洗面台傍の諸々チューブの類が落ちていた。

151820685_3734310189986424_574310683323253347_nのコピー


関連記事

平成12年12月12日の動画 - 2021.02.15 Mon


ここにも書かせて頂いた、平成12年12月12日のコンサート。
信じられないほどの年月が経ちました。20年以上前になりますから・・・
やっとYouTube2本に全体をアップすることが出来ました。
そのいきさつは遡って改めることにするが;

第一部



第二部


ご覧頂けましたら幸いです。
よろしくお願い致します。



関連記事

使いこなせない文明の利器 - 2021.02.08 Mon


もう20年も前の話。平成12年12月12日、私の50歳の誕生日に、お世話になった大学病院のレストランにベーゼンドルファーの厚意でピアノを運び入れて頂き、リサイタルを開きました。

19962582_3538426344.jpg

1999年の4ヶ月にわたる入院中には「ピアノは弾けない」(膠原病の「皮膚筋炎」という、皮膚と近位筋をやられる難病)と宣告めいたことを言われたのですが、退院後のリハビリとあらゆる科の受診で何とか2000年には人並み近い生活もピアノも戻りつつありました。1番のリハビリは、病院のレストランに見つけたアップライトピアノをいつでも気儘に弾かせてくださったこと…やがて、患者さん達からリクエストを頂き、当時メディアで有名になった曲を咄嗟の記憶で演奏したこと。更に患者さん方(私も含め)との交流が始まった…
その感謝や報告を述べたく、トーク入りのリサイタルをすることへトントン拍子に計画が進みました。レストランの営業は止めることなく、お食事をなさりながらの演奏会。
前日に急遽生徒さんのお一人にヴィデオレコーダーをお借りし、男性群は当日ぶっつけでマニュアルを見ながら録画をしてくださったのも凄いことです。

これは大変貴重な記録!パソコンに落としておかねばという気がかりと、又近年、大変お世話になった方が当日いらしていたらしいことを知り、もしいらして下さっていたのであればお詫びを述べねば!
チェックかたがたYouTubeにまるっと2本、編集もせずにアップすることにしました。

ヴィデオは、急いで翌日にお借りしたレコーダーから私のオンボロVHSにコピー、その8年後に(これは何か緊急の用事があった筈…思い出せない…)妹がDVDにコピーしてくれたものの、形式が.vobだったか?再生は出来てもパソコンに読み込めない…。ネット検索をして、mp4にする為のWondershere UniConverterとやらがヒットし、めでたくmp4にはなったものの、YouTubeに落としたところ、どんどん画像と音のずれが生じて酷くなる!!最後の方は音が鳴る1〜2分も前に手が弾き始める。最初にトークを入れた2本目など、1曲目で既にずれずれ…最後の方は、もう何ページずれている!?の有り様。
iMovieがこのパソコン(iMac OS10.15.7)では上手く扱えず、古い使い慣れたものに落として区切るか・・・それも億劫な話・・
「どなたか、もし良い方法をご存知でしたらご教示頂きたくお願い致します」とSNSに書いてアップしたところ、いつも親切な大学の同級生T.O.さんがソフトを紹介してくださった。
彼女が使っている、音と画像を合わせるソフトとのこと。
無料お試し期間3ヶ月をダウンロード・インストール。
ところが。。。頭の回転停止、何から見てよいのかすら拒否反応。
それでも頑張ってはみたものの、何日も徒労の日々。

このままでは余りにずれすぎて、自分が思い出として見るにも見づらく、ヴィデオレコーダーを貸してくださった生徒のお父上様にお願いしてコピーを頂きました。私には魔法としか思えないほどのもの。YouTubeにドラッグ&ドロップしたところ、スルッと数分でアップ出来ました。前のはGB単位の動画でしたが、何と数百MBの動画!
ドシロウトの全く慣れない業はいくら検索して変換してもそこ迄。
最初にアップしたものは消し、URL新たにYouTubeにアップした次第です。

常に「下手の考え休むに似たり」のわたくしめ・・・



関連記事

謹賀新年 - 2021.01.01 Fri



年賀2021

       (⇧12年前の使い回しです)

2019年は「Hanonの年」の筈でした。(生徒達と共に)発表の場を!と思うまま、2020年の「Beethovenの年」にずれ込み、今度は緊急事態宣言で諦めました。次なる課題、今年の「生誕230年」へ。何だ?その230 という半端な数は!?と思われそうですが、私自身の「古稀」に合わせて。喜寿、米寿などにメモリアルイヤーを迎える作曲家が居たとしても、「生きていたら万々歳」状態でしょう。(今年はMozartの「没後230年」もLisztの「生誕210年」もありますが)焦点は「Czernyの楽譜のメトロノームの数字」。賛否両論ありますが、今年は「数字に少しでも近付けて弾ける曲集」を各人選び、指は均等を目指すに留めず、寧ろ鮮やかな起伏と豊かな音色、何より「弾いていて楽しい!」こと。その為の手段を模索するささやかな愉しみ!他の作曲家の作品表現での「指」も楽になること間違いありません。

・・・と「紅白歌合戦」を観ながら、考えを新たにしておりました。
 
それにしてもウィルスに勝ちたいです。レッスン形態も感染回避最優先。
医療従事者や製薬に携わる方々の奮闘に、感謝と期待・希望を抱き、穏やかな年が早く来ることを祈り願います。
 
令和3年 元日

奥 千絵子


関連記事

昭和のテレビ開始を支えた方でもある、と思う。 - 2020.09.23 Wed


昨晩は、練習しなくちゃ!と思って立ち上がったところ、この番組、「プロフェッショナル - 仕事の流儀〝生きる伝説〟黒柳徹子の今に密着」 が始まり、座り直して最後まで見てしまった。


今年の夏、6歳の孫娘は『窓ぎわのトットちゃん』を夢中で読んでいた。
同タイトルで小森昭宏作曲の音楽劇になっているものを、夫の主宰する「東京カンマ−コレーゲン」で何度も演奏したことがあり、その記録CD-Rも存在する。その音源を、本を読んだというところまで毎日区切り、コロナ禍の学校が終わった午後 - 確か長雨だった7月 - 毎日私のベッドに潜り込んできては「ばぁば、かけて!」と急かし、一緒に聴くのが日課となっていた。孫は、本によりトットちゃんがトモエ学園で毎日「君は本当はいい子なんだよ」と言われて今があることを読み、私は「この方は本当に凄い方なんだよ」と孫に音楽を聴かせながら言っていた。


本当に凄い方なんだ、それに至るきっかけを作ってくださったトモエ学園の校長先生の教育こそ凄かったのだ、と番組を見ながら思い返した。

再放送:[NHK総合1・東京] 2020年09月29日 午前0:15 ~ 午前1:00 (45分)

因みに記録音源は販売されているものではありませんが…。
テーマのみどうぞ。

《窓ぎわのトットちゃん》より「テーマ」
 指揮:岡本 仁 演奏:室内管弦楽団「東京カンマ−コレーゲン」


窓際のトットちゃん IMG_1458のコピー 

IMG_1459のコピー 20061028tokyo_kammer_kollegenちらしのコピー



関連記事

辟易は一段落 - 2020.09.01 Tue


やはり返品することにした。

1万円を超える商品を、使うとも分からず保管しているのは痛い!
朝からヨ●バシの返品問合せ窓口に電話をかけ続けた。

1時間近く経っても繋がらないので、メールにした。
ブツクサブツクサ、本来なら電話で告げられることを長々記した。
とても丁寧なお詫びと返品の段取りの返信が来て、指定された通りに記載し、商品を送られて来た時のように丁寧に梱包し、ヤマト運輸に取りに来てもらった。

一難去った。


関連記事

益々々辟易/安物買いの銭失い(その3) - 2020.08.31 Mon


いや、決して「安物買い」ではないぞ!
これの前のマイクは6千円しなかったが、今回のは倍以上!!

寧ろ、今回のがヨ●バシから届くのが9月半ばだというので、急いで●mazonで前回の6千円弱のを買った次第。安物買いは儲かっていたのかも。

約1万2千円以上のシロモノは銭失い。
こんな馬鹿さ加減を暴露する私もどうかと思うが。参考までです…

スクリーンショット20200831 135848



9月半ばと思っていたら、昨夕届いた!!

(箱のおもて面)
8229846_2332333394_159large.jpg

(箱の裏面)
8229846_2332333393_22large.jpg

この時点で似たり寄ったり、と気付いた。


8229846_2332333392_15large.jpg


前の6千円弱の物、この数日そこそこ使えたので、もう新たなものを開くのも億劫になってしまった。でも私にとっての大枚を叩いて買ったのだもの、一応試してみなければ!と箱を開き、今朝は実験開始。

例によってスマホとマイクを繋いだ状態で、スマホをコンコンコン……マイクをコンコンコン……
そして大きなスピーカーに繋ぎ、ちゃんとマイクが音を拾っていることを確認出来た。(念のために、もう1種類のコードを繋ぐとマイクは音を拾っていないことも確認した。取説によるとコードの色が「黒」と「グレー」の2種類になっているのだが、届いたのは「黒」と「赤」だったので、念には念を入れる)
前回、前々回と同じ曲の弱音部分と大音量の部分とを弾いてみる。

・・・音が可成り割れますな・・・

8229846_2332333391_172large.jpg

割れないのは、360°拾うOmni Modeだけ。
けれども、これだといくら音量を上げてもピアノの音はのっぺらぼう、そして私の声は拾ってくれない。

それでも、三脚大小、特に買い揃えた訳でもないのに沢山あるので、それらを使い分け、しかも今回のはコードも1.5mと長いので、手もとを写すスマホと、ピアノの音を拾うマイクの位置を離す、スマホの音量を大雑把に3段階に分けるなど、場合の数的に実験した。
・・・・・・・実験は徒労に終わりました。


と今の今までかかって出た結論;
昨日のを使い続けてみよう
送信した音も悪くはなかったようです。

今日のはそのうちカメラなりVideoなりに使えるかもしれないので保管しておきます。

部屋は散乱のまま。
日々、馬鹿丸出し

8229846_2332333390_21large.jpg



関連記事

益々辟易/安物買いの銭失い(その2) - 2020.08.26 Wed


(8月24日)

結局iPhoneとTASCAMオーディオインターフェースとして繋がらないことは前に書いたが・・・

先日TEACに電話をして言われたこと。
TASCAMのサイトを開き、DR-07Xへ飛ぶように。そこからFAQへ。更に「もっと見る」へ。
言われたままを記録。何日か経ってやっと開いてみた。
こんな記載が;

Apple社より発表されましたiOS 13およびiPadOSにおきまして、現在弊社製品での動作検証を進めております。
検証が完了次第、順次このページに掲載してまいりますので、今しばらくお待ちください。

ご注意
iOS 13およびiPadOSで、動作検証が完了していない製品をご使用された際に生じた故障又は損害などに関しては一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
また、結果が〇となっている対象製品であっても、ご使用の環境によっては、結果が異なる場合があります。

2019年12月25日現在


だそうで・・・うぅぅぅぅぅ〜〜ん・・・

更に「オーディオインターフェースが iOS デバイスに認識されていることを確認する方法。2020/06」というのがあり、接続してから「GarageBand」を開く、更に;
STEP4 iPhone 確認 #1-1 『AUDIO RECORDER』の『ボイス』を選択します。
STEP5 iPhone 確認 #1-2 『AUDIO RECORDER』が表示されなかったら。

・・・ここで座礁。
やはりAppleCareかなぁ…が、電話は時期が時期でなかなか繋がらない・・・せっかち。

もっと簡単に出来るインターフェースとしてのマイクの類いはないだろうか、とヨドバシやAmazonのサイトへ。


こんなのがあった。しかも6千円もしない。
駄目元で繋がるまで、つまり電話サポートを受けられる迄は(受けたところで不可能かもしれないし)これで何とかしよう!

8229846_2332051808_88large.jpg

8229846_2332051805_49large.jpg 

8229846_2332051802_16large.jpg 8229846_2332051801_57large.jpg

えぇ〜〜〜〜っ!?これだけで何とかしろと??
前日、コロナ禍のレッスンに備えて購入した扇風機が届いたのだが、何と!組立式で、遠近両用の眼鏡も役に立たず、裸眼でざっと眺め、あとは勘で組み立てたばかりで機嫌悪し。
しかも英語のみで、こんな小さな文字で!?

えーーーい!箱の写真で何とかしよう!
(しかし、こんな汚れた箱が売り物!?配送は、いつものようにいつもの袋に入って、玄関横に置かれてあったし…商品なのにセロファンで包まれてすらいなかった)

8229846_2332051796_200large.jpg


ここで謎。
説明によると;
8229846_2332051963_165large.jpg


とあるが、実際に入っていたのは;
8229846_2332051964_18large.jpg


よーーーく2つを見比べた。
もしやこの捨ててしまいそうに小さな「for phone」と書いてあるシール付きがiPhone用??と、手持ちのLightningなんたらと繋げてみた。
8229846_2332051959_151large.jpg

8229846_2332051795_75large.jpg
Apple純正品だから間違いはなかろう。。。



ピアノの音を入れる前に、例の「iPhoneのマイク近辺をコンコンコン・・・外付けSAIRENとやらのマイクをコンコンコン・・・」。それを録音して、大きなスピーカーに繋げた。
ちゃんと外付けからのコンコンコン・・が鳴った!!万歳!!!これで問題は解決したかも、と意気揚々。


数時間後、その意気揚々は意気消沈へ。
iPhoneで聴いただけなのだが、音が悪いのだ。


(8月26日)
すっかり諸事にバタバタし、2日経って久々にピアノの部屋へ。
再挑戦。
iPhoneを固定している以上、マイクの位置は変えられないのだから、他の手持ちの三脚で何とかしよう。高さの調節も出来るし、iPhoneも縦横と変更出来るし。

そうしてやっとピアノの曲、あれこれ(ゆったりした弱音、Prestoでのforte等々)を「マイクあり」「マイクなし」で実験開始。

マイクの位置を変えるのはほんの5センチまでなので(他のコードに接続するのは、もうTASCAMで懲りた)、ボリュームを変えたり、私が考えられる些細な変更で、再度音を聴いてみた。
生iPhoneよりはマシかも・・・

当座はこれで凌ぐしかない。送り先の方々に意見を乞うことにする。

うぅぅぅぅぅ・・・




関連記事

6歳児から逆に課題を与えられた - 2020.08.25 Tue


特に差し当たっての目標は定めずにピアノを続けているが、和声に関して耳の鋭い6歳の生徒(まだ7度も掴めない手の大きさです)。

たまにはバイエルをさせようではないの!
順不同で、「ワルツの伴奏」を扱っているものを飛び飛びに纏めて練習させたり、アルベルティの伴奏型のものをピックアップして纏めたり、それでも残すところ、飛ばした曲と共にあと数曲で止まっている。
ワルツの伴奏としては100番を終えたので、99番に戻ったというか進んだというか・・・

レッスンでは、次の課題を一応軽く弾かせておく常。
99番の課題はB-Durの音階ですが、それよりも左右6度での並進行を味わわせたい。
その前、冒頭の小節にかかっているスラーで6歳児よりクレームが
第1小節目から第2小節目までまたがってかかっているスラー。どうしても第1小節目の終わりで切ってブレスをしたいと言う。第2小節にまたがってかかっているからなぁ。。。今までそういう質問をされたことは無いし、私も何も疑うことなく起伏でアーティキュレーションを表現して弾いて来た。

↓音楽之友社版の『こどものバイエル下巻』。

8229846_2333883683_223large.jpg

IMG_2878のコピー


ついでに他社の『こどものバイエル』も調べてみた。

8229846_2333883674_82large.jpg

スラーは3社共に第2小節目までまたがっている。

ついでに(我が家では母の代から「おとなのバイエル」と称していた)一冊に全曲が小さな音符で収められている、日本の版も調べた。
8229846_2333883677_37large.jpg 8229846_2333883675_175large.jpg

その問題の部分は、やはり全て同様↓

IMG_2879のコピー


はた!!と思った。
海外の版はどうなっているのだろう?原典版は無いのだろうか?

唯一我が家にあるこれ↓

8229846_2333883678_174large.jpg

ウィーンに居た頃、商社その他のお子さん方にピアノを教え、自分用にDoblingerで購入したと思う。

99番を開いてみたところ、何と!問題の箇所にはスラーがありません!!

IMG_2880:2


最初の3音及び前打音の頭は同じBですから指で完全に繋げることは不可能だし、繋げる必要もない。
大人の演奏として弾いてみれば、強拍と弱拍を意識し、当然1拍目を深く、その後の8分音符は少し軽めに弾き、3拍目の前打音から上り坂でアクセントまで付いた音が頂点になる(前打音は前に出さないが、弱く始めてDが頂点)。その後は自然にD>B(>は松葉マークのdim.)、そうなれば当然その後はブレスをしたくなる。テンポはAdagioでもある。第2小節目の頭は導音として少し遠慮がちに弾いてから膨らませる為にもブレスは必須。その上で2小節で1つ、或いは4小節で1つのフレーズと感じる。


音符は余りに小さいのですが、以下のような譜割になっています(譜割だけは、日本の「おとなのバイエル」も)。

8229846_2333883680_179large.jpg


それにしても、ここ迄感じ、考えている6歳の子供。
私達がショパンやシューマンのフレーズを考えると同等のレベルでバイエルから音楽を読み取っているのでしょう。
「たかがバイエルされどバイエル」と、可成り詳しく音楽最優先で何十年もバイエルを教えているつもりだった私。これでも甘かったか!!と気付かされ、反省したひとときでした。

____________________

2021年11月8日 大切な追記

上で私が使用した、ウィーンで購入した楽譜は(我が家で「大人のバイエル」と称していたサイズのもの)、出版元はUniversal Editionでした。

「今頃になって」なのですが、今年の夏に『バイエル原典探訪』という、解説付きの原典版を知って即刻購入。
既に2016年に出版されていたものであることが分かりました。


IMG_7184のコピー

これによると、やはり件の箇所にスラーはありません。
れっきとした原典版です。一件落着した思いです。鋭い6歳児の耳!!!寧ろ、私達の耳が、先にいい加減なアーティキュレーションで慣れてしまっていたのかもしれないですね。

画像はクリックで拡大の上、ご覧になってください。

IMG_7188 2のコピー


スマホからは「アイキャッチ画像」というのがタイトルの前に表示されるらしいので、今頃ですが、『バイエル原典探訪』の表紙に無断で使わせて頂きました。


関連記事

文明の利器、辟易・・・ - 2020.08.14 Fri


コロナ禍の仕事をどうするか。

拙著に基づいた説明動画をYouTubeで作ろう!!
これはじっくり時間をかけて順番を章ごとに問題点を書き出してから。
(12年から遠のいている美容院でパーマでもかけてもらうか…と思うほどの身なりだし…

まずはピアノの生徒さん達。
遠方からいらしてくださいとはとても言えない。怖いのはウィルスのみならずこの異常気象!
LINE経由で演奏動画と楽譜を送って頂き、演奏動画は何度でもチェックが可能。プリントアウトした楽譜に書き込みをし、それだけでは到底理解不能と思われる箇所は、音源として演奏動画を作り(このように腕を使えばどういう音色がする、つまりタッチのための指や腕の使い方の類い)、こちらからも書き込みをした楽譜と動画をLINEで返信をすることにした。
それにあたっては少しでも音質に変化が出た方が良い訳だ。近い将来YouTubeをアップするとなれば尚更で。
とても有難い機器があること、TASCAMのDR-07XをマイクとしてiPhoneと繋げて使う方法を教えて頂いた。又、YouTubeも片っ端から検索した。
6月に購入し、最初は・・・上手くいっていたのではないかと思う。

何十日も雨天ですっかり狂ったピアノを、漸く「除湿設定」だけでコントロール出来る天候状態となり、今週の火曜、木曜と、いつもこの上なく丹念なK氏に調律と整音その他、二日がかりでお願いした。隣家の1台(中のメカはベーゼンドルファーのYAMAHA)と、こちらのSteinwayとYAMAHAの3台。
火曜は調律前に、レッスンに使っているこちらのピアノ2台の位置、椅子が2メートル離れるよう(対面レッスンを考慮)、鋭角に移動して頂いた。少しペダル位置の低いYAMAHAは、インシュレーターの下に丸いほんの数ミリの板を入れてくださった。

LINEでレッスンしている旨を話してあり、そのことに話が及んだ。訊かれて「このような方法でレッスンをしているのです」と実際にiPhoneとTASCAMを繋いで音を録って説明し、iPhoneを今度は大きなスピーカーに繋いだのだが、「これはおかしい」「こんな音の筈がない」と指摘されて発覚。
ピアノでは弾き方により変わってしまうので、K氏がiPhone11ProとTASCAM DR-07Xを繋いだ状態で、先ずはiPhoneのマイクをコンコンコン……と叩いてみる、次にTASCAMのマイクをコンコンコン……と叩いてみる。そしてコードを外し、iPhoneを大きなスピーカーに繋いで確認。
・・・本当だ!iPhoneを叩いた音は鳴るのに、TASCAMを叩いた音は鳴らない。つまりマイクとしているTASCAMが音を拾っていない訳だ。iPhone1台で録画・録音しているだけ…
コードの類いが関係することもあるようで、我が家にあらん限りの(多分店にもあらん限り!)コードを取っ替え引っ替えK氏が試してくださった。
マニュアルを再度見て、順を追って確認。
iPhone11Proが新しすぎるのかもしれないとネット検索すると、YouTubeではiPhone11Proと同じTASCAMを繋いで、炭酸水をコップに注ぐ音の違いなどをアップされているものもあるのだ。
何をしても駄目。
2〜3時間費やして頂いた気がする。K氏には申し訳ないほど。

最近送っていたLINE動画は一体どうなっていたのだろう?送信前の確認は、デスクトップ型のパソコンで、或いはiPhoneにヘッドフォンを繋いで済ませたのみだった。狐につままれたような気持ちで腑に落ちず・・

夜中にふと気付いてネット検索。
TASCAMが対応しているiPhone11Pro、私のものは自動でヴァージョンアップされる設定にしてしまってあった。
もしかすると些細なヴァージョンの違いで、出来なくなっているのではないか・・・
自動アップデートはオフにしたが、多分時既に遅しか?・・2月に購入した時のversionも記録しておらず。
(Amazonで購入したTASCAM、もしや中古??とも頭をよぎる)

先ずはヴァージョンのこと、翌日AppleCareに電話をして事情を説明してみたが、案の定、先にTEACだと言われた。

TEACに電話したが、お盆休み。
そう、いつも何か起きるのはお盆の頃や年末年始・・

お盆明けを待つことにした
やれやれの日々・・

__________

18日:追記
それで今日になりTEACのサポートセンターに電話をしたところ、TASCAMのサイトを開くように言われ、ここからこれを、これとこれと・・・云々・・・紹介されただけ。「iOS13は対応しています」とも言われた。でも一括りに13と言ったって、13.6は??(AppleCareに電話?と思ったが気力も失せた。Amazonで購入した訳だが、Amazonの在庫ではなく、下請けの会社。配達は最近いつものように玄関の扉の横に放置されていたっけ・・・追究する気力もなし)
電話で言われたTASCAMのサイトも、開けば出来るとも思わなかったが、チャレンジしたものの全然分からない。
しかもそういう時に限って途中で面倒な電話もかかり、頭脳の許容範囲が狭い私は機嫌甚だ悪し。

折角調律して頂いたピアノも、結局(調律前から数えたら)何週間弾いていないやら??



関連記事

6歳児に和声を教える - 2020.07.30 Thu



コロナ禍、3月は幼稚園の卒園式まで保育が無くなった。
緊急事態宣言も出され、小学校の入学式はあるのだろうか…
両親同伴のもと、無事に行われた。
けれども、(記憶によれば)翌日から自粛生活。

ピアノを教えているが、学校の宿題と並行するだけでは、この時期勿体ない。
ピンチはチャンスに!…は大袈裟なれど、「和声」を教えてみた。元々興味があるようなので。

最初はハ調長音階のド-レ-ミ-ファ-ソ-ラ-シ-ドそれぞれの上に三和音を作る。
(すると、こちらが何も言わないのに、「レファラ、ミソシ、ラドミは短調だね!」と嬉々としている。何か見つけるのが大好きなのだろう…)
全部の三和音が揃ったところで、それぞれが、トニカ(T)、ドミナント(D)、サブドミナント(S)、のどれに属すか。
あらすじとして流れるカデンツを味わわせる。

V(大文字)の三和音の更に上3度の音をのせると属7、もう3度上の音を重ねると属9、次に根音省略形を教える。
ここで単語をどうしたものか。。。「借用和音」はそれぞれの漢字を訓読みで読ませると、「しゃくようわおん」と意味と共にいともすんなり覚えた。グループ分けは後にして、同主短調で属9を作らせる。根音を省略させる。減七の和音が出来る。
本来なら「同主短調の音を借りる」という意味の借用和音だが、正しく「準固有和音」と教えるべきか・・・「準ずる」は分からないだろうなぁ。固有和音は良いとして。鵜呑みにさせる??
その他の借用和音はこれからじっくり様子を見ながら順を追って考える。

ここらで「五度圏」をやってみようではないの!
長音階のしくみを調べる。4つの音が全音ー全音ー半音と並ぶテトラコルド。まずは「ドーレーミーファ」の組、同じ全音ー全音−半音で「ソーラーシード」の組、その2つを全音で繋ぐと、あ〜〜ら不思議、ハ調長音階が出来る。その後半の「ソーラーシード」の上に、同様に全音で繋いで全音−全音−半音の「レーミーファ#ーソ」を繋ぐ。ト調長音階の出来上がり・・・・・それをずっと続けると、まだまだ習ったことのない調性は出てくるものの、途中から♭に置き換え(異名同音)ひたすら「全音ー全音ー半音」の4音グループを全音で繋ぎ続け、結局元の「ド-レ-ミ-ファ-ソ-ラ-シ-ド」に戻ってくるよ、というお話。
普段、指練習などさせていると、お喋りが止まらなくて、練習している時間より喋っている時間の方が長いような子供が、一生懸命他のことには目もくれず、たどたどしいながら、音符を書き続ける。最初の方は説明して手伝う。
同主調で♭に書き換えた方が読みやすいし書きやすい辺りでアドヴァイスする。黙々と描いている・・・
きっと好きなのだろうなぁ。。。

下、その作品とも言える「五度圏」の輪。
許可を得て載せます。

8229846_2333001931_68large.jpg

8229846_2332919567_146large.jpg

8229846_2332919566_2large.jpg

この辺りで#を♭に書き換える(異名同音)ことを教え、嬰へ長調は変ト長調に入れ替わって行く。

8229846_2332919565_129large.jpg

そしてハ長調に戻る。

8229846_2332919564_180large.jpg

本当に好きなんですね〜〜・・・

音符を書いたのも、この日がほぼ初めて。
漢字の「嬰」と「変」は直ぐ覚えたが、「長調」は私自身、書き順を間違って教えるといけないので、敢えて平仮名💦💦

コロナ禍の1日でした

関連記事

冴えない日はトコトン冴えない!! - 2020.07.20 Mon


吝嗇は避けるべし。無料メールなのだから・・・
実は10年近く前にYouTubeを作ろう!と思ったことがあったのが、どのアドレスを使ったのか思い出せない。
実験的にアップした非公開の動画も入っているから、使ったアドレスを発掘したい。20年近くの間に作った記憶のある無料のwebメールを蘇らせるべく片っ端からアクセスしてみるも、「(webメールではない)○comのパスワードを設定し直せ」と執拗に出る。これは先週金曜辺りの話。余りに色々入れたのが悪かったか、メーラーを開く度に「アカウント(買い物メインの○com)が違うかパスワードが違う」とパスワード記入を求める表示が出るようになってしまった。でも、そのアドレスはちゃんと送受出来ているのだけど。毎回毎回「キャンセル」で閉じる億劫さから放置してあった…

いつまでもこれではいかん!!と思い、今日(月曜)はAppleCareに朝から電話。何やら遠隔操作させられて、結局何か解決は着いたのだっけ? 使っていないアドレスは一覧の「−」で削除出来ますよ、という情報だけのような。
そして、最終的には「○comの管轄です」とな。そうだろうなぁ…明日にでも…と思ったが、その後もメーラーを開く度に「パスワードを入れてください」もウザったい(おっとっと…本性が!)。昼も食べずに○comのサポートに電話。電話が込み入っているそうで、長々とC-durの「愛の挨拶」を聞かされて、やっと繋がった。
これ又遠隔操作を強いられた。どうやらMacは苦手と思しき方で(私はWindowsはいじったことがないが)、途中、何度も何度も「勉強不足で申し訳ありません」と言われる。言われてもなぁ・・・急くが余り、つい私がポインタで動かそうとしてしまうので、本来遠隔操作側が動かすべきポインタが画面上をあっちにこっちにこんぐらかる。あっちを開き、こっちを開き、Macは違うんですが〜〜、ここにあるのですが〜〜、を内心グッと堪えて従う。
そして「パスワードを変更してみませんか?」と。「いや、一応送信も受信も出来ているので、このいちいち出てくる画面だけを何とか消したいのです」と言ったが、それは出来ないと。又あっちを開き、こっちを開き、パスワードも嫌々変更。案の定送信も受信も出来なくなったよ〜〜・・・(メインの使用はmacのアドレスで、それは何も問題ないし、○comも実際には送受出来ているのだから、1日考えれば良かったと、この辺りで激しく後悔)

待たされる間に考えた。これって通話中のiPhoneや隣りに置いてあるMacBookと同期の関係では?? でも送受出来なくなってしまったパスワードを使えるようにする作業ファースト。

普通、遠隔操作でパスワードを入れる時には見えなくするのに(パスワードですから!!)、「メモに書き入れてコピペしてみませんか?」とのたまふ。え〜〜〜!?丸見えのパスワードにする!?・・・(私の生年月日は記録されているから、パスワードを書き違う程のバァさんと思われた?)
「一旦調べますから」と向こうで何かやっている気配。(Macに詳しい担当者でも手が空いた??と疑うイヤなバァさん💦)
そしてめでたく送受は出来るように戻ったのですが・・・電話を切れば元の木阿弥。うるさい画面はメーラーを開く度に出ます。やれやれ・・・

その後チビちゃんを1人1時間半ほどレッスンして、近所の簡易ジムもどきにて30分身体を動かし、もう夕飯を作る時間はないのでセブン・イレブンにてあれこれ買い込む。
夫はまだ大学(2つのキャンパスをハシゴする日)。又パソコンをあれこれあれこれ・・・とうとう別なGmailのアドレスまで設定を変更する羽目に。もう、イヤ!!!解説サイトを読めど、もう頭が拒否。
そして夫帰宅、やっと夕餉。その後又パソコン。

けれども一番の失敗は、今しがた階下に行ったところ、何と!冷凍庫の扉が堂々と開いているではないか!! そうだ、電話サポートの途中でパルシステムが来て、階段を駆け下り、階下の冷凍庫に強引に突っ込んで、又階段を駆け上がったのだった。余りに急いで閉め忘れた??
やれやれ・・今日届いたものもさることながら、以前からある炒飯数種類が溶けてしまっているよ。仕方なくフライパンで炒めました。明日は朝から炒飯!?・・・

トコトン冴えない!!こんな日もある・・やれやれ、疲れた、今日はもう諦めた・・・💦
そんなこんな、又しても一体何週間ピアノから離れているやら・・・コロナを言い訳に💦💦


関連記事

CD《名曲のたのしみ》のライナーノート・ドイツ語訳 - 2020.07.13 Mon


体調不良甚だしく、乳癌は間際になり密かに気付いていても、難病を伴っていたとはつゆ知らずに行った1998年8月7日のリサイタル。是非記録を残しておこう!と急遽ナミ・レコードにお願いし、録音して頂きました。
1999年の長い入院を経て幸い生き延び、その音源全体を1枚のCD「名曲のたのしみ」としてリリースすることを思い付いたのが2000年。

それから20年もの歳月が経ち、Amazonや楽天、タワーレコードをはじめとするインターネットショップのみならず、楽器・楽譜店でも扱ってくださっているそうです。
商品番号はWWCC-7381。
「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」や「お取り寄せ(2~10日) 入荷未定の時はご連絡」と表示が出て、購入出来ない旨、たまに連絡を頂きます。でも制作元に在庫はあるそうで、「お取り寄せも可能」だそうです。但し、Amazonでは「品切れ表示修正には月3枚程度の依頼が無いと修正不可との事です」と連絡を頂きましたので、その点はご協力のほどをお願い致します。勿論、ナミ・レコードに直接ご連絡頂ければ、1枚から購入可能だそうです。

そのCDブックレットには、お世話になった病院の教授に厚かましくもライナーノートをお願いしました。入院中に、音楽に大変造詣の深い教授でおられることを感じ取っていたものですから。
更に、1970年代〜80年代の足掛け8年在墺時の友人・知人たちに向け、リリースのいきさつの報告を兼ねたいと思い、ドイツ語が専門の友人に独訳をお願いしたところ、全くのボランティアで訳してくださいました。名前も伏せて欲しいと…。
今頃、そうだ!名前を伏せているのだし、折角訳して頂いた物も広くお読み頂きたい!と考え、探し出した四つ折りの1枚。4つに折ればCDケースにぴったり収まる事を考慮してのレイアウトも訳者の機転。壊れたプリンタの、唯一生きているスキャン機能を使って折り目正しく、もとい、折り目ごとスキャン。

タイトルの内容が最後になりましたが、もしドイツ語にご興味を持たれてお読み頂けましたなら、この上ない幸いです。
(クリックで拡大なさってください)

SCAN1131 2のコピー


更に井内澄子先生 - 2020.07.08 Wed


先日、井内澄子先生が亡くなられた無念さをブログに書きました。

更にNHK番組発掘プロジェクトに掲載されていましたので、リンクさせて頂きます。

No.268 2020.06.19 追悼『ピアノのおけいこ』井内澄子先生ご逝去

何を読んでも、残念でなりません。


関連記事

井内澄子先生が亡くなられてしまった! - 2020.06.20 Sat


6月5日に井内澄子先生が亡くなられたとのこと、ショックを受けています。

大学時代にずっと「ピアノのおけいこ」(NHK)を拝見し、幼少期からピアノ演奏に関して具体的なことは何も教わらずに至った自分でしたから、井内先生のテレビでの指導法から「創意工夫」「試行錯誤」の大切さを学び、結局今に至っているようなものです。
師事したいと思っても、当時は外部の先生に習っていることがバレようものなら教授会で取り上げられましたから、テレビから自分の曲に置き換え、練習方法を考えたものです。

1989年、JPTA(日本ピアノ教育連盟)の公開レッスンで、娘が井内先生の指導を受ける機会を得ました。
度々「まぁ、小さい手で、何てお利口さんなんでしょう!」連呼。娘は年中さんの11月にピアノを始めたばかりの当時小1夏。J.S.Bachの小プレリュードBWV 935と927、辛うじて弾いたと言うのに、勿体ないような熱心なご指導を受け、30分で鳴るタイマーは無視、先生の方が楽しまれていたようなイメージでした(半分親馬鹿)。…当時のJPTAのオーディションは小1〜3で括られ課題曲が組まれていたので、難易度の高すぎるそれらの曲は本人共々苦労しました。私は、「直接井内先生のレッスンに触れさせたい!」以前に、「娘へのレッスンを通じ、私自身教え方の工夫を学びたい」だったのかも……💦
翌日にお礼の手紙をお送りし、お返事も直ぐに頂き、雑談に加え、「奥さんのお子さんだったのですね。疑問氷解です!」と書かれてあったのを憶えています。『親と子のピアノ教室』というご著書が同封されてあり、夢中で読みました。
素晴らしい内容はピアノ教師をしている生徒たちにも是非読んで欲しいと長年思い続けていましたが、便利な世の中になり、貸出用としてAmazonのユーズドで数冊入手したほどです。

オーディション以来、年賀状のやり取りだけは続いていました。いつも先に頂いてしまうものですから、今年こそ!!と先にお送りしました。第28刷にもなった『こどものチェルニー』の楽譜(学研)を購入したご報告、お返事には「私は年賀状作戦失敗しました」とのことでしたが、第 II、III巻をお贈りくださるとのこと・・II、IIIも27刷と7刷のものながら購入させて頂いており、その旨をお伝えせねば、と思っていたところに、1月22日には下のURL、「NHKのひるまえほっと」のご出演!
お元気そうでとても嬉しくて「今度こそお手紙を!!」と思うのに、世の中コロナコロナに移行…落ち着いてペンを取る気持ちのゆとりもなく、漸く「書こう!」と思い立ち、その後もお元気に違いないけれど……と何気なく検索したところ、お弟子さんの白水芳枝さんのブログでの書き込みに行き着き、ご逝去を知ったという次第です。厚かましくその後白水さんに、1月のテレビ以降から4月、5月あたりの井内先生のご様子もお尋ねし、教えて頂きました。

娘の公開レッスンのカセットテープは「過去のお宝」になってしまいました。

8229846_2329412977_3large.jpg


ご冥福をお祈りし、心から感謝を申し上げます。


昭和48年『ピアノのおけいこ』発掘!動画も公開!

今年の1月22日に拝見したNHKの『ひるまえほっと』は以下です。
1年でピアノがこんなに!?47年前『ピアノのおけいこ』


関連記事

服部克久氏を悼む - 2020.06.11 Thu


インターネットのニュースで知った。
服部克久氏が亡くなられたと・・・

今から31年前、NHKの「ピアノでポップスを」という番組に息子がレギュラー出演させて頂いていました。
4月から半年間の放映でした。
以前から(私が)お世話になっていた長尾プロデューサーより電話があったのが2月だったか。「『ピアノでポップスを』という番組で、急遽ピアノの弾ける男の子を探しているのですが、生徒さんにいらっしゃいませんか?」ということだった。う〜〜〜ん…何年も教えている男の子は居ても、ポップスのリズム感はどんなだろう…と一旦考えさせて頂くべく電話を切った。
ほどなくして再度かかり、「お宅に息子さんがいらっしゃるのではありませんか?」と・・・
「はぁ、居りますが、ピアノは小1の11月から始めまして、まだ小2なんです。こなせますか?」「千絵子先生が付いていらっしゃるのですから…ともかく○日にオーディションがございますの。お受け頂けませんでしょうか」というやり取りがあって受ける話になった。

そしてオーディションでは何かのソナチネを弾き、審査員でいらした宮下博次さんが息子を選んでくださったらしい。

受かってから送られてきた楽譜!!む、む、難し過ぎです・・・初っぱなから"Like a Virgin"・・左右のリズムが全く違って、ソナチネのような訳には行かない。

あ、そんな話ではありませんでした。

とても懐かしく思い出します。
服部先生、大変お世話になりました。しかもチョロチョロ動き回る、勝手に話しかける、番組にご迷惑をお掛け致しました。
心からお悔やみを申し上げます。

1989年の最終回を貼り付けます。




YouTubeが此処ではうまく開けないこともありますので、その場合は以下をクリックで・・・

『ピアノでポップスを II』最終回

ひろのりくん:3:00〜
おかあさん:6:00〜
おとうさん:11:40〜
くみこちゃん:15:00〜
全員:20:05〜


更に余談ながら服部ファミリーの演奏を貼り付けます。
番組のエンディングにも使われていた「ル・ローヌ」

服部克久家の親子三世代が史上初共演!(服部克久[ピアノ]、息子:服部隆之[アレンジ/ピアノ]、孫娘:服部百音[ヴァイオリン])
代表曲「ル・ローヌ(河)」を新録音!
更なるお父上の服部良一さんも天国で喜んでいらっしゃるだろう…と思っていたところに…






関連記事

又しても文明の利器に四苦八苦 - 2020.06.09 Tue


(6月9日〜16日の記録)

周囲の方々がオンラインでのレッスンを始められている模様。
我が家はと言えば、音楽室は音が漏れぬように気密性を「これ以上は不可能」というところまで優先して建てた。
真上の部屋にWi-Fiはあるが、電波は音楽室に殆ど来ない。窓は、近所への迷惑を考え、分厚い合わせガラスを使っている上に更に二重窓。壁も鉛のシートを間に2〜3枚入れた石膏ボード、天井は何度も音を出しながら試行錯誤を繰り返して頂いた特殊な構造。どうしても電波を送受しなくてはならない時は、ドアを開けて廊下に出て試みる。それでも届かないと階段の途中まで上る。

工夫したところで報われないだろう。
その昔、留学して驚いた「国際電話」にも似て、「相手の話を聞き終わる前、早めに話し始める」にも似たタイムラグ。
さっさと諦め、LINEで動画と楽譜を送受することを考えた。
読み込みに時間がかかるので、動画は1本3分位まで区切って合計10分迄とし、楽譜はスマホ写真を送ってもらい、こちらでスマホからプリントアウト、そして動画で気付くことを片っ端から楽譜に書き込み、この書き上げたものをスマホ写真を撮ってLINEで添付。どうしても言葉や記号にならない時は、(仕方がないので)解説を喋りながらのこちらの動画も送る。
…という方法。

音を送るのであれば、少しでも良い音質にしたい。・・・と思いながら、年が明けてから一回も調律はしていないピアノたち。
それでも、SNSで情報を得た機器を買い足してあれこれ試す。買い足した最新のTASCAM DR-07X。
TASCAMはその昔、愛用していたRoland09が壊れた時、中古品を急遽買って一時期的に使ったことがある。それが断捨離中にも出て来て手もとにある。形は殆ど同じだが、録音だけ出来る宝の持ち腐れTASCAM↓

8229846_2329578437_249large.jpg


今回の用途にはこれではなく、最後にXの付くものだそう。
結局愛用のRolandも再々度壊れ、今では乾電池は入らなくなっており、アダプタでしか使えていない。それならこれを機に最新のTASCAMを購入しよう、となった次第。
それまでに、まぁ何とここまで散らかしたやら。我が家に存在するコードたちを。

8229846_2329412979_197large.jpg 8229846_2329093635_11large.jpg


さて・・・散乱させたコード類でiPhoneと最新のTASCAMをどうやって繋ぐ??最新のiPhoneはLightningの差込口が1個あるのみ。他に何も繋げられそうな穴(何という表現!?)は1つも無い。ここまでは出来ても先に進まない。
やっとTASCAMにHDMIを差し込む形が対応しているコードも1本見つけた。昔のHDMIは微妙に形が違う!



8229846_2329412980_66large.jpg

8229846_2329412981_142large.jpg

大昔の「秋葉原にひとっ走りだ!」という思考の習慣が一瞬湧いた。いやいや…「自粛中」だからこんなことをしている訳で…
しかも今はほぼ地元にヨドバシカメラがある。
先ずはAmazonでそれらしき物を購入。

8229846_2329490630_21large.jpg

画像だけではどうも違う気がする・・・注文をしてしまったが、届く前に「ヨドバシだ!」にて、店員をつかまえてこのiPhoneとこのTASCAMを繋ぐのです…と説明。何人かたらい回しにされて、Apple担当の方に説明してめでたくゲット。しかも当然Appleの純正品。

8229846_2329418103_43large.jpg

Amazonから届いた物を比較して、全く同じ仕様のものが2つになってしまったことが判明。
それでも繋げることも出来たことに先ずは万々歳!(Appleの純正品の方が良いらしい。値段は高いが、発熱したりはしないとの話もある)

8229846_2329524969_252large.jpg


それは兎も角・・・ここから先は??
図々しくも、その方法をYouTubeにアップされた方に、ご多忙も承知の上(多分25年位大学の後輩であろうことに免じて – 自分の中で)、質問のメッセージをお送りさせて頂く。そして即刻頂いた返信とYouTubeのURLを開いた。
はぁ…TASCAMはマイクとしての役割だけなんですね。そしてここからメニューでiOSを選ぶというのが、PC/Macしか出ません…頭はカチコチになったなぁ…又、ご多忙を顧みずに「出ません」。そしてご返信。
もうこれ以上ご迷惑をおかけする訳にも行かない。あれこれ弄っているうちに、あら、出たわ!iOSが!!・・・

今はここまで。
しかも、「下書き」ではなく「公開」のまま書いていたことに気付いた。
このブログを始めて、いつかそんなミスをするだろうと思いながら13年・・・老化の道まっしぐら。

(追記)
すっかり変わったiPhoneのLightning端子。
しかもiPhone11ProではLightningの差し込み口が1つしか無いから、充電しながらは音楽を聴けない(まだ購入して4ヶ月なので、今のところバッテリーは健全ながら)。イアフォンのプラグと愛用のヘッドフォンのプラグとは形も違う…等、ブツブツこぼしながら検索しているうちに、あれこれ揃ってしまった。一体何をやっているんだか…(散財)

8229846_2329418097_116large.jpg 8229846_2329418098_175large.jpg 8229846_2329418099_124large.jpg 8229846_2329418102_145large.jpg 8229846_2329412975_84large.jpg



関連記事

自粛の日々 - 2020.06.07 Sun


緊急事態宣言が出て、いよいよオンラインレッスンをしなくては駄目!?と思った。
でも、ちょっとひと息ついても良いのではないか?日頃やりそびれている「掃除」「片付け」「断捨離」に時間を使え、ということかも。
そして宣言が解除されたとて、突然皆が自由に振る舞える訳でもなし。第2波、第3波は遠くない将来…

毎年の大掃除は出来ず終い。「今回こそ!」と思った昨年の暮れも然り。
しかも購入しておいて今頃役立つとは思わなかったあれこれはあるぞ!! アルコールの除菌スプレー(よく見るとウィルスにも効くと…眉唾物ながら)、使い捨てのアルコールタオル、それとハウスダストのアレルギー持ちには必須の「使い捨てマスク」等々。まさか、こんな事態になるとはつゆ知らず…充分買い置きがあります。

断捨離を諦めたことは書いたが、どこに何があるかを調べながら、そしてアルコールタオルで拭きながらの整理。「分かるように」をモットーとして…

大切に保管しておきたいものは次々に出る。
5年前に物置から運び、そのままクローゼットの下の方に入った父方祖父の資料。海軍中将時代の記録。引っぱり出すのも難儀。このままでは気の毒な気もし、音楽室の造り付けの本棚数ヶ所に祖父母と父母の蔵書や記録を纏めた。

父が所有していた画集は、ずっと散乱のまま。その間に挟まって音楽関係の貴重品も出てくる。
誰が購入したのか不明のままの貴重な品々も出てくる(父だろうな・・・)。
古いモノを買い集める人だった。
下の「尋常小学唱歌」は確実。

8229846_2329578272_169large.jpg

8229846_2329578442_157large.jpg 8229846_2329578441_228large.jpg 8229846_2329578439_204large.jpg 8229846_2329578440_233large.jpg


「展覧会の絵」の自筆譜、元となった絵画、などのワンセット…これも父だろうな…

8229846_2329578282_120large.jpg


イタリアの有名な36のヴァイオリン・・・これは夫の所有と思っていたら、違うと言う。やはり父のものだった。

8229846_2329578286_93large.jpg

8229846_2329578280_82large.jpg


ショパンの分厚い本。生憎全部ポーランド語。
そんな読めない原語の本、誰が購入した??

8229846_2329578273_247large.jpg

私が帰国してから日本で購入した分厚い初版や自筆譜のセットより、遙かに沢山の自筆譜が掲載されている。
宝の持ち腐れ・・・

8229846_2329578289_122large.jpg 8229846_2329578290_20large.jpg 8229846_2329578291_68large.jpg

こんなにその都度新しいスマホで写真を撮っていては切りがない。

片付けてはうたた寝、テレビの音に起こされる、つまみ食い、又うたた寝・・・ナントイウセイカツダロウ・・・





関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました(ブックレットの表紙は、父・奥 龍之介によるものです).その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」は, 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.(動画での説明は遅れたまま)
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルはYouTubeでの記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
★【BGM】
リスト:超絶技巧練習曲より「鬼火」
スクリャビン:練習曲Op.42/5

演奏:1979年の奥千絵子
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子

★Copyrights©1997-2022 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、筆者を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する