FC2ブログ
toppage

2021-03

偶然テレビで見た - 2021.03.02 Tue


先日、例の指先のことで「体液を使って治すのが主流です」と医師に言われ、「体液とは血漿ですか」と質問したところ、「そうです。あとはリンパ液や水分(細胞の?)…」と答えて下さり、そうか…どうしろうの頭も満更捨てたものでもない…と思っていた。
昨晩夜中に(余りに国会中継の再放送が喧しいので起こされ)チャンネルを替えたら、「体液が…」とやっているではないか!?
"HUMANIENCE"という見たことのない番組だった。体液のひとつ、血漿の中の蛋白質が関係しているらしい。以前だったら輸血をするところ、自分の持っている血漿中の蛋白質が治療をするそうだ。途中からほんの少しだったが、現在受けている治療が最先端で全く正しいこと、頷けた。

関連記事

その後の2回の受診 - 2021.02.28 Sun


2月22日

大御所・元院長の居られる日を選んで受診。
まだですね、欠片が思ったより大きかったのでしょう、と言われた。それで私も、欠片は救急に持って行き縫って欲しかったが、感染症を起こすとの理由で捨てられた、という経緯を説明した。「確かにそれもそうなのです。でも比較的大きな欠片なら縫い付けることはあります」と。
更に詳しいご説明:一時期はガーゼで体液を吸い取って治療する傾向にあったが、最近では体液を使った方が皮が早く張ってくることが判明し、それ用の(明細票に「皮膚欠損用創傷被覆材」と印字されている)シートを使うのが主流になっている。それが市販では「キズパワーパッド」という名称で売られている。
病院ではとても薄いシートで、それを傷口のサイズに丸く、しかしゆとりを持ったサイズに、周囲に細かく切り込みを入れて周りから囲って貼り付ける。外れないように細いテーピングでグルグルっと固定。恰幅の甚だ良い先生が、爪より小さな円形を切り取り、こんな細かくハサミで切り込みを入れる作業…私の小さな折紙での切り紙以上の器用さだわ・・・といたく感服。それもそうだ!!日頃救急車で運び込まれてくる患者さん達の体内を、細かく切ったり縫ったりしておられるのだもの・・・
「はい、おしまいです」・・・えっ!?これも最近の主流?シートを透して切り口が丸見えではないか・・・真ん中が赤く、その周りが体液の色、輪郭は白い新しい皮・・
ガーゼで隠して頂けますか?とお願いした。買い物してレジで財布だのカードだの出したら丸見えだから。
看護師にガーゼとテーピングでカバーする指示を出して下さった。その間も具体的な説明に余念がない。私が、パソコンの「A」のキーに小指を固定してブラインドタッチで打つので、せめてパソコンのキーだけでも打てるようにしたいとの希望を言うと、「僕なんか両手とも一本指で打ちますよ」と…(いや、絶対10本指で打っているに違いない、私をリラックスさせたいのだろう、と勝手に解釈)
そして、こまめに替えると効果が無くなるので、3〜4日、4〜5日空けて大丈夫ですよ、とのこと。次回の先生の診療日を訊いて終えた。
丁寧な指導、説明、何が分かっていないかが分からない患者にとって、一番有難い。



2月27日

可成り治って来ているそうだ。丸4日空けたのが良かったか。
先週別な医師に言われた「神経は切断されていて、繋がることはない」という話を確認した。「そう直ぐに、という訳にはいかないが、不思議と繋がってくる」そうだ。その昔本か何かで、バイパスを作りながら遠回りしつつも繋がってくるという話を読んだことがあるので質問した次第。「肉は盛り上がって来ますか?」という質問にも「はい、大丈夫です」。
順調に治ってきているので、通院はあと2回で済みそうな口ぶりだった。幸い左手の怪我なので、その後は自分でも右手で切ったり貼ったり何とかなるだろう。
余りに動かさずにいると固まってしまうこともあると、先日来気にしていたことを先生側から指摘されて、やはりそうか…と安心した。ピアノも、打鍵こそしないが(チビちゃん初心者の指練習くらいは見せられるレベルで動かす)、付け根から動かす位なら、全く痛まず出来るまでに回復している。

運動不足なので歩いて帰ろうと思ったが、折角近くまで来たのだから・・・
と此処↓に寄り、注文してから作る大きなまん丸のイチゴ大福を6個購入。

8229846_2377968687_142large.jpg  8229846_2377968679_2large.jpg  


(お雛様用)
154792166_3764131783670931_5940937907505219698_n.jpg

駅でSuicaをチャージ、紀伊國屋でお弁当を購入し、バスで帰宅した。



それにしても色々な病気や怪我で多くの医師に出逢うものだから、常に „entweder optimistisch oder pessimistisch“ではなく!!と希望する。
真実を告げつつも豊かな説明を納得の行くまで頂きたいのが患者(私だけ??そんなことはなかろう・・・)。


関連記事

指の治療 -つづき- - 2021.02.20 Sat


(2月26日に記載)

言われた通り、20日の土曜の担当医師に診て頂きました。

頑丈に巻かれたテープやガーゼを外し、止血されていることを確認。

「はい、そこの水道で傷口に付いているワタ(と言われたか?ともあれ毛羽だってくっついているもの)を石鹸で洗って全部取って!!」・・・看護師が言われているのかと思ったら、言われている対象は私だった。グズグズしていたら、「それを取らないと、次の作業が出来ないから」との声が、既に隣室に移動した医師から飛んで来た。

はぁ〜〜〜・・・
傷口の手当ては何かと慣れているものの、気の弱い人だったら、断面を見ただけで卒倒するだろうなぁ…と思いつつ、一生懸命に取った。血液の塊の中に食い込んでいるから、簡単には取れない。頑張った。「あの〜〜、毛抜きとかピンセットの類いがあれば捗るのですが…」と問うてみた。「余り取りすぎると出血するから」と言われた。もう出ていますって・・・
あとは医師が気長に取ってくれた。寡黙な方なのか、それともインフォームドコンセントが苦手な御方なのか…

そして、今までと質の違う四角いものの角を取ってえぐれた指先に貼り付け、「はい、おしまい。もし破けたら『キズパワーパッド』を貼って!」と。・・・そんな簡単に破けるものを剥き出しに?と思い、「あの〜、何かに触れたら危ないので、カバーして頂けませんか?」と訊いたら、看護師に「ガーゼでカバーして」と指示。
更に「その『キズパワーパッド』、処方して頂けませんか?」と訊いたら、「病院で処方はしない」と。「薬局で買えますか?」と訊いたら、「薬局では買えない。大型のドラッグストアで買って!」とのこと。必死に忘れぬよう、「きずぱわーぱっど=傷+power+pad」と頭で変換して暗記。
歩いて帰るつもりだったが、迎えに来て貰えばそのままキズパワーパッドを買いに寄れる、と夫に電話。気の利く夫は既にこちらに向かっているとのこと。途中でピックアップしてもらい、無事にサンドラッグへ。
店員に「キズパワーパッドはどこにありますか?」と言われ、案内されたのは何と!!バンドエイドの場所。

・・・・・これなら家に常備していますって・・・・・

切断した時も、貼ってしまおうか、迷ったほどです。結局吹き出る血液に負けましたが。

イヤな書き込みですね。(でも、こういうこともありますとの情報までにて)
何かの折、参考になりましたら幸いです(切断ではなく、切り傷程度なら、これを先ず貼っても良いかと。その後受診するにしても)。又経過を書かせて頂きます。

Amazonでも購入出来ます↓

   キズパワーパッド


関連記事

災害は忘れた頃に・・・粗忽者の記録 - 2021.02.18 Thu


全くこんな出来事を頻繁に書くブログもどうかと思うが・・・2/16火曜夜遅く、又しても大ドジ踏みました。

ドライフードメーカーに入れようと、林檎の芯をくり抜き、輪切りにしていて、左手小指まで輪切りに😰😱😭‼️爪ごと3ミリ位、もっとか…。
出血止まらず救急へ。指先の欠片も持参したが、縫えるような状態でなく、菌が入るだけだ、と捨てられた。

翌日水曜に再度受診(別クリニックだがかつての病院での院長)。まだまだ止まらず、拍動と共に痛む。止血剤を含ませた脱脂綿のボールのようなものを被せてしっかり固定された。止血したら次の段階の治療方法になるそうだ。
次回は別な医師になるが、土曜に来院すべく言われた。

粗忽者は、もう何度も指を怪我し、多分(ピアノ弾きとしての)プロ意識に欠けているのだろう…
折角制作しようと思って止まっていたYouTube(10年前に出版した『ピアノと向きあう』で、皆さんから「よく分からない」と言われる事柄をアップしようと)、指は10本中9本が健全でも一般に公開するものは不可能、おそらく「今はその時ではない」との思し召しなのだろう。

洗髪の機会を逸したままの怪我、余りの痒さに耐えられず、さりとて美容院はコロナ禍が故にとても行けない。頑丈に止血剤と共に固定された小指は単独でポリ袋と輪ゴムでカバー、その上からポリ袋3枚使って、親指は独立して動くようにし、絶対濡らさぬように洗って今日はスッキリ。

152034975_3734310166653093_2644466723322307055_nのコピー

パソコンでは左手小指をAのキーに殆ど固定する習慣、頻繁に打つため、ついうっかり(曲がらないのですが)使いそうで、当分スマホから📱💦💦
やれやれ、極小の手で辛うじて届くオクターブ。これが届かなくなったらどうしよう😰💦💦


別件画像は、この前の地震で傾いていることに今日気付いた額縁(亡き父による絵)。反対側の壁に掛けてある絵も少々傾いていた。地震翌日は、洗面台傍の諸々チューブの類が落ちていた。

151820685_3734310189986424_574310683323253347_nのコピー


関連記事

平成12年12月12日の動画 - 2021.02.15 Mon


ここにも書かせて頂いた、平成12年12月12日のコンサート。
信じられないほどの年月が経ちました。20年以上前になりますから・・・
やっとYouTube2本に全体をアップすることが出来ました。
そのいきさつは遡って改めることにするが;

第一部



第二部


ご覧頂けましたら幸いです。
よろしくお願い致します。



関連記事

使いこなせない文明の利器 - 2021.02.08 Mon


もう20年も前の話。平成12年12月12日、私の50歳の誕生日に、お世話になった大学病院のレストランにベーゼンドルファーの厚意でピアノを運び入れて頂き、リサイタルを開きました。

19962582_3538426344.jpg

1999年の4ヶ月にわたる入院中には「ピアノは弾けない」(膠原病の「皮膚筋炎」という、皮膚と近位筋をやられる難病)と宣告めいたことを言われたのですが、退院後のリハビリとあらゆる科の受診で何とか2000年には人並み近い生活もピアノも戻りつつありました。1番のリハビリは、病院のレストランに見つけたアップライトピアノをいつでも気儘に弾かせてくださったこと…やがて、患者さん達からリクエストを頂き、当時メディアで有名になった曲を咄嗟の記憶で演奏したこと。更に患者さん方(私も含め)との交流が始まった…
その感謝や報告を述べたく、トーク入りのリサイタルをすることへトントン拍子に計画が進みました。レストランの営業は止めることなく、お食事をなさりながらの演奏会。
前日に急遽生徒さんのお一人にヴィデオレコーダーをお借りし、男性群は当日ぶっつけでマニュアルを見ながら録画をしてくださったのも凄いことです。

これは大変貴重な記録!パソコンに落としておかねばという気がかりと、又近年、大変お世話になった方が当日いらしていたらしいことを知り、もしいらして下さっていたのであればお詫びを述べねば!
チェックかたがたYouTubeにまるっと2本、編集もせずにアップすることにしました。

ヴィデオは、急いで翌日にお借りしたレコーダーから私のオンボロVHSにコピー、その8年後に(これは何か緊急の用事があった筈…思い出せない…)妹がDVDにコピーしてくれたものの、形式が.vobだったか?再生は出来てもパソコンに読み込めない…。ネット検索をして、mp4にする為のWondershere UniConverterとやらがヒットし、めでたくmp4にはなったものの、YouTubeに落としたところ、どんどん画像と音のずれが生じて酷くなる!!最後の方は音が鳴る1〜2分も前に手が弾き始める。最初にトークを入れた2本目など、1曲目で既にずれずれ…最後の方は、もう何ページずれている!?の有り様。
iMovieがこのパソコン(iMac OS10.15.7)では上手く扱えず、古い使い慣れたものに落として区切るか・・・それも億劫な話・・
「どなたか、もし良い方法をご存知でしたらご教示頂きたくお願い致します」とSNSに書いてアップしたところ、いつも親切な大学の同級生T.O.さんがソフトを紹介してくださった。
彼女が使っている、音と画像を合わせるソフトとのこと。
無料お試し期間3ヶ月をダウンロード・インストール。
ところが。。。頭の回転停止、何から見てよいのかすら拒否反応。
それでも頑張ってはみたものの、何日も徒労の日々。

このままでは余りにずれすぎて、自分が思い出として見るにも見づらく、ヴィデオレコーダーを貸してくださった生徒のお父上様にお願いしてコピーを頂きました。私には魔法としか思えないほどのもの。YouTubeにドラッグ&ドロップしたところ、スルッと数分でアップ出来ました。前のはGB単位の動画でしたが、何と数百MBの動画!
ドシロウトの全く慣れない業はいくら検索して変換してもそこ迄。
最初にアップしたものは消し、URL新たにYouTubeにアップした次第です。

常に「下手の考え休むに似たり」のわたくしめ・・・



関連記事

謹賀新年 - 2021.01.01 Fri



年賀2021

       (⇧12年前の使い回しです)

2019年は「Hanonの年」の筈でした。(生徒達と共に)発表の場を!と思うまま、2020年の「Beethovenの年」にずれ込み、今度は緊急事態宣言で諦めました。次なる課題、今年の「生誕230年」へ。何だ?その230 という半端な数は!?と思われそうですが、私自身の「古稀」に合わせて。喜寿、米寿などにメモリアルイヤーを迎える作曲家が居たとしても、「生きていたら万々歳」状態でしょう。(今年はMozartの「没後230年」もLisztの「生誕210年」もありますが)焦点は「Czernyの楽譜のメトロノームの数字」。賛否両論ありますが、今年は「数字に少しでも近付けて弾ける曲集」を各人選び、指は均等を目指すに留めず、寧ろ鮮やかな起伏と豊かな音色、何より「弾いていて楽しい!」こと。その為の手段を模索するささやかな愉しみ!他の作曲家の作品表現での「指」も楽になること間違いありません。

・・・と「紅白歌合戦」を観ながら、考えを新たにしておりました。
 
それにしてもウィルスに勝ちたいです。レッスン形態も感染回避最優先。
医療従事者や製薬に携わる方々の奮闘に、感謝と期待・希望を抱き、穏やかな年が早く来ることを祈り願います。
 
令和3年 元日

奥 千絵子


関連記事

昭和のテレビ開始を支えた方でもある、と思う。 - 2020.09.23 Wed


昨晩は、練習しなくちゃ!と思って立ち上がったところ、この番組、「プロフェッショナル - 仕事の流儀〝生きる伝説〟黒柳徹子の今に密着」 が始まり、座り直して最後まで見てしまった。


今年の夏、6歳の孫娘は『窓ぎわのトットちゃん』を夢中で読んでいた。
同タイトルで小森昭宏作曲の音楽劇になっているものを、夫の主宰する「東京カンマ−コレーゲン」で何度も演奏したことがあり、その記録CD-Rも存在する。その音源を、本を読んだというところまで毎日区切り、コロナ禍の学校が終わった午後 - 確か長雨だった7月 - 毎日私のベッドに潜り込んできては「ばぁば、かけて!」と急かし、一緒に聴くのが日課となっていた。孫は、本によりトットちゃんがトモエ学園で毎日「君は本当はいい子なんだよ」と言われて今があることを読み、私は「この方は本当に凄い方なんだよ」と孫に音楽を聴かせながら言っていた。


本当に凄い方なんだ、それに至るきっかけを作ってくださったトモエ学園の校長先生の教育こそ凄かったのだ、と番組を見ながら思い返した。

再放送:[NHK総合1・東京] 2020年09月29日 午前0:15 ~ 午前1:00 (45分)

因みに記録音源は販売されているものではありませんが…。
テーマのみどうぞ。

《窓ぎわのトットちゃん》より「テーマ」
 指揮:岡本 仁 演奏:室内管弦楽団「東京カンマ−コレーゲン」


窓際のトットちゃん IMG_1458のコピー 

IMG_1459のコピー 20061028tokyo_kammer_kollegenちらしのコピー



関連記事

辟易は一段落 - 2020.09.01 Tue


やはり返品することにした。

1万円を超える商品を、使うとも分からず保管しているのは痛い!
朝からヨ●バシの返品問合せ窓口に電話をかけ続けた。

1時間近く経っても繋がらないので、メールにした。
ブツクサブツクサ、本来なら電話で告げられることを長々記した。
とても丁寧なお詫びと返品の段取りの返信が来て、指定された通りに記載し、商品を送られて来た時のように丁寧に梱包し、ヤマト運輸に取りに来てもらった。

一難去った。


関連記事

益々々辟易/安物買いの銭失い(その3) - 2020.08.31 Mon


いや、決して「安物買い」ではないぞ!
これの前のマイクは6千円しなかったが、今回のは倍以上!!

寧ろ、今回のがヨ●バシから届くのが9月半ばだというので、急いで●mazonで前回の6千円弱のを買った次第。安物買いは儲かっていたのかも。

約1万2千円以上のシロモノは銭失い。
こんな馬鹿さ加減を暴露する私もどうかと思うが。参考までです…

スクリーンショット20200831 135848



9月半ばと思っていたら、昨夕届いた!!

(箱のおもて面)
8229846_2332333394_159large.jpg

(箱の裏面)
8229846_2332333393_22large.jpg

この時点で似たり寄ったり、と気付いた。


8229846_2332333392_15large.jpg


前の6千円弱の物、この数日そこそこ使えたので、もう新たなものを開くのも億劫になってしまった。でも私にとっての大枚を叩いて買ったのだもの、一応試してみなければ!と箱を開き、今朝は実験開始。

例によってスマホとマイクを繋いだ状態で、スマホをコンコンコン……マイクをコンコンコン……
そして大きなスピーカーに繋ぎ、ちゃんとマイクが音を拾っていることを確認出来た。(念のために、もう1種類のコードを繋ぐとマイクは音を拾っていないことも確認した。取説によるとコードの色が「黒」と「グレー」の2種類になっているのだが、届いたのは「黒」と「赤」だったので、念には念を入れる)
前回、前々回と同じ曲の弱音部分と大音量の部分とを弾いてみる。

・・・音が可成り割れますな・・・

8229846_2332333391_172large.jpg

割れないのは、360°拾うOmni Modeだけ。
けれども、これだといくら音量を上げてもピアノの音はのっぺらぼう、そして私の声は拾ってくれない。

それでも、三脚大小、特に買い揃えた訳でもないのに沢山あるので、それらを使い分け、しかも今回のはコードも1.5mと長いので、手もとを写すスマホと、ピアノの音を拾うマイクの位置を離す、スマホの音量を大雑把に3段階に分けるなど、場合の数的に実験した。
・・・・・・・実験は徒労に終わりました。


と今の今までかかって出た結論;
昨日のを使い続けてみよう
送信した音も悪くはなかったようです。

今日のはそのうちカメラなりVideoなりに使えるかもしれないので保管しておきます。

部屋は散乱のまま。
日々、馬鹿丸出し

8229846_2332333390_21large.jpg



関連記事

益々辟易/安物買いの銭失い(その2) - 2020.08.26 Wed


(8月24日)

結局iPhoneとTASCAMオーディオインターフェースとして繋がらないことは前に書いたが・・・

先日TEACに電話をして言われたこと。
TASCAMのサイトを開き、DR-07Xへ飛ぶように。そこからFAQへ。更に「もっと見る」へ。
言われたままを記録。何日か経ってやっと開いてみた。
こんな記載が;

Apple社より発表されましたiOS 13およびiPadOSにおきまして、現在弊社製品での動作検証を進めております。
検証が完了次第、順次このページに掲載してまいりますので、今しばらくお待ちください。

ご注意
iOS 13およびiPadOSで、動作検証が完了していない製品をご使用された際に生じた故障又は損害などに関しては一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
また、結果が〇となっている対象製品であっても、ご使用の環境によっては、結果が異なる場合があります。

2019年12月25日現在


だそうで・・・うぅぅぅぅぅ〜〜ん・・・

更に「オーディオインターフェースが iOS デバイスに認識されていることを確認する方法。2020/06」というのがあり、接続してから「GarageBand」を開く、更に;
STEP4 iPhone 確認 #1-1 『AUDIO RECORDER』の『ボイス』を選択します。
STEP5 iPhone 確認 #1-2 『AUDIO RECORDER』が表示されなかったら。

・・・ここで座礁。
やはりAppleCareかなぁ…が、電話は時期が時期でなかなか繋がらない・・・せっかち。

もっと簡単に出来るインターフェースとしてのマイクの類いはないだろうか、とヨドバシやAmazonのサイトへ。


こんなのがあった。しかも6千円もしない。
駄目元で繋がるまで、つまり電話サポートを受けられる迄は(受けたところで不可能かもしれないし)これで何とかしよう!

8229846_2332051808_88large.jpg

8229846_2332051805_49large.jpg 

8229846_2332051802_16large.jpg 8229846_2332051801_57large.jpg

えぇ〜〜〜〜っ!?これだけで何とかしろと??
前日、コロナ禍のレッスンに備えて購入した扇風機が届いたのだが、何と!組立式で、遠近両用の眼鏡も役に立たず、裸眼でざっと眺め、あとは勘で組み立てたばかりで機嫌悪し。
しかも英語のみで、こんな小さな文字で!?

えーーーい!箱の写真で何とかしよう!
(しかし、こんな汚れた箱が売り物!?配送は、いつものようにいつもの袋に入って、玄関横に置かれてあったし…商品なのにセロファンで包まれてすらいなかった)

8229846_2332051796_200large.jpg


ここで謎。
説明によると;
8229846_2332051963_165large.jpg


とあるが、実際に入っていたのは;
8229846_2332051964_18large.jpg


よーーーく2つを見比べた。
もしやこの捨ててしまいそうに小さな「for phone」と書いてあるシール付きがiPhone用??と、手持ちのLightningなんたらと繋げてみた。
8229846_2332051959_151large.jpg

8229846_2332051795_75large.jpg
Apple純正品だから間違いはなかろう。。。



ピアノの音を入れる前に、例の「iPhoneのマイク近辺をコンコンコン・・・外付けSAIRENとやらのマイクをコンコンコン・・・」。それを録音して、大きなスピーカーに繋げた。
ちゃんと外付けからのコンコンコン・・が鳴った!!万歳!!!これで問題は解決したかも、と意気揚々。


数時間後、その意気揚々は意気消沈へ。
iPhoneで聴いただけなのだが、音が悪いのだ。


(8月26日)
すっかり諸事にバタバタし、2日経って久々にピアノの部屋へ。
再挑戦。
iPhoneを固定している以上、マイクの位置は変えられないのだから、他の手持ちの三脚で何とかしよう。高さの調節も出来るし、iPhoneも縦横と変更出来るし。

そうしてやっとピアノの曲、あれこれ(ゆったりした弱音、Prestoでのforte等々)を「マイクあり」「マイクなし」で実験開始。

マイクの位置を変えるのはほんの5センチまでなので(他のコードに接続するのは、もうTASCAMで懲りた)、ボリュームを変えたり、私が考えられる些細な変更で、再度音を聴いてみた。
生iPhoneよりはマシかも・・・

当座はこれで凌ぐしかない。送り先の方々に意見を乞うことにする。

うぅぅぅぅぅ・・・




関連記事

6歳児から逆に課題を与えられた - 2020.08.25 Tue


特に差し当たっての目標は定めずにピアノを続けているが、和声に関して耳の鋭い6歳の生徒。

たまにはバイエルをさせようではないの!
順不同で、「ワルツの伴奏」を扱っているものを飛び飛びに纏めて練習させたり、アルベルティの伴奏型のものをピックアップして纏めたり、それでも残すところ、飛ばした曲と共にあと数曲で止まっている。
ワルツの伴奏としては100番を終えたので、99番に戻ったというか進んだというか・・・

レッスンでは、次の課題を一応軽く弾かせておく常。
99番の課題はB-Durの音階ですが、それよりも左右6度での並進行を味わわせたい。
その前、冒頭の小節にかかっているスラーで6歳児よりクレームが
第1小節目から第2小節目までまたがってかかっているスラー。どうしても第1小節目の終わりで切ってブレスをしたいと言う。第2小節にまたがってかかっているからなぁ。。。今までそういう質問をされたことは無いし、私も何も疑うことなく起伏でアーティキュレーションを表現して弾いて来た。

↓音楽之友社版の『こどものバイエル下巻』。

8229846_2333883683_223large.jpg

IMG_2878のコピー


ついでに他社の『こどものバイエル』も調べてみた。

8229846_2333883674_82large.jpg

スラーは3社共に第2小節目までまたがっている。

ついでに(我が家では母の代から「おとなのバイエル」と称していた)一冊に全曲が小さな音符で収められている、日本の版も調べた。
8229846_2333883677_37large.jpg 8229846_2333883675_175large.jpg

その問題の部分は、やはり全て同様↓

IMG_2879のコピー


はた!!と思った。
海外の版はどうなっているのだろう?原典版は無いのだろうか?

唯一我が家にあるこれ↓

8229846_2333883678_174large.jpg

ウィーンに居た頃、商社その他のお子さん方にピアノを教え、自分用にDoblingerで購入したと思う。

99番を開いてみたところ、何と!問題の箇所にはスラーがありません!!

IMG_2880:2


最初の3音及び前打音の頭は同じBですから指で完全に繋げることは不可能だし、繋げる必要もない。
大人の演奏として弾いてみれば、強拍と弱拍を意識し、当然1拍目を深く、その後の8分音符は少し軽めに弾き、3拍目の前打音から上り坂でアクセントまで付いた音が頂点になる(前打音は前に出さないが、弱く始めてDが頂点)。その後は自然にD>B(>は松葉マークのdim.)、そうなれば当然その後はブレスをしたくなる。テンポはAdagioでもある。第2小節目の頭は導音として少し遠慮がちに弾いてから膨らませる為にもブレスは必須。その上で2小節で1つ、或いは4小節で1つのフレーズと感じる。


音符は余りに小さいのですが、以下のような譜割になっています(譜割だけは、日本の「おとなのバイエル」も)。

8229846_2333883680_179large.jpg


それにしても、ここ迄感じ、考えている6歳の子供。
私達がショパンやシューマンのフレーズを考えると同等のレベルでバイエルから音楽を読み取っているのでしょう。
「たかがバイエルされどバイエル」と、可成り詳しく音楽最優先で何十年もバイエルを教えているつもりだった私。これでも甘かったか!!と気付かされ、反省したひとときでした。



関連記事

文明の利器、辟易・・・ - 2020.08.14 Fri


コロナ禍の仕事をどうするか。

拙著に基づいた説明動画をYouTubeで作ろう!!
これはじっくり時間をかけて順番を章ごとに問題点を書き出してから。
(12年から遠のいている美容院でパーマでもかけてもらうか…と思うほどの身なりだし…

まずはピアノの生徒さん達。
遠方からいらしてくださいとはとても言えない。怖いのはウィルスのみならずこの異常気象!
LINE経由で演奏動画と楽譜を送って頂き、演奏動画は何度でもチェックが可能。プリントアウトした楽譜に書き込みをし、それだけでは到底理解不能と思われる箇所は、音源として演奏動画を作り(このように腕を使えばどういう音色がする、つまりタッチのための指や腕の使い方の類い)、こちらからも書き込みをした楽譜と動画をLINEで返信をすることにした。
それにあたっては少しでも音質に変化が出た方が良い訳だ。近い将来YouTubeをアップするとなれば尚更で。
とても有難い機器があること、TASCAMのDR-07XをマイクとしてiPhoneと繋げて使う方法を教えて頂いた。又、YouTubeも片っ端から検索した。
6月に購入し、最初は・・・上手くいっていたのではないかと思う。

何十日も雨天ですっかり狂ったピアノを、漸く「除湿設定」だけでコントロール出来る天候状態となり、今週の火曜、木曜と、いつもこの上なく丹念なK氏に調律と整音その他、二日がかりでお願いした。隣家の1台(中のメカはベーゼンドルファーのYAMAHA)と、こちらのSteinwayとYAMAHAの3台。
火曜は調律前に、レッスンに使っているこちらのピアノ2台の位置、椅子が2メートル離れるよう(対面レッスンを考慮)、鋭角に移動して頂いた。少しペダル位置の低いYAMAHAは、インシュレーターの下に丸いほんの数ミリの板を入れてくださった。

LINEでレッスンしている旨を話してあり、そのことに話が及んだ。訊かれて「このような方法でレッスンをしているのです」と実際にiPhoneとTASCAMを繋いで音を録って説明し、iPhoneを今度は大きなスピーカーに繋いだのだが、「これはおかしい」「こんな音の筈がない」と指摘されて発覚。
ピアノでは弾き方により変わってしまうので、K氏がiPhone11ProとTASCAM DR-07Xを繋いだ状態で、先ずはiPhoneのマイクをコンコンコン……と叩いてみる、次にTASCAMのマイクをコンコンコン……と叩いてみる。そしてコードを外し、iPhoneを大きなスピーカーに繋いで確認。
・・・本当だ!iPhoneを叩いた音は鳴るのに、TASCAMを叩いた音は鳴らない。つまりマイクとしているTASCAMが音を拾っていない訳だ。iPhone1台で録画・録音しているだけ…
コードの類いが関係することもあるようで、我が家にあらん限りの(多分店にもあらん限り!)コードを取っ替え引っ替えK氏が試してくださった。
マニュアルを再度見て、順を追って確認。
iPhone11Proが新しすぎるのかもしれないとネット検索すると、YouTubeではiPhone11Proと同じTASCAMを繋いで、炭酸水をコップに注ぐ音の違いなどをアップされているものもあるのだ。
何をしても駄目。
2〜3時間費やして頂いた気がする。K氏には申し訳ないほど。

最近送っていたLINE動画は一体どうなっていたのだろう?送信前の確認は、デスクトップ型のパソコンで、或いはiPhoneにヘッドフォンを繋いで済ませたのみだった。狐につままれたような気持ちで腑に落ちず・・

夜中にふと気付いてネット検索。
TASCAMが対応しているiPhone11Pro、私のものは自動でヴァージョンアップされる設定にしてしまってあった。
もしかすると些細なヴァージョンの違いで、出来なくなっているのではないか・・・
自動アップデートはオフにしたが、多分時既に遅しか?・・2月に購入した時のversionも記録しておらず。
(Amazonで購入したTASCAM、もしや中古??とも頭をよぎる)

先ずはヴァージョンのこと、翌日AppleCareに電話をして事情を説明してみたが、案の定、先にTEACだと言われた。

TEACに電話したが、お盆休み。
そう、いつも何か起きるのはお盆の頃や年末年始・・

お盆明けを待つことにした
やれやれの日々・・

__________

18日:追記
それで今日になりTEACのサポートセンターに電話をしたところ、TASCAMのサイトを開くように言われ、ここからこれを、これとこれと・・・云々・・・紹介されただけ。「iOS13は対応しています」とも言われた。でも一括りに13と言ったって、13.6は??(AppleCareに電話?と思ったが気力も失せた。Amazonで購入した訳だが、Amazonの在庫ではなく、下請けの会社。配達は最近いつものように玄関の扉の横に放置されていたっけ・・・追究する気力もなし)
電話で言われたTASCAMのサイトも、開けば出来るとも思わなかったが、チャレンジしたものの全然分からない。
しかもそういう時に限って途中で面倒な電話もかかり、頭脳の許容範囲が狭い私は機嫌甚だ悪し。

折角調律して頂いたピアノも、結局(調律前から数えたら)何週間弾いていないやら??



関連記事

6歳児に和声を教える - 2020.07.30 Thu



コロナ禍、3月は幼稚園の卒園式まで保育が無くなった。
緊急事態宣言も出され、小学校の入学式はあるのだろうか…
両親同伴のもと、無事に行われた。
けれども、(記憶によれば)翌日から自粛生活。

ピアノを教えているが、学校の宿題と並行するだけでは、この時期勿体ない。
ピンチはチャンスに!…は大袈裟なれど、「和声」を教えてみた。元々興味があるようなので。

最初はハ調長音階のド-レ-ミ-ファ-ソ-ラ-シ-ドそれぞれの上に三和音を作る。
(すると、こちらが何も言わないのに、「レファラ、ミソシ、ラドミは短調だね!」と嬉々としている。何か見つけるのが大好きなのだろう…)
全部の三和音が揃ったところで、それぞれが、トニカ(T)、ドミナント(D)、サブドミナント(S)、のどれに属すか。
あらすじとして流れるカデンツを味わわせる。

V(大文字)の三和音の更に上3度の音をのせると属7、もう3度上の音を重ねると属9、次に根音省略形を教える。
ここで単語をどうしたものか。。。「借用和音」はそれぞれの漢字を訓読みで読ませると、「しゃくようわおん」と意味と共にいともすんなり覚えた。グループ分けは後にして、同主短調で属9を作らせる。根音を省略させる。減七の和音が出来る。
本来なら「同主短調の音を借りる」という意味の借用和音だが、正しく「準固有和音」と教えるべきか・・・「準ずる」は分からないだろうなぁ。固有和音は良いとして。鵜呑みにさせる??
その他の借用和音はこれからじっくり様子を見ながら順を追って考える。

ここらで「五度圏」をやってみようではないの!
長音階のしくみを調べる。4つの音が全音ー全音ー半音と並ぶテトラコルド。まずは「ドーレーミーファ」の組、同じ全音ー全音−半音で「ソーラーシード」の組、その2つを全音で繋ぐと、あ〜〜ら不思議、ハ調長音階が出来る。その後半の「ソーラーシード」の上に、同様に全音で繋いで全音−全音−半音の「レーミーファ#ーソ」を繋ぐ。ト調長音階の出来上がり・・・・・それをずっと続けると、まだまだ習ったことのない調性は出てくるものの、途中から♭に置き換え(異名同音)ひたすら「全音ー全音ー半音」の4音グループを全音で繋ぎ続け、結局元の「ド-レ-ミ-ファ-ソ-ラ-シ-ド」に戻ってくるよ、というお話。
普段、指練習などさせていると、お喋りが止まらなくて、練習している時間より喋っている時間の方が長いような子供が、一生懸命他のことには目もくれず、たどたどしいながら、音符を書き続ける。最初の方は説明して手伝う。
同主調で♭に書き換えた方が読みやすいし書きやすい辺りでアドヴァイスする。黙々と描いている・・・
きっと好きなのだろうなぁ。。。

下、その作品とも言える「五度圏」の輪。
許可を得て載せます。

8229846_2333001931_68large.jpg

8229846_2332919567_146large.jpg

8229846_2332919566_2large.jpg

この辺りで#を♭に書き換える(異名同音)ことを教え、嬰へ長調は変ト長調に入れ替わって行く。

8229846_2332919565_129large.jpg

そしてハ長調に戻る。

8229846_2332919564_180large.jpg

本当に好きなんですね〜〜・・・

音符を書いたのも、この日がほぼ初めて。
漢字の「嬰」と「変」は直ぐ覚えたが、「長調」は私自身、書き順を間違って教えるといけないので、敢えて平仮名💦💦

コロナ禍の1日でした

関連記事

冴えない日はトコトン冴えない!! - 2020.07.20 Mon


吝嗇は避けるべし。無料メールなのだから・・・
実は10年近く前にYouTubeを作ろう!と思ったことがあったのが、どのアドレスを使ったのか思い出せない。
実験的にアップした非公開の動画も入っているから、使ったアドレスを発掘したい。20年近くの間に作った記憶のある無料のwebメールを蘇らせるべく片っ端からアクセスしてみるも、「(webメールではない)○comのパスワードを設定し直せ」と執拗に出る。これは先週金曜辺りの話。余りに色々入れたのが悪かったか、メーラーを開く度に「アカウント(買い物メインの○com)が違うかパスワードが違う」とパスワード記入を求める表示が出るようになってしまった。でも、そのアドレスはちゃんと送受出来ているのだけど。毎回毎回「キャンセル」で閉じる億劫さから放置してあった…

いつまでもこれではいかん!!と思い、今日(月曜)はAppleCareに朝から電話。何やら遠隔操作させられて、結局何か解決は着いたのだっけ? 使っていないアドレスは一覧の「−」で削除出来ますよ、という情報だけのような。
そして、最終的には「○comの管轄です」とな。そうだろうなぁ…明日にでも…と思ったが、その後もメーラーを開く度に「パスワードを入れてください」もウザったい(おっとっと…本性が!)。昼も食べずに○comのサポートに電話。電話が込み入っているそうで、長々とC-durの「愛の挨拶」を聞かされて、やっと繋がった。
これ又遠隔操作を強いられた。どうやらMacは苦手と思しき方で(私はWindowsはいじったことがないが)、途中、何度も何度も「勉強不足で申し訳ありません」と言われる。言われてもなぁ・・・急くが余り、つい私がポインタで動かそうとしてしまうので、本来遠隔操作側が動かすべきポインタが画面上をあっちにこっちにこんぐらかる。あっちを開き、こっちを開き、Macは違うんですが〜〜、ここにあるのですが〜〜、を内心グッと堪えて従う。
そして「パスワードを変更してみませんか?」と。「いや、一応送信も受信も出来ているので、このいちいち出てくる画面だけを何とか消したいのです」と言ったが、それは出来ないと。又あっちを開き、こっちを開き、パスワードも嫌々変更。案の定送信も受信も出来なくなったよ〜〜・・・(メインの使用はmacのアドレスで、それは何も問題ないし、○comも実際には送受出来ているのだから、1日考えれば良かったと、この辺りで激しく後悔)

待たされる間に考えた。これって通話中のiPhoneや隣りに置いてあるMacBookと同期の関係では?? でも送受出来なくなってしまったパスワードを使えるようにする作業ファースト。

普通、遠隔操作でパスワードを入れる時には見えなくするのに(パスワードですから!!)、「メモに書き入れてコピペしてみませんか?」とのたまふ。え〜〜〜!?丸見えのパスワードにする!?・・・(私の生年月日は記録されているから、パスワードを書き違う程のバァさんと思われた?)
「一旦調べますから」と向こうで何かやっている気配。(Macに詳しい担当者でも手が空いた??と疑うイヤなバァさん💦)
そしてめでたく送受は出来るように戻ったのですが・・・電話を切れば元の木阿弥。うるさい画面はメーラーを開く度に出ます。やれやれ・・・

その後チビちゃんを1人1時間半ほどレッスンして、近所の簡易ジムもどきにて30分身体を動かし、もう夕飯を作る時間はないのでセブン・イレブンにてあれこれ買い込む。
夫はまだ大学(2つのキャンパスをハシゴする日)。又パソコンをあれこれあれこれ・・・とうとう別なGmailのアドレスまで設定を変更する羽目に。もう、イヤ!!!解説サイトを読めど、もう頭が拒否。
そして夫帰宅、やっと夕餉。その後又パソコン。

けれども一番の失敗は、今しがた階下に行ったところ、何と!冷凍庫の扉が堂々と開いているではないか!! そうだ、電話サポートの途中でパルシステムが来て、階段を駆け下り、階下の冷凍庫に強引に突っ込んで、又階段を駆け上がったのだった。余りに急いで閉め忘れた??
やれやれ・・今日届いたものもさることながら、以前からある炒飯数種類が溶けてしまっているよ。仕方なくフライパンで炒めました。明日は朝から炒飯!?・・・

トコトン冴えない!!こんな日もある・・やれやれ、疲れた、今日はもう諦めた・・・💦
そんなこんな、又しても一体何週間ピアノから離れているやら・・・コロナを言い訳に💦💦


関連記事

CD《名曲のたのしみ》のライナーノート・ドイツ語訳 - 2020.07.13 Mon


体調不良甚だしく、乳癌は間際になり密かに気付いていても、難病を伴っていたとはつゆ知らずに行った1998年8月7日のリサイタル。是非記録を残しておこう!と急遽ナミ・レコードにお願いし、録音して頂きました。
1999年の長い入院を経て幸い生き延び、その音源全体を1枚のCD「名曲のたのしみ」としてリリースすることを思い付いたのが2000年。

それから20年もの歳月が経ち、Amazonや楽天、タワーレコードをはじめとするインターネットショップのみならず、楽器・楽譜店でも扱ってくださっているそうです。
商品番号はWWCC-7381。
「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」や「お取り寄せ(2~10日) 入荷未定の時はご連絡」と表示が出て、購入出来ない旨、たまに連絡を頂きます。でも制作元に在庫はあるそうで、「お取り寄せも可能」だそうです。但し、Amazonでは「品切れ表示修正には月3枚程度の依頼が無いと修正不可との事です」と連絡を頂きましたので、その点はご協力のほどをお願い致します。勿論、ナミ・レコードに直接ご連絡頂ければ、1枚から購入可能だそうです。

そのCDブックレットには、お世話になった病院の教授に厚かましくもライナーノートをお願いしました。入院中に、音楽に大変造詣の深い教授でおられることを感じ取っていたものですから。
更に、1970年代〜80年代の足掛け8年在墺時の友人・知人たちに向け、リリースのいきさつの報告を兼ねたいと思い、ドイツ語が専門の友人に独訳をお願いしたところ、全くのボランティアで訳してくださいました。名前も伏せて欲しいと…。
今頃、そうだ!名前を伏せているのだし、折角訳して頂いた物も広くお読み頂きたい!と考え、探し出した四つ折りの1枚。4つに折ればCDケースにぴったり収まる事を考慮してのレイアウトも訳者の機転。壊れたプリンタの、唯一生きているスキャン機能を使って折り目正しく、もとい、折り目ごとスキャン。

タイトルの内容が最後になりましたが、もしドイツ語にご興味を持たれてお読み頂けましたなら、この上ない幸いです。
(クリックで拡大なさってください)

SCAN1131 2のコピー


更に井内澄子先生 - 2020.07.08 Wed


先日、井内澄子先生が亡くなられた無念さをブログに書きました。

更にNHK番組発掘プロジェクトに掲載されていましたので、リンクさせて頂きます。

No.268 2020.06.19 追悼『ピアノのおけいこ』井内澄子先生ご逝去

何を読んでも、残念でなりません。


関連記事

井内澄子先生が亡くなられてしまった! - 2020.06.20 Sat


6月5日に井内澄子先生が亡くなられたとのこと、ショックを受けています。

大学時代にずっと「ピアノのおけいこ」(NHK)を拝見し、幼少期からピアノ演奏に関して具体的なことは何も教わらずに至った自分でしたから、井内先生のテレビでの指導法から「創意工夫」「試行錯誤」の大切さを学び、結局今に至っているようなものです。
師事したいと思っても、当時は外部の先生に習っていることがバレようものなら教授会で取り上げられましたから、テレビから自分の曲に置き換え、練習方法を考えたものです。

1989年、JPTA(日本ピアノ教育連盟)の公開レッスンで、娘が井内先生の指導を受ける機会を得ました。
度々「まぁ、小さい手で、何てお利口さんなんでしょう!」連呼。娘は年中さんの11月にピアノを始めたばかりの当時小1夏。J.S.Bachの小プレリュードBWV 935と927、辛うじて弾いたと言うのに、勿体ないような熱心なご指導を受け、30分で鳴るタイマーは無視、先生の方が楽しまれていたようなイメージでした(半分親馬鹿)。…当時のJPTAのオーディションは小1〜3で括られ課題曲が組まれていたので、難易度の高すぎるそれらの曲は本人共々苦労しました。私は、「直接井内先生のレッスンに触れさせたい!」以前に、「娘へのレッスンを通じ、私自身教え方の工夫を学びたい」だったのかも……💦
翌日にお礼の手紙をお送りし、お返事も直ぐに頂き、雑談に加え、「奥さんのお子さんだったのですね。疑問氷解です!」と書かれてあったのを憶えています。『親と子のピアノ教室』というご著書が同封されてあり、夢中で読みました。
素晴らしい内容はピアノ教師をしている生徒たちにも是非読んで欲しいと長年思い続けていましたが、便利な世の中になり、貸出用としてAmazonのユーズドで数冊入手したほどです。

オーディション以来、年賀状のやり取りだけは続いていました。いつも先に頂いてしまうものですから、今年こそ!!と先にお送りしました。第28刷にもなった『こどものチェルニー』の楽譜(学研)を購入したご報告、お返事には「私は年賀状作戦失敗しました」とのことでしたが、第 II、III巻をお贈りくださるとのこと・・II、IIIも27刷と7刷のものながら購入させて頂いており、その旨をお伝えせねば、と思っていたところに、1月22日には下のURL、「NHKのひるまえほっと」のご出演!
お元気そうでとても嬉しくて「今度こそお手紙を!!」と思うのに、世の中コロナコロナに移行…落ち着いてペンを取る気持ちのゆとりもなく、漸く「書こう!」と思い立ち、その後もお元気に違いないけれど……と何気なく検索したところ、お弟子さんの白水芳枝さんのブログでの書き込みに行き着き、ご逝去を知ったという次第です。厚かましくその後白水さんに、1月のテレビ以降から4月、5月あたりの井内先生のご様子もお尋ねし、教えて頂きました。

娘の公開レッスンのカセットテープは「過去のお宝」になってしまいました。

8229846_2329412977_3large.jpg


ご冥福をお祈りし、心から感謝を申し上げます。


昭和48年『ピアノのおけいこ』発掘!動画も公開!

今年の1月22日に拝見したNHKの『ひるまえほっと』は以下です。
1年でピアノがこんなに!?47年前『ピアノのおけいこ』


関連記事

服部克久氏を悼む - 2020.06.11 Thu


インターネットのニュースで知った。
服部克久氏が亡くなられたと・・・

今から31年前、NHKの「ピアノでポップスを」という番組に息子がレギュラー出演させて頂いていました。
4月から半年間の放映でした。
以前から(私が)お世話になっていた長尾プロデューサーより電話があったのが2月だったか。「『ピアノでポップスを』という番組で、急遽ピアノの弾ける男の子を探しているのですが、生徒さんにいらっしゃいませんか?」ということだった。う〜〜〜ん…何年も教えている男の子は居ても、ポップスのリズム感はどんなだろう…と一旦考えさせて頂くべく電話を切った。
ほどなくして再度かかり、「お宅に息子さんがいらっしゃるのではありませんか?」と・・・
「はぁ、居りますが、ピアノは小1の11月から始めまして、まだ小2なんです。こなせますか?」「千絵子先生が付いていらっしゃるのですから…ともかく○日にオーディションがございますの。お受け頂けませんでしょうか」というやり取りがあって受ける話になった。

そしてオーディションでは何かのソナチネを弾き、審査員でいらした宮下博次さんが息子を選んでくださったらしい。

受かってから送られてきた楽譜!!む、む、難し過ぎです・・・初っぱなから"Like a Virgin"・・左右のリズムが全く違って、ソナチネのような訳には行かない。

あ、そんな話ではありませんでした。

とても懐かしく思い出します。
服部先生、大変お世話になりました。しかもチョロチョロ動き回る、勝手に話しかける、番組にご迷惑をお掛け致しました。
心からお悔やみを申し上げます。

1989年の最終回を貼り付けます。




YouTubeが此処ではうまく開けないこともありますので、その場合は以下をクリックで・・・

『ピアノでポップスを II』最終回

ひろのりくん:3:00〜
おかあさん:6:00〜
おとうさん:11:40〜
くみこちゃん:15:00〜
全員:20:05〜


更に余談ながら服部ファミリーの演奏を貼り付けます。
番組のエンディングにも使われていた「ル・ローヌ」

服部克久家の親子三世代が史上初共演!(服部克久[ピアノ]、息子:服部隆之[アレンジ/ピアノ]、孫娘:服部百音[ヴァイオリン])
代表曲「ル・ローヌ(河)」を新録音!
更なるお父上の服部良一さんも天国で喜んでいらっしゃるだろう…と思っていたところに…






関連記事

又しても文明の利器に四苦八苦 - 2020.06.09 Tue


(6月9日〜16日の記録)

周囲の方々がオンラインでのレッスンを始められている模様。
我が家はと言えば、音楽室は音が漏れぬように気密性を「これ以上は不可能」というところまで優先して建てた。
真上の部屋にWi-Fiはあるが、電波は音楽室に殆ど来ない。窓は、近所への迷惑を考え、分厚い合わせガラスを使っている上に更に二重窓。壁も鉛のシートを間に2〜3枚入れた石膏ボード、天井は何度も音を出しながら試行錯誤を繰り返して頂いた特殊な構造。どうしても電波を送受しなくてはならない時は、ドアを開けて廊下に出て試みる。それでも届かないと階段の途中まで上る。

工夫したところで報われないだろう。
その昔、留学して驚いた「国際電話」にも似て、「相手の話を聞き終わる前、早めに話し始める」にも似たタイムラグ。
さっさと諦め、LINEで動画と楽譜を送受することを考えた。
読み込みに時間がかかるので、動画は1本3分位まで区切って合計10分迄とし、楽譜はスマホ写真を送ってもらい、こちらでスマホからプリントアウト、そして動画で気付くことを片っ端から楽譜に書き込み、この書き上げたものをスマホ写真を撮ってLINEで添付。どうしても言葉や記号にならない時は、(仕方がないので)解説を喋りながらのこちらの動画も送る。
…という方法。

音を送るのであれば、少しでも良い音質にしたい。・・・と思いながら、年が明けてから一回も調律はしていないピアノたち。
それでも、SNSで情報を得た機器を買い足してあれこれ試す。買い足した最新のTASCAM DR-07X。
TASCAMはその昔、愛用していたRoland09が壊れた時、中古品を急遽買って一時期的に使ったことがある。それが断捨離中にも出て来て手もとにある。形は殆ど同じだが、録音だけ出来る宝の持ち腐れTASCAM↓

8229846_2329578437_249large.jpg


今回の用途にはこれではなく、最後にXの付くものだそう。
結局愛用のRolandも再々度壊れ、今では乾電池は入らなくなっており、アダプタでしか使えていない。それならこれを機に最新のTASCAMを購入しよう、となった次第。
それまでに、まぁ何とここまで散らかしたやら。我が家に存在するコードたちを。

8229846_2329412979_197large.jpg 8229846_2329093635_11large.jpg


さて・・・散乱させたコード類でiPhoneと最新のTASCAMをどうやって繋ぐ??最新のiPhoneはLightningの差込口が1個あるのみ。他に何も繋げられそうな穴(何という表現!?)は1つも無い。ここまでは出来ても先に進まない。
やっとTASCAMにHDMIを差し込む形が対応しているコードも1本見つけた。昔のHDMIは微妙に形が違う!



8229846_2329412980_66large.jpg

8229846_2329412981_142large.jpg

大昔の「秋葉原にひとっ走りだ!」という思考の習慣が一瞬湧いた。いやいや…「自粛中」だからこんなことをしている訳で…
しかも今はほぼ地元にヨドバシカメラがある。
先ずはAmazonでそれらしき物を購入。

8229846_2329490630_21large.jpg

画像だけではどうも違う気がする・・・注文をしてしまったが、届く前に「ヨドバシだ!」にて、店員をつかまえてこのiPhoneとこのTASCAMを繋ぐのです…と説明。何人かたらい回しにされて、Apple担当の方に説明してめでたくゲット。しかも当然Appleの純正品。

8229846_2329418103_43large.jpg

Amazonから届いた物を比較して、全く同じ仕様のものが2つになってしまったことが判明。
それでも繋げることも出来たことに先ずは万々歳!(Appleの純正品の方が良いらしい。値段は高いが、発熱したりはしないとの話もある)

8229846_2329524969_252large.jpg


それは兎も角・・・ここから先は??
図々しくも、その方法をYouTubeにアップされた方に、ご多忙も承知の上(多分25年位大学の後輩であろうことに免じて – 自分の中で)、質問のメッセージをお送りさせて頂く。そして即刻頂いた返信とYouTubeのURLを開いた。
はぁ…TASCAMはマイクとしての役割だけなんですね。そしてここからメニューでiOSを選ぶというのが、PC/Macしか出ません…頭はカチコチになったなぁ…又、ご多忙を顧みずに「出ません」。そしてご返信。
もうこれ以上ご迷惑をおかけする訳にも行かない。あれこれ弄っているうちに、あら、出たわ!iOSが!!・・・

今はここまで。
しかも、「下書き」ではなく「公開」のまま書いていたことに気付いた。
このブログを始めて、いつかそんなミスをするだろうと思いながら13年・・・老化の道まっしぐら。

(追記)
すっかり変わったiPhoneのLightning端子。
しかもiPhone11ProではLightningの差し込み口が1つしか無いから、充電しながらは音楽を聴けない(まだ購入して4ヶ月なので、今のところバッテリーは健全ながら)。イアフォンのプラグと愛用のヘッドフォンのプラグとは形も違う…等、ブツブツこぼしながら検索しているうちに、あれこれ揃ってしまった。一体何をやっているんだか…(散財)

8229846_2329418097_116large.jpg 8229846_2329418098_175large.jpg 8229846_2329418099_124large.jpg 8229846_2329418102_145large.jpg 8229846_2329412975_84large.jpg



関連記事

自粛の日々 - 2020.06.07 Sun


緊急事態宣言が出て、いよいよオンラインレッスンをしなくては駄目!?と思った。
でも、ちょっとひと息ついても良いのではないか?日頃やりそびれている「掃除」「片付け」「断捨離」に時間を使え、ということかも。
そして宣言が解除されたとて、突然皆が自由に振る舞える訳でもなし。第2波、第3波は遠くない将来…

毎年の大掃除は出来ず終い。「今回こそ!」と思った昨年の暮れも然り。
しかも購入しておいて今頃役立つとは思わなかったあれこれはあるぞ!! アルコールの除菌スプレー(よく見るとウィルスにも効くと…眉唾物ながら)、使い捨てのアルコールタオル、それとハウスダストのアレルギー持ちには必須の「使い捨てマスク」等々。まさか、こんな事態になるとはつゆ知らず…充分買い置きがあります。

断捨離を諦めたことは書いたが、どこに何があるかを調べながら、そしてアルコールタオルで拭きながらの整理。「分かるように」をモットーとして…

大切に保管しておきたいものは次々に出る。
5年前に物置から運び、そのままクローゼットの下の方に入った父方祖父の資料。海軍中将時代の記録。引っぱり出すのも難儀。このままでは気の毒な気もし、音楽室の造り付けの本棚数ヶ所に祖父母と父母の蔵書や記録を纏めた。

父が所有していた画集は、ずっと散乱のまま。その間に挟まって音楽関係の貴重品も出てくる。
誰が購入したのか不明のままの貴重な品々も出てくる(父だろうな・・・)。
古いモノを買い集める人だった。
下の「尋常小学唱歌」は確実。

8229846_2329578272_169large.jpg

8229846_2329578442_157large.jpg 8229846_2329578441_228large.jpg 8229846_2329578439_204large.jpg 8229846_2329578440_233large.jpg


「展覧会の絵」の自筆譜、元となった絵画、などのワンセット…これも父だろうな…

8229846_2329578282_120large.jpg


イタリアの有名な36のヴァイオリン・・・これは夫の所有と思っていたら、違うと言う。やはり父のものだった。

8229846_2329578286_93large.jpg

8229846_2329578280_82large.jpg


ショパンの分厚い本。生憎全部ポーランド語。
そんな読めない原語の本、誰が購入した??

8229846_2329578273_247large.jpg

私が帰国してから日本で購入した分厚い初版や自筆譜のセットより、遙かに沢山の自筆譜が掲載されている。
宝の持ち腐れ・・・

8229846_2329578289_122large.jpg 8229846_2329578290_20large.jpg 8229846_2329578291_68large.jpg

こんなにその都度新しいスマホで写真を撮っていては切りがない。

片付けてはうたた寝、テレビの音に起こされる、つまみ食い、又うたた寝・・・ナントイウセイカツダロウ・・・





関連記事

夫の「右上腕骨骨腫瘍」(3) - 2020.06.05 Fri


(3月に遡ります)

3月26日のメモから(忘れた頃に)

夫の上腕骨の結果が出た。
良性の場合は「内軟骨腫」、悪性の場合は「軟骨肉腫」と呼ぶ。
軟骨は細胞密度低く、分裂しそうな物は2個あるもののおとなしい病巣。
良性の判断で良い。今後は半年に1回レントゲンでチェックして行く。
昨年WHOで、悪性ではない「非定型軟骨腫瘍」と名付けられたもの。

上記、何を質問してよいかチンプンカンプンではありますが、「事を荒立ててしまって申し訳なかった感じですが」とのことだったので、安心して良いのではないかと思う。
いや、本当に何が大変だったかと言えば、入院が早まり毎日Insulin注射。
この糖尿病は今後とも何かにつけて引っ掛かってくると思うので、それが意識できただけでも万歳かと・・・

あっけない1日でした。

寧ろコロナ禍で病院を日々往復し(私が)、院内を歩き回り、そちらが心配になりましたが、感染した形跡は誰もなく、やれやれ・・・という結果です。

お世話になりました先生方、有難うございました。
そうそう、教授は今でこそ多忙で演奏の機会から遠のいたそうですが、学生時代からずっとオーケストラでヴァイオリンを奏でていらしたとのこと。幼少期から習い始めたことは勿論。
だから夫には、「まだまだご活躍して頂かないと」とのコメントも頂き、診察室を後にしたのでした。
構え方としてはコンバスの弓の方が自然なのだろうけど、弓を擦るのはヴァイオリンとコンバスとどちらが楽なのか・・・ピアノしか弾けない私にはさっぱり分からず・・・





関連記事

夫の「右上腕骨骨腫瘍」(2) - 2020.06.05 Fri


遡った記録の続き。

夫は25日に入院し、私は「何か情報を得られるかも」と生徒たちの合間を縫って極力毎日病棟に通った。

折しも雛祭り前、病院の1つの空間が「三鷹つりびなの会」の作品で埋め尽くされ、唯一の楽しみ??

8229846_2329434376_154large.jpg

8229846_2329434368_25large.jpg

8229846_2329434369_231large.jpg

8229846_2329434370_52large.jpg

8229846_2329434371_232large.jpg

8229846_2329434372_70large.jpg

他は全て鍵がかかって入室禁止。

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

3月3日
全身麻酔での検査(どう考えても手術だわ!)
夫が手術室に運ばれた後の部屋↓

8229846_2329434375_232large.jpg

終わって、手術室前に出向くように連絡が入った。小走りに出向く。

「即刻顕微鏡で観た限り、骨はしっかりしており、良性か、悪性度のごく低いものか。追加でどうこうするということはないように思う」とのコメントを頂いた。あとは培養(だったか?)、日を掛けて細胞の変化を見て行く…だったと思う。
良性の場合は内軟骨腫、悪性の場合は軟骨肉腫、と名前も違うそうだ。

そうこうするうち、5日にこんな紙を渡されて…

8229846_2329434373_122large.jpg

家に留まらざるを得ない私・・・
ところが!!その日のうちに夫から電話が入り、
「明日退院だって!」

え〜〜〜っ!?

入院してから一度も掃除をしていない。それ以前もバタバタと過ぎて、夫の服類は散乱、本も散乱、ベッドを畳んで隅々まで掃除機をかけたり拭き掃除をしなくては、と思っていた矢先。こんな部屋に帰ってきたら感染症を起こしてしまう!!

というわけで、退院を1日延期させて頂きました。


退院して、一番出向きたいと言う近所の蕎麦屋(2年前もでしたなぁ…)

夫は鍋焼きうどん
8229846_2329434366_132large.jpg

8229846_2329434365_119large.jpg

私は
8229846_2329434535_19large.jpg

8229846_2329434364_38large.jpg

これが甚だ美味。


あとは抜糸の処置に通うことと、26日に結果が全て出るのを待つしかありません。


関連記事

夫の「右上腕骨骨腫瘍」(1) - 2020.06.04 Thu


(年明けまで遡って書きます)

夫の検査、きっかけは、所謂「五十肩」(七十肩?)だった。
近所の整形外科でリハビリを続けていたのだが、医師が「たまにはレントゲンでも撮っておきますか」に始まった。両肩〜腕の。
すると右上腕だけが妙に白く光ったように映っていると(私は付き添っていないので、どんな画像か分からないのだが)、隣りの区の病院(自転車でも行ける距離)でMRIを撮ってもらってください、ということになった。その結果を持って近所の整形外科へ。検査からの可能性として色々挙げられていたが、もう忘れた。

1月30日
紹介状を持って(私も同伴)長くお世話になっている大元の大学病院の整形外科へ。
受診の後、検査をあれこれ受け、再度診察室へ。
軟骨の腫瘍だという。良性か悪性かは、骨の中の組織を一部採取して詳しく見るしかないとのこと。つまり全身麻酔の上、筋肉を切り、中の骨を一部割いて組織を取り出すと・・・
「念のため」(検査と言ったって手術だ!)伴う不測の事態あれこれ、ご説明があった。
入院日も3月3日と決まった。あれよあれよ・・・

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

2月6日
9時半からECHOその他。持病の糖尿病のこと、麻酔科を受診して、全身麻酔で想定されるリスク、怖ろしいほど症例、全部列挙の上、防止の為の検査を受けることになった。こんな糖尿の数値で全身麻酔などとんでもない…とか。下肢静脈血栓症もあるので、それが肺に飛ぶか脳に飛ぶか…など。

2月10日
11:30糖尿病・内分泌・代謝内科を受診。
近所のかかりつけ眼科から緑内障の病歴を書いてもらって提出。
日頃受診している板橋区の糖尿病の先生からは、さほど問題視はされていないのだが…
今年は、おそらく従来の年末年始とは事情が違い(ウィーンからのオケと行動を共にする演奏旅行が無かった)、食べるだけ食べ、毎月続く家族達の誕生日毎にケーキもふんだんに食べ、消費することなく体内に蓄積されたのではないかな??
その後眼科を受診し、微に入り細を穿つ検査。

2月13日
整形外科受診。
検査を統合して考え、入院は2月25日と早まってしまった。
1週間かけて血糖値を下げるそうだ。Insulinで。・・・やれやれ(;´Д`)

待ち時間の昼食。

8229846_2329434106_81large.jpg


8229846_2329434107_204large.jpg



8229846_2329434102_70large.jpg


分けっこ
8229846_2329434109_135large.jpg


・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

2月20日は別件(食道アカラシアの定期検査)で遙か遠くの江東区まで。

2月25日
地元大学病院の整形外科に夫は入院(私のボロ車で)
何だか気忙しく疲れてしまう。
ここからは3月3日に向けて、毎日Insulinの注射と糖尿病食。
私は、何か情報を得ようと、仕事の合間を縫って出来るだけ毎日病院へ行く。
でも結局何も(良くも悪くも)情報は無くて、帰りにスーパーに立ち寄り、買い物をするだけの人となる。
そのスーパーが「コロナ一色??」、次々と品薄になっていく。

8229846_2329434352_147large.jpg

8229846_2329434353_37large.jpg

8229846_2329434355_171large.jpg

8229846_2329434356_204large.jpg

病院内も、あちこちが閉鎖される。
入院患者の楽しみは奪われ・・・

8229846_2329434357_136large.jpg

8229846_2329434358_105large.jpg

売店としてローソンだけは開いている。

何の記録か分からなくなってきたので

つづく







関連記事

コロナ禍は断捨離!と今度こそ決意したが… - 2020.05.25 Mon


4月7日に東京は緊急事態宣言が出され、その前の3月29日に勉強会を予定は立たないが延期にしたのは良かったと思った。電車を乗り継いで遠くから来られる生徒さんたちが多いので、宣言が出る出ないの問題でもない。

緊急事態宣言が出てから、生徒達のレッスンはほぼ休みにした。
今年は「古稀」という節目の年齢を意識し、いくつかステージ…というか「演奏の場」もしくは「10年前に出版した『ピアノと向きあう』の細かい解説を10回位に分けて講座とする」…を考えていた。でも、それすら不可能となった。そもそもホールはどこも閉鎖。

そうこうするうちにコロナでの死者が報道されるようになった。
私らだって決して他人事ではないと痛感。身内に会えないまま逝ってしまったら遺された家族は遺品整理に困るだろう、そもそも捨ててよい物ばかり(遺族にとっては)だろうし、でも、これは遺族にも見て大切にしていて欲しいという物もある。それが自分の物だけなら良いのだが、親世代の品々、祖父母世代の品々・・・
物置を三体壊さざるを得なかった2015年にも分別はし、可成り多くを処分したとは言え甚だ大雑把だった。残りは空き部屋に突っ込んだに過ぎない。去年は信濃大町のアトリエを手放すこととなり、放置しておけない数々は我が家に運び入れた。勿論何十袋という不要品も捨てたし、アトリエの隣家の方が親切にも後日焼却場へ運んでくださったのは感謝に堪えない。
それでも・・・我が家は不要品に溢れて困っている。そして将来遺された者達が更に困るに違いない。

そうは思えど、一体何人分の荷物!??私の父方祖父・祖母・父・母・義父・義母・あとは生きている私達と子供達の品々。貴重な品々、保管しておきたい品々はあっても、潔く捨てられるかといえば難しい。

何も私が片付けることはない!!

と開き直りかけた時に見た、NHKの番組。
豊田市で独り暮らしをしている89歳の女性。亡くなられたご主人が老後までを考え設計したという鉄筋コンクリート造りの平屋。24畳のリビングに加え、6畳の和室が2部屋。悠々自適の心地良い独り暮らし。
ところが高血圧など、東京に住む娘さんはとても心配し、同居を提案した。仕事もあり、東京での同居。ところが娘さんの家は15坪(だったか?)もない2DK。万が一を考え誘う娘さんと独り暮らしを続けたい母親。
そして娘さんからの提案である「お試し同居」をした上で選択する。タイムリミットも決めた。
その日を前に心は揺れ、施設で暮らす選択肢も考え、母、娘ともに過ごし方の可能性をそれぞれ調べた。
タイムリミットには「東京での同居」「最期に看取ってもらうのは他人ではなく身内」という決断になった。

そして家の整理をしている場面。
何と!アルバムの写真を片っ端から剥がしては捨てるという作業。それこそ何十冊レベルだと思う。
その場面を見て思った。

そうか!断捨離とはそこまでするのだ!!

私らのアルバムはそう沢山はないが、母が整理をしてきた分厚いアルバムは何十冊レベルだ。綺麗に分別され、これらを私が剥がして捨て、剥がして捨て、は到底出来ない。子・孫たちにも見て欲しい。父母の物のみならず祖父母の遺品も。

89歳になるまで、幸いまだ20年もあるではないか!何歳まで生きられるのかは全く知る術もないが。

「断捨離」は妥協レベルとした。
大切な物の在処をはっきりさせること。つまり整理整頓レベル。
そして、あとは後続者に任せる。
うん、それで良いではないか!何もコロナ禍に!!と焦らずとも。


※上記の番組、記載がいい加減の気がして検索したところ見つかりました。再放送だったようですが…

タイムリミット「1人暮らし 高齢の親が迎える人生の決断!」


関連記事

2020/02 勉強会 - 2020.03.01 Sun


(6月にアップロード)

勉強会では、まだ昨年の「ハノン」及びその応用を続けています。

そろそろコロナも大変危険であるとの巷での反応。
他県の方などは欠席。
往復に心配のない方々だけで行いました。

資料をアップするだけに留めます。
(クリックで拡大されます)

2020022429プログラムのコピー2-1 2020022429プログラムのコピー2-3のコピー 202002-4のコピー


202002勉強会(名前消す)1のコピー2 202002勉強会名前消す2のコピー2

3月にも行う予定でしたが、これはもう危ないのではないか。
3月26日に「延期」の連絡をしました。

関連記事

今年も文明の利器に振り回される(3)- 車 - - 2020.02.20 Thu


(2020年6月に記載)

既に書いたかどうかすらも忘れた夫の検査。

3月3日にほぼ地元の大学病院にて全身麻酔で検査することになっている「上腕骨骨腫瘍」は、100万人に1人罹るか罹らないかという確率の疾病。

けれどもその前に、2018年2月に手術をした「食道アカラシア」の年1回の定期検査を20日に控えている。この病気は10万人に1人罹るか罹らないかという確率。
奇病にはよほど縁があるらしい・・

宝くじ当選の確率を使い果たしているのでは??

それは兎も角、食道アカラシアの検査、夫はキシロカインにアレルギー反応を起こすので、眠らせて調べる常。
だから往復はいつも電車。付き添う私が夫の車を運転出来れば良いのだが、自分の車が小さな小さな軽自動車となってからは、アルファードなど鼠から見た象に思えて、とてもとても・・かつて1984年頃から15年間ほどは夫のワゴン車しか運転せず、逆にボンネットのある車は怖くて敬遠していたというのに。

でも…去年買い換えたサイズの夫の車なら…20日はひょっとすると私が運転して往復出来るかもしれない!
事前に練習しよう!夫には助手席に座ってもらい、私の運転練習に付き添ってもらえば良いのだわ!と思い立った。
近所の車の教習所のコースは、教習の終わった夜の時間帯を「運転練習」として開放している。コース使用料は3000円位だったか?

直前になって夫の運転で教習所に出向いた。
着いて座席を左右替わり…夫のひと言目は「鍵はオレが持っているから」…??「貸してよ」…「いや、オレが持ってる」???そして「はい、エンジンかけて!」益々????
「ボタン押して!」と言われても、何のボタン?状態の私。夫はフキゲン。
やっっとボタンを押してエンジンをかける仕様であると判明。
事前に言ってよ…内心フキゲンな私…

ミラーも手動ではないのね。ボタンだかレバーだか、角度の感覚も掴めない。そもそも真っ暗な車内、何が何処にあるのかは全くもって不明。中古の「軽」だけを運転している間に、世の中の車はすっかり変わった模様。

「もっと右を走って!」に、え〜〜〜〜っ!?
停止する度にブロブロブロ…とエンジン音が止まる。
車庫入れの指示も画像見ながら指令されてもチンプンカンプン・・・目視は駄目〜??

という訳で、結局2日後に豊洲まで運転するなどとんでもない!!問題は発車と停止と車庫入れだけなのかもしれないが、こんなにしんどい作業は久々だったよ・・・

そして、当日はこれから検査の本人が運転をし、眠らされて受けた検査後、本人が運転をして何も問題なく帰宅となりました。
私は医師の説明を聞くだけの人。
眠り薬(?)が切れる時間も含めた待ち時間は、景色を眺めたり、翌週の勉強会の資料をパソコンで打つなど、余り意味のない付き添いとなったのでした。
検査結果は、「又1年後に」のレベル。さほどの悪化も無さそうでした。気になったのは「憩室がありますね」と言われた位でしょうか。

あ、車の話でしたね。

逸れついでに、購入したばかりのスマホで撮った写真でも載せておきます。

8229846_2329094747_129large.jpg

8229846_2329094746_170large.jpg

8229846_2329094745_19large.jpg

8229846_2329094740_130large.jpg

8229846_2329094739_23large.jpg

https://video.fc2.com/content/20200615Pk20ZyWa



関連記事

今年も文明の利器に振り回される(2)iPhoneのこと - 2020.02.12 Wed


(遡ります。記載は6月、いや、まだ5月)

27インチのiMac Mojaveにも可成り慣れた年明け。
結局家を散乱させて終わったような秋以降の記録

相変わらず使っている古い(2016年ヴァージョンの)Officeも、後から入れた「痩金体」は出るのに、元々入っている「教科書体」のフォントが出ない。でも、それ以外は慣れた。

ところが!!

いよいよ買い換えなくてはいけなくなったiPhone5s。2014年3月に購入した当時の最先端。
途中、バッテリーがアイロンのように熱し、いつ火を噴いても不思議はない「危ない一歩手前」は2019年3月に応急処置で凌げた

今回も又、アイロンのように熱を持ち始める。しかも、あっと言う間にバッテリーは20%を切ってしまう。外出時は外付けのバッテリーに繋いだまま鞄に。
前に言われた、「バッテリーのミルフィーユ状態が爆発しないうちに」という時が来たのかもしれない。6年も使ったのだから替え時かもしれない。もう修理用部品も皆無だそう。

折しも、夫が検査入院する。100万人に1人の確立の奇病(?…これは又改めて)での検査。3月3日に全身麻酔で上腕骨を切り裂いて組織を取り出すという。しかも、検査(私には「手術」だと思えるのだが、扱いはあくまでも「検査」)の前日に入院することになっていたのが、糖尿病持ちは、1週間早く入院して毎日Insulin注射をして血糖値を下げた上で全身麻酔に臨むという。

・・・携帯電話を先に買い換えておかねば!色々連絡を取り合うこともあろうし。

という訳で、買い換えが早まった「たかが1週間されど1週間」は、iPhone5sの中身をiMacやiCloudにバックアップを録ったり同期したり。それだけでも2日費やした。その上で浜田山のauショップへ。混み具合をサイトで調べて「1名」だったので急いだが、待つこと2時間。徐々に数日の疲れが出てきて諦めた。翌日に予約を取った上で再度出向いた。その前後、体調甚だ悪くて生徒達のレッスン変更をお願いしていたほどだったのに・・・
でも購入は出来た。何と!iPhone5sから一気にiPhone11Proだ。最低限の移動はしてもらえた。2時間かかった。
当初は「8」があるとのことだったが、調べたら在庫切れという。他のショップに行くことも考えたが、確実にあるとも限らない。何より連日のハードスケジュールで気力体力共に消えていたことと夫の入院前に入手したかったこと、何とか頑張ることに(支払も)。256GBのものしか無かったので、動画を沢山撮れるかもしれない…思考力もいい加減な朦朧さ。暫くはMacBook Airも含めて4機種の同期となるだろうから、iCloudは保険的に支払続ける(2TB)。

帰宅してからが地獄・・・
何が大変だったかと言えば、パソコンをCatalinaにバージョンアップしないと同期出来ないこと。それは私のレッスン中に娘が(時々進捗状況の報告をくれながら)こなしてくれた。
折角慣れたてMojaveだというのに・・・仕方ない。iPhone11Proを選ぶしか選択肢は無かったのだから。
何しろ子供並の大きさの手。しっかり握って落とさない為には、8が無く、次にあった在庫は11Proだけ。随分探してくれたようだった。重さだけでなく、幅が狭いことも条件のうち。
そろそろコロナが騒がれ始め、店舗をあちこち移動するのも躊躇われ始めた頃だった。

こんな画像があった。
歴代のiPhoneたちの重さ比較だそうな…

8229846_2329094462_219large.jpg

結局同期する作業からAppleCareの世話になった。
先ず、同期するにはiTunesが無くなったので、Finderを開いてあれこれあれこれ…
記載している6月は、もう記憶の彼方。

ともあれ夫の入院前に使えるようになったのだから、それだけで良しとする。

思い出したらいずれ又。





関連記事

本年もよろしくお願いいたします - 2020.01.07 Tue

2020年も6日を過ぎたことになります。早すぎです!!

遅ればせながら、

本年もよろしくお願い致します。



8229846_2321821485_8large.jpg

切り紙はPoohさんではありません。
Tom&JerryのJerryです。
背景は、今年記念の年の作曲家・・・お気になさらず・・・

いつも20枚くらい切っているうちに1~2枚使えるものが出来てくるのですが、今回は両手共に親指の付け根(手首近く)が痛み、5枚でギブアップしました。

取り敢えずご挨拶までにて。


関連記事

ハノン生誕200年を記念するレクチャーと試演 - その2 - 2019.12.05 Thu


(記載は12月5日)

9月に行った《ハノンの活用法を考える》の続きを「その2」とし、11月の3日と9日に分けて行いました。
簡単な解説というかレジュメというか、進行表を下に貼り付けます。他に皆さんの弾くプログラムに、私の解説に必要な譜例を配布・・・初めてのデスクトップ型での作業は実にじれったかった。まるで幼児がグランドピアノの譜面台を見上げているよう。今は可成り慣れたとは言え。

以下、進行表のみサムネイルで貼り付けます。

2019110309切り取り用のコピーコピーのコピー表紙 2019110309切り取り用のコピーコピーのコピー2ページ目 2019110309切り取り用のコピーコピーのコピー3ページ目 2019110309切り取り用のコピーコピーのコピー4ページ目のコピー2

前回 は殆ど私が弾きながら解説をしたので、その解説前半部分をまず皆さんに試弾して頂く。

生徒さんたちの進行プログラム

2019110309曲目・縦長のコピー 2:2

I 本番を控えた人の「ぶっつけリハーサル」1人のみ。
II 1~31番のいずれかを上記の通り、①半小節遅れのカノン(起伏も模倣) ②Moll 和声的短音階に移調 ③左右を複調(Bitonal)で弾き、響きに慣れる。
その後、音階やアルペッジョ各種
(ここ迄で2時間かかった・・・どうして??

その後
III 40番から50番までの解説と試演。選んだ譜例を参考に私が。
特に「補助動作」を伴うものは丁寧に。拙著ではタッチの種類【O】として、一見とても簡単な記載で済ませてしまったので。
譜例の配布はモノクロでプリントアウトしたのですが、下はWordに貼り付けたスマホ写真そのままを無精してアップロード。

譜例(名前を消し)のコピー1:6 譜例(名前を消し)のコピー2:6 譜例(名前を消し)のコピー3:6 譜例(名前を消し)のコピー4:6 譜例(名前を消し)のコピー5:6 譜例(名前を消し)のコピー6:6


やっと
IV 練習中の曲の披露と共に、ハノンで解決が着くものがあれば、どのように使ったかを話してもらう。

そんなで、人数の多い方のグループ(と言ってもたったの7名)は6時間かかってしまった・・・(どうして??)

続きは又後日。(譜例は1月も末になって入れました)

一旦ここで送信。



関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

奥 千絵子

Author:奥 千絵子
★上の画像は2001年にCDにして約3枚分を収録したものを,2006年に2枚組としてリリースしたCD「樂の音に寄せて」です.『レコード芸術』2007年1月号で「特選盤」として取り上げられました.戸倉新樹教授によるライナーノートは医学生にもお薦めです.その他のCDや著書はWebsite「本館」からお入りください.このブログも「本館」のDIARYです.
★このブログの"Grüß Gott !" (文字化けの場合はGruess Gott!)は墺・南独の時間を問わない挨拶です.Website「本館」のDIARYです.出版CDや著書の詳細は「本館」のメニューからお入りください.
Website「別館」もあります. 著書「ピアノと向きあう」の説明を補うサイトです.よく頂く質問に説明を記載しています.
★上記著書については今井顕 氏によるKINOKUNIYA書評空間WEBLOG を是非ご一読くださいませ.
Auch auf Deutsch schrieb ich…
★【膠原病の記録】余りに医療のカテゴリーがが増えてしまったので目下整理中です.大変複雑な病気の経験が同じ病の方々への参考となりましたら幸いです.
「乳癌と膠原病(皮膚筋炎・多発性筋炎)」「膠原病(退院後)」 ,その他の医療の話(自分以外も含めて)は「医療・病院関係」,に取り敢えず分けました.
平成12.12.12.病院での復帰リサイタルは演奏動画入り記録です。
★恩師のことは55年間を遡り少しずつ記載するつもりです。目下のところはこれだけです.
★コメントも大歓迎です。SPAM防止上、確認後に公開しております。ご理解をお願い致します.
★このブログや大元のサイトへの感想やお問い合わせはservus2008@gmail.com宛に@を半角に直して送信願います.
【BGM】
Robert Stolzメドレー
演奏:東京カンマーコレーゲン 
室内楽アレンジ:奥 千絵子
ショパン:華麗なる大円舞曲Op.18
演奏:奥千絵子 ショパンのワルツは上の画像の2枚組CD「樂の音に寄せて」に入っております.
★Copyrights©1997-2021 Chieko Oku All rights reserved.
制作・著作:奥千絵子
★遙か下方に設置のカウンターは、サイトを複数回お訪ね下さいましても1日を1回とカウントし、又、筆者を入れない設定になっております。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

    Template Design : Stylish Freely «Blog»